本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 森下くるみと範田紗々が親子役として共演した映画「死んでもいいの 百年恋して」が初日


芸能ニュース [森下くるみと範田紗々が親子役として共演した映画「死んでもいいの 百年恋して」が初日]

映画「死んでもいいの 百年恋して」初日舞台あいさつ

映画「死んでもいいの 百年恋して」初日舞台あいさつ

  • 森下くるみ
  • 範田紗々
  • 森下くるみ
  • 範田紗々
  • 映画「死んでもいいの 百年恋して」劇中写真 (C) シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ

 12月8日、1年間を通して心と身体を刺激する恋愛映画をお送りする「Love&Eros CINEMA COLLECTION 2ndシーズン 『WINTER』」が始まり、映画「死んでもいいの 百年恋して」の初日舞台あいさつが行われた。

 この日は、女優の森下くるみ・範田紗々・俳優の下條アトム、そして榎本敏郎監督らが登場。主演の森下くるみさんは清楚な着物姿で登場した。

 榎本敏郎監督は森下さん演じる主人公が30年、年を取ってない設定なんですけど、その主人公が死んだ夫にであい、荒唐無稽で不可思議な世界が展開されるという作品です。」と紹介。

 下條アトムさんは「我々から見ると、森下さんや範田さんとか、とてもとても私の孫みたいな人たちで、今回も本も面白かったんですけど、お二人が絡ませていただいて、本当に2人とも素敵です。本当に気持ちから『わーっと』来るのが、この年齢でとても勉強になりました。」とあいさつ。

 森下くるみさんは実際の年齢とかなり離れた役について「姿・形はこのままなんですけど、中身は58歳です。というかなり特殊な状況です。そんなに役作りを難しく考えたりとかは無くて、範田さんは私の娘役なんですけど範田さんの方はなぜか私より2つ年上(の設定)なんですよ。私が(外見が)28歳(の設定)で、範田さんが30歳(の設定)という立ち位置だったんですけど、年が近い(設定な)ので、親子なんですけど友達同士っていう感じなのかなと思って、考え過ぎずに現場で感じながら演じてました。」と語っていた。

 また、森下くるみさんの娘役を演じた範田紗々さんは「森下くるみさんと共演し衣装合わせの段階からどうして良いのかわからなくて、喋れば喋るほど緊張してしまって、森下さんに変な人だなと思われていたんじゃないかと・・・。」と語ると、

 森下くるみさんは「範田さんはこうして恐縮してくださるんですけど、(現場では)すぐに突っ込んだ話とかプライベートな話ばかりしてました。役にすごい役だったんじゃないかと思います。」と、舞台あいさつでは話せないようなことを話していたエピソードを語っていた。

 また、司会者より「恋人役の古藤くん(古藤真彦)はどうだったんでしょうか?」と範田紗々さんに質問されると、範田紗々さんは「(古藤真彦さんは)彼氏役ということで、自分のお母さん(森下くるみ)の方がすごく素敵なので、自分の母に会いに来てるんじゃないかなみたいな、ちょっと卑屈な部分があるんですね。そういうところをちょっと出せたなと思ってお芝居していました。」とコメント。

 最後に森下くるみさんは「Love&Erosということで、愛とエロス、そこがちゃんと出ていればなと思ってますしそれぞれ共演者の方々がすごく素敵な演技をしているので、それぞれの役者さんの演技などを楽しんでいただけたらと思います。」とアピール。

 榎本敏郎監督は「主演の森下くるみさんのクールビューティーぶりと荒唐無稽な話をしっかり支えていただいた下條アトムさんの経験に裏打ちされた演技を見ていただけたらと思います。」とアピールしていた。

 Love&Eros CINEMA COLLECTION 2ndシーズン 『WINTER』 映画「死んでもいいの 百年恋して」は池袋シネマ・ロサにて12月14日(金)まで。

 

 

映画「死んでもいいの 百年恋して」

(12/8〜14 池袋シネマ・ロサにてレイトロードショー)

 

<キャスト>

森下くるみ、下條アトム、範田紗々、飛坂光輝、岸田茜、柳之内たくま、古藤真彦、津村純子

 

<ストーリー>

祐加は結婚早々、夫・耕三を事故で亡くし、そのショックで歳を取らなくなっていた。そして30年、事故後生まれた娘の綾香も30歳近く。祐加と同じくらいの年齢になって婚約者を家に連れてくるようになっていた。祐加や耕三とつるんでいた昔からの親友、次郎も60歳になったが相変わらず祐加の近くにいてなんやかんやと面倒を見てくれている。祐加は耕三と焼肉を食べに行き、その席で耕三から唐突にプロポーズされる。だが長いこと友達づきあいだった祐加にとって耕三をそんな目で見ることはできなかった。帰り道、酔っ払っている女性を介抱する祐加。その女性・恵美は介抱してくれたお礼におまじないしてあげると祐加にキスをする。唖然とする祐加を置いて去っていく恵美。翌日、勤務する図書館の地下で見慣れないドアを発見する。恐る恐るドアを開け中に入っていく祐加。長い暗渠を抜けてなにか見覚えのある街にたどり着く祐加。そこで彼女の目の前に現れた一人の男性。それは30年前、事故で亡くなった耕三だった…。

 

 (C) シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ



■関連ニュース


ラブ&エロス 2ndシーズン『WINTER』が12月8日よりスタート! 森下くるみ・葉山レイコ主演映画が公開決定 (2012年10月28日)
かすみ果穂が贈る「かすみレディオVol.13」公開収録観覧者を募集 (2011年10月14日)
プレイボーイ No.31表紙は吉高由里子 (2010年07月21日)

[ ガールズニュース:2012年12月09日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。