本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 入山法子&小澤亮太 共依存を克服する恋人役で奮闘中! 映画「共に歩く」の見どころを語る


芸能ニュース [入山法子&小澤亮太 共依存を克服する恋人役で奮闘中! 映画「共に歩く」の見どころを語る]

左から宮本正樹監督・小澤亮太・入山法子

左から宮本正樹監督・小澤亮太・入山法子

6月2日、現在撮影が行われている映画「共に歩く」の現場取材会が多摩センタ−のデジタルハリウッド大学で行われ、主演の小澤亮太、ヒロインを務める入山法子、そして宮本正樹監督が取材に応じた。

本作は“共依存”という過度に我慢をして両者の関係性に囚われ、抜け出せなくなるという最近注目されている人間関係を描いた作品。

小澤亮太さんは小学校の教員・哲也を演じ、不安定な恋人を支えたいがどうしていいか分からず悩む若者役。恋人の明美を演じる入山法子さんは精神的に不安定で哲也(小澤亮太)を束縛してしまうという役柄だ。

小澤亮太さんは「明美から(束縛されて)けっこうひどいことをされる。こんなに叩かれたのは初めてっていうくらい(笑)それすらも哲也は受け止めるから、優しさって何なんだろうってすごく考えました。」と役の難しさを語る。

入山法子さんは「演じた明美はとても女性らしい人。女性は時に感性で動くから、抑えられない衝動を大好きな人に対して爆発させてしまうところがあると思います。」と語る。

本作について宮本正樹監督は「共依存と子どもの強迫観念、アルツハイマー型認知症にスポットを当てた3つのストーリーが進んでいく構成。それらを克服していく映画で、全部自分の体験を元にしています。自分も苦しんだが、他にも苦しんでいる人がいるのであれば、この作品を観て苦しみから救われて欲しい。」と作品制作のきっかけを語った。

また、小澤亮太さんと入山法子さんの2人の印象を聞かれ、宮本正樹監督は「小澤さんは表情の芝居がすごく良い人。入山さんは役にちゃんと入っていける人で、自分が昔、共依存を体験したときの彼女に見えてしまうくらい。」と2人に対する感想を語りました。

最後に見所について小澤亮太さんは「3つの話の流れが切れることなくうまくかみ合って分かりやすい映画になっていると思います。」、入山法子さんは「ここに出てくるお話は誰もが抱く感情だと思います。みんなが共感できて優しくなれる映画です。」とアピールした。

映画「共に歩く」は2013年冬公開予定



[ ガールズニュース:2013年06月04日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。