超本格官能近親エロ絵巻 お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ・・・ 平野里実

サンプル画像(クリックすると画像元のページに飛びます)

  • サンプル画像1
  • サンプル画像2
  • サンプル画像3
  • サンプル画像4
  • サンプル画像5
  • サンプル画像6
  • サンプル画像7
  • サンプル画像8
  • サンプル画像9
  • サンプル画像10
※画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
作品の注目度:

価格1,886円+税~

購入ページへ
※提携先サイトへアクセスします。購入ボタンを押してください > 購入方法について(ダイナマイトDX)

商品紹介

続きを読む

チャイムが鳴り、ドアを開けるとそこには里実が少し恥ずかしそうに立っていた。里実は私に抱きつくと激しい接吻を交わした。半年ぶりの彼女の唇は柔らかかった。里実は「あの娘がいない間、私をめちゃくちゃに抱いて欲しい」と言うと、再び濃厚な接吻を交わした。そこから私たちは獣のように体を重ねたのである。里実とこのような関係になったのは半年前、妻の実家に帰省した時だった。妻とはセックスレスで夫婦仲は冷え始めていた。年を重ねてもなお妖艶さを失わない義母里実の姿に興奮した私は、妻との関係を義母に告げた。義母は娘がごめんなさいと言うと、勃起してしまっている息子に手を添え、今日だけだからと優しく口唇に咥えた。その夜、義母の寝ている寝室へこっそり向かい、驚く義母を無理矢理に抱いた。しかしその行為は熟れた義母の女に火をつけてしまった。私達は妻の目を盗んで逢瀬を重ねたが、この事が妻にばれてしまい、私は義母との関係を切らざるを得なくなった。妻は私と別れなかった。数日間は私と話さなかったが、少しづつ時間が解決してくれた。あれから半年、妻が友達と旅行に出かける。私は寂しさからつい、義母に連絡を取ってしまった。「義母に会いたい」送った後、少し後悔した。仕事から帰り、妻のいない部屋で一人。チャイムが鳴った。私にはわかっていた。義母が来た事を、扉の向こうに妻よりも愛している義母、いや里実が私の出迎えを待っている事を。【DVD発売日2018年1月18日】

最近チェックした作品

この作品と同じジャンルの作品

アダルトビデオならグラビアNAVIGATOR
ダイナマイトDX(PPV)動画購入についてお困りですか? 購入方法について

安心満足 アダルトビデオ配信

ご注意 このページに掲載されているコンテンツは@niftyが課金回収代行業務を行っているもので、@niftyのコンテンツではありません。@niftyのIDでご利用いただけますが、内容につきましては各コンテンツ運営者にお問い合わせください。また、@niftyご利用料金の決済をクレジットカードで行われている方のみご利用(購入)いただけます。