凌辱伝説04 THE RED 川上ゆう

サンプル画像(クリックすると画像元のページに飛びます)

  • サンプル画像1
  • サンプル画像2
  • サンプル画像3
  • サンプル画像4
  • サンプル画像5
  • サンプル画像6
  • サンプル画像7
  • サンプル画像8
  • サンプル画像9
  • サンプル画像10
※画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
作品の注目度:

価格2,000円+税~

購入ページへ
※提携先サイトへアクセスします。購入ボタンを押してください > 購入方法について(AVチャンネル)

商品紹介

続きを読む

狼ウィルスが蔓延する時代…政府は人間を生物兵器とするため狼からあるウィルスを開発する。しかし、被験者達はあるものは死に、またあるものは人間としての理性を失い、ただの獣と化していった…失敗の発覚を怖れた政府は感染者達を秘密裏に消し去ろうとしたが獣たちは次々とラボから逃走していった。そのため政府はウィルス感染者や暴徒から市民を守る為、部隊を結成する…。部隊のリーダー”THE RED”彼女は暴徒鎮圧中、感染者の代表格である被験者089号と相見える。獣のウィルスにより驚異の力を手にした感染者に次第に押されていくレッド…。感染者は本能の赴くままレッドに襲い掛かる…。力ずくで無理矢理挿入する感染者。しかし、レッドは反撃し、犯されながらも一進一退の攻防を繰り返す…。しかし、形勢は獣へ傾き何度も交尾を許してしまう…。力尽き意識を失ったレッドが目を覚ますと手足を鎖で拘束され目の前には守るべき市民達が何人も自分を取り巻き大声をあげる。「お前が我々の家族を…友人を…次々と殺していくのをな!」身に覚えのないことで市民は興奮し罵声を浴びせてくる。「違う!私はそんなことはしていない!」必死に市民達を説得するレッドだが記憶の彼方に生々しい感覚と情景があることに気付く。そして、市民の興奮は次第にエスカレートしていく。手足を拘束する鎖と市民へ手を上げることが出来ない正義の心…そして罪なき市民を殺してしまったのではないかと思う罪悪感が枷となり思うように抵抗できずレッドは徐々に心と体を自分が守るべき市民によって穢されていく。仮面を剥ぎ取られ素顔を晒されたレッドの美しさに市民達は興奮し難癖をつけてレッドの体を貪っていく。箍が外れた市民達は遂に…。[BAD END]

この作品と同じジャンルの作品

アダルトビデオならグラビアNAVIGATOR
AVチャンネル プレイズム PPV動画購入についてお困りですか? 購入方法について

安心満足 アダルトビデオ配信

ご注意 このページに掲載されているコンテンツは@niftyが課金回収代行業務を行っているもので、@niftyのコンテンツではありません。@niftyのIDでご利用いただけますが、内容につきましては各コンテンツ運営者にお問い合わせください。また、@niftyご利用料金の決済をクレジットカードで行われている方のみご利用(購入)いただけます。