本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > AKB48 高橋みなみ ファンの皆さんのおかげと感謝


芸能ニュース [AKB48 高橋みなみ ファンの皆さんのおかげと感謝]

AKB48 (C) 2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

AKB48 (C) 2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

  • AKB48 (C) 2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 1月27日、AKB48 ドキュメンタリー映画の第2弾「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ高橋みなみ・前田敦子・大島優子・柏木由紀・篠田麻里子・小嶋陽菜・板野友美・宮澤佐江・高城亜樹・北原里英・峯岸みなみ・河西智美・横山由依・岩田華怜、そして高橋栄樹監督が登壇した。 

 

 高橋みなみさんは「この映画は、2011年の1年間のAKB48の活動を追ったドキュメンタリー映画となっています。昨年は、リリースした5作がミリオンを達成し、念願だったレコード大賞までいただきました。これもファンの皆さんのおかげです。ありがとうございます。また一方では、2011年3月11日と共に歩んだ1年でもありました。AKB48として一体何ができるのか、自問自答した1年でした。私達も何回か被災地に伺いライブを行なってきました。微力ではありますが、この活動も続けさせてもらいたいと思っています。また、この作品の中ではアイドルとしてちょっとどうなのという姿もあります。それが、西武ドームと選抜総選挙です。この作品を御覧頂き、これがAKBの全てだと思ってみていただけると嬉しいです。」とあいさつ。 

 

 西武ドームで撮影された映像について前田敦子さんは「過呼吸になってしまい、あまり覚えていないのですが、周りで支えてくれている皆さんの影響が大きいことに改めて気づかされ、申し訳ない気持ちと同時に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。とにかくがむしゃらだったように感じます。」 

 

 大島優子さんは「何とかしようとするとわからなくなり、誰か助けてと思い、過呼吸になってしまった。私自身、あまり記憶がないんですが、必死でした。とにかく何も感じず、ただ行くしかないという気持ちだった。」 

 

 板野友美さんは「2日目が印象的でした。アンコールのとき、あっちゃんと優子がでてこない、2人は大丈夫かと心配しながら、アドリブでお客様を楽しませなきゃいけない。何が起こるかわからないのがAKBです。この映像を見て、これからも切磋琢磨していきたいと思いました。」と、過酷だった西武ドームのコンサートを振り返っていた。 

 

 また、震災後被災地を訪問したことに触れ、篠田麻里子さんは「5月に第一回メンバーとして訪問しました。行く前は、被災地に私たちが押しかけていいのかという戸惑いもありましたが、私達のことを待っていてくれた方達が沢山いらっしゃって、皆さん喜んで下さり本当に来てよかったなと思いました。今年も被災地訪問はずっと続けていけたらと思っています。」 

 

 峯岸みなみさんは「私も、被災地に行くまで行っていいのかどうか心配しましたが、実際行ってみて輝いている笑顔を見ることができました。こういう笑顔を見るために、私達もAKB48として頑張っていきたいなと思いました。」と、被災地の訪問で逆に元気をもらったエピソードを語っていた。 

 

 高橋栄樹監督は「2000時間のテープをカウントしてからは、もう数えないように決めたんですが、とにかく膨大な映像の中から、この作品に適したものを選びました。沢山の方々に御覧頂けて光栄です。ありがとうございます。」と、感謝の気持ちを語っていた。 

 

AKB48ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」は全国にて公開。



[ ガールズニュース:2012年01月28日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。