本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 内田春菊とコトブキツカサが男女の友情と恋愛の境目を赤裸々トーク


芸能ニュース [内田春菊とコトブキツカサが男女の友情と恋愛の境目を赤裸々トーク]

コトブキツカサ(左)・内田春菊(右)

コトブキツカサ(左)・内田春菊(右)

  • 内田春菊(左)・コトブキツカサ(右)
  • 内田春菊(左)・コトブキツカサ(右)
  • 内田春菊

 6月8日、、ロネ・シェルフィグ監督の最新作 映画「ワン・デイ 23年のラブストーリー」の男女ペア限定試写会が都内で行われ、「南くんの恋人」などの人気漫画を多数手がけた女優としても活動する内田春菊さんと映画パーソナリティのコトブキツカサさんによるトークショーが行われた。

 

本作『ワン・デイ 23 年のラブストーリー』について

内田春菊:この映画、恋人と観ると良い映画なんだろうな(笑) 一応、私も男性と観たんですよ、実は。このビルに上がってくる時に、何の恋愛感情も友情も無いただの知り合いとバッタリ会って。最近お仕事をご一緒したばかりで、丁度この前の試写に来たけれども観れずに帰るところだというので、じゃぁ一緒に観ましょうかということになって。だから、何の恋愛感情も無い人と

観てしまい、凄く悔しいです(笑)。

コトブキツカサ:全然恋愛感情の無い方と観るのと、恋愛感情がある人と観るのとでは全然想いが違いますからね。おそらく今日はカップル限定ということなので、お客様はカップルで来ていらっしゃると思うのですが、全員が全員付き合っている訳ではないと思うんですよ。 でも、中にはこれから恋に発展する二人が居るかもしれないですよね。

男女間で友情は成立するのか!?

コトブキツカサ:男女間に友情は成立するのか、まずはお聞きしたいのですが。内田さんいかがですか?

内田春菊:異性のお友達が多い人と、そうではない人っているじゃないですか。私は、男友達という関係の人と全員恋愛感情を持っていたら、大変な事になっちゃう(笑)。 あとね、時代もあると思うんです。昔は男友達というのは成立し難いというか、男性が勘違いして迫っちゃったりとかで、女性が友達として安全にお付き合いできないってことも多々あったと思うんですよ。だけれども、最近は男性が皆さん紳士なので、昔に比べたらずいぶん友情は成立すると思いますよ。

コトブキツカサ:成立するんですねー。難しいような気がするんですけれどもね。僕は女友達は殆どいないですね。今時って、twitter のDM とかで誘ったりしません?メールだと、直ぐに通知が来ちゃって返信が無いと不安だ・・みたいな傾向があって、自分の中で返信が来ない言い訳ができるんですけど、それってすごくビビってるんですよね。だから、普通に女子を誘えない人が凄く多いみたいです。だから、僕も友達にもならないって言う感じですね。

友達だと思っていた人を、好きになることはある?

コトブキツカサ:友達だと思っていた人を、そこから好きになるってことはあるんですかね。

内田春菊:ずっと友達だった人と、SEX したらどんな感じなんだろうな、って想像することはある(笑)。 でも、凄く想像するのが難しいですね。男友達のラジオに出た時に、タダでお互い仕事をし合ったりは全然平気なので、彼が冗談で「その節は身体で払います」って言ったんです。だから「よし聞いたぞ!」って返したら「うそ・・?」って言うから、「いや、ずっと友達でいる人とSEXするのってどんな感じか興味あるじゃん」って言ったら、ビビってましたけど(笑)。

コトブキツカサ:あぁ、なるほど。 ただね、僕結構トークショーやってきましたけれども、こんなにSEX・SEXって出るの初めてです(笑)。

内田春菊:えー、だって、(エマとデクスターのパネルを指して)この人たちだってそこから始めようとしてたじゃない!それが、なぜかダメに終わって、そのまま友達として仲良く過ごしましょうって事になったじゃないですか。 ここでしていたら、ずいぶん違う話になっていたんですよね。

コトブキツカサ:そうなんですよね。だってもうエマ(アン・ハサウェイ)は心を決めていたんですものね。

内田春菊:うん。だから、この23 年間、あの時にSEXしていたら今どうなっていただろうって、時々2 人とも思っていたと思うんですよ。

コトブキツカサ:だから、きっかけなんですかね。本作もそうですけれども、先程も言ったように、もし卒業式の日にお互いがGO!だったら、今この関係になってないかもしれないじゃないですか。 普通の恋愛とかも、このタイミングを逃したら、友達になってしまう、みたいなパターンて言うのは、実際僕もあったので。 ただ、今、草食系男子は、やっぱり振られるのが怖いみたいなところがあるので、なかなかモーションを掛けられないってこともあると思うんですよね。そうすると友達同士が凄く多くなるという若者が今多いんではないかと思います。

友情と恋愛の境目は?

コトブキツカサ:ちなみに、男女の友情と恋愛の境目なんて、どこでしょうかね。

内田春菊:私は、3 回以上SEXしたら、友達は無理かな(笑)。 いや、2 回も無かった、1回はある!

コトブキツカサ:一度、男女の関係になっても、また友達の関係に復活できる?

内田春菊:出来ました!

コトブキツカサ:次会った時にすごく恥ずかしくないですか?

内田春菊:泥酔してたので(笑)。 でも、もちろん否定をしたり、覚えてないとか言わないですけれども、でも何だかんだでまた距離があって、友達に戻って連絡をとっています。

コトブキツカサ:じゃぁ、また2人で飲んでる時に、「そういえば、あの時・・」みたいな話になりません?

内田春菊:それは恥ずかしい! だってもう向こうはちゃんと奥さんいますから。 だから、その話は普段は無かった事になってますね。

コトブキツカサ:でも、もしその話を蒸し返したら、何かが壊れてしまうってお互い思ってるんですかね。

内田春菊:でもその後のお互いの相手、全員知ってますからね(笑)!

デクスターのようなイケメンと、イアンのようなブサメン、どちらの方が幸せになれる?

コトブキツカサ:デクスターのような憧れのイケメンと、イアンのような自分を愛してくれるブサメン、女性はどちらの方が幸せになれるでしょうか。

内田春菊:それは女性にもよると思いますけれども。 私もつい最近知った事なんですが、脳味噌の傾向っていうのが、いくら結婚なんてしたくないって口で言ってても、いつもと同じ日常があるっていう安定した生活に喜びを感じる脳味噌を持って生まれる人と、同じ事が続いていると嫌になって止めたくなるっていう脳味噌を持つ人に生まれつく2 通りあるらしいです。

コトブキツカサ:ダメな男の人を好きになる女性って、次もダメな人を求めてしまうって聞いたことがあるんですが。

内田春菊:私の場合は少しずつ変わってきています。

内田さんにとって“忘れられない運命の一日”は?

コトブキツカサ:本作はエマとデクスターが出逢った運命の日7月15日だけを重ねて描いていますが、内田さんにとって忘れられない運命の1日ってあります?

内田春菊:私、日付を覚えているのがいくつかあって、子供を連れて家でした日とか(笑)。

コトブキツカサ:1999 年8 月11 日、二度目の結婚相手のところから、子供2 人を連れて家出して来た日。 次が、2011 年8 月30 日、三度目の結婚相手だった人に、家を出ていってもらった日だとか。あまり、良くない日が思い出深い日なんですね(笑)。

内田春菊:そうですね、子供を連れて出て来た日が11 日だったのは覚えている。あとは、6 年くらいは入籍していたのですが、抜いた日が8 月25 日だったとか(笑)。離婚した日とか凄く嬉しかったので!「やったー!」って。 出て行ってくれた日も凄く嬉しくて!

コトブキツカサ:そうか。離婚したことがないのでわからないのですが、離婚した日って悲しいっていうイメージがあったんですよ。違うんですね、それまで辛い事があって離婚したわけだから、良い日なんですね。面白いな〜

内田春菊:重い荷物を下ろす感じ。

コトブキツカサが斬る!ズバリ!『ワン・デイ 23 年のラブストーリー』が好きな女子のタイプとは!?

コトブキツカサ:最後に、僕は映画心理カウンセラーもやっていまして、その人が思い浮かぶ3 本の映画を言って頂いて、その人の深層心理を暴くというものなんですが、ちなみに『ワン・デイ 23 年のラブストーリー』を好きな人はどんな人なのか!ということですが、この映画を挙げた場合、結婚して奥さんになったら、もの凄く良妻賢母になるようなタイプの女の人でしょうね。ただ、良い事ばかりではないと思います。もし、結婚する前だったら、ちょっと男性に振り回されるというか、尽くしすぎちゃうタイプの女性がこの映画を好きになるかもしれません。自分自身をこのアン・ハサウェイに準える、映画ってそういうものなんですよね。本作のアン・ハサウェイに憧れるという人は、結局彼がダメな男になって他の女性と遊んでいても、本編のように彼がどうしようもないシーンで助けに行っちゃうとか、そういうところが非常に危なく、遊ばれるようなタイプでもあるので、気を付けてほしいなと勝手な心理分析であります。

 

映画「ワン・デイ 23年のラブストーリーは6月23日(土) TOHOシネマズ 有楽座ほかにて全国ロードショー

 

<映画「ワン・デイ 23年のラブストーリー」ストーリー>

真面目でしっかり者のエマと、自由奔放で恋多き男デクスター。はじめて会話を交わしたふたりは、魅かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15 日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ったり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩をしたり。それぞれの人生を歩み、すれ違いを繰り返しながらもデクスターを想い続けるエマ。そんなある年の“7 月15 日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられる。そしてさらに積み重なる“7 月15 日”。2人の恋の結末は?“運命の7 月15 日”が2人に近づいていた・・・

出演:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、ケン・ストット、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール

監督:ロネ・シェルフィグ『17歳の肖像』『幸せになるためのイタリア語講座』

原作・脚本:デイヴィッド・ニコルズ(ハヤカワ文庫刊)

撮影:ブノワ・ドゥローム [...]



[ ガールズニュース:2012年06月12日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。