本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 小池里奈が映画「二流小説家-シリアリスト-」の撮影時に上川隆也から見せられた動画とは?


芸能ニュース [小池里奈が映画「二流小説家-シリアリスト-」の撮影時に上川隆也から見せられた動画とは?]

映画『二流小説家』完成披露会見より

映画『二流小説家』完成披露会見より

  • 映画『二流小説家』完成披露会見より
  • 映画『二流小説家』完成披露試写会より
  • 映画『二流小説家』完成披露会見より
  • 上川隆也
  • 片瀬那奈
  • 武田真治
  • 高橋惠子
  • 小池里奈
  • 泉沙世子

6月5日、映画「二流小説家-シリアリスト-」の完成披露会見がザ・ペニンシュラ東京、完成披露試写会が新宿バルト9で行われ、上川隆也・片瀬那奈・高橋惠子・小池里奈・武田真治・泉沙世子(主題歌)・デイヴィッド・ゴードン(原作者)が登壇した。

本作は「このミステリーがすごい! 2012年版(海外編)第一位」、「週刊文春ミステリーベスト10 2011年(海外部門)第一位」、「ミステリーが読みたい! 2012年(海外篇)第一位」と海外ミステリー部門として初の三冠に輝いた、デイヴィッド・ゴードン原作の「二流小説家」を映画化。

連続殺人犯の死刑囚の呉井大悟(武田真治)から告白本の執筆を依頼された売れない小説家・赤羽一兵(上川隆也)が呉井の執筆条件をしぶしぶ承諾し、取材をはじめるも、その矢先に呉井と同じ手口で新たな殺人事件が起こるミステリー。

完成した今の気持ちを質問されると、上川隆也さんは「この作品の撮影に入ったのが今年の1月で半年経ってもう公開という形を取ることができた、この何とも言えないスピード感を今、肌で感じております。6月15日の公開に向けてこれからさらに一層自分の中での高揚感が増して行くのではないかと言う風に思っております。本当によくできたミステリーストーリーを楽しんでいただきたいと思います。」

武田真治さんは「本当に良質なミステリーという、そしてミステリーの枠に収まらないような人間味あふれるキャラクターたちが、出ているこのすばらしい作品に参加できたことが本当に光栄に思っております。」

片瀬那奈さんは「この作品は本当に上川さん演じる赤羽と武田さん演じる呉井の対決が本当に手に汗握ります。私も出ていながらすごく迫真の芝居にすごく飲み込まれて、ミステリーがミステリーを呼んで、さらにミステリーになって、自分の頭がミステリーになるほどものすごいミステリーなので、とにかく楽しんで最後まで目を反らさずに観れるとても素敵な作品だと思います。」

小池里奈さんは「今回はこのような素敵な作品に出させていただいて本当に光栄に思っております。本当に最初から最後までずっとドキドキでまさかの結末で、本当に観てる人を楽しませてくれるミステリーで是非多くの人に観ていただきたいと思います。」

高橋惠子さんは「ミステリーだけにとどまらない深い人間ドラマがあると思います。たくさんの人に観ていただきたいと思います。」

主題歌「手紙」を歌う歌手の泉沙世子さんは「本当に素敵な作品に関わらせていただいてすごく光栄だなと思うのと、私の音楽の幅もすごく広げてくれたいろんなものを与えてくれる作品だなと思いました。本当に面白い作品の主題歌をやらせていただいてすごく嬉しいです。」とそれぞれコメント。

撮影時の雰囲気を質問されると、上川隆也さんは「ずっとストーブに当たってましたね。スタジオでの撮影だったのでセットの中にいる以外は用意していただいたストーブに(武田真治さんと)2人で当たりながらよくお話をしてました。話してる内容がお互いの(役の)プロフィールというかどういう風な呉井でいるのか、どういう風な赤羽でいるのかというお話に終始ししていたように記憶してます。撮影のための準備の時間としてストーブがあったような気がします。」と語ると、武田真治さんは「作品の中で、ものすごく対立したキャラクターとして描かれているんですが、対立を描くにも協力な体制が必要でこういう風にしたいんだど、的外れではないですかと上川さんに聞いたり役に終始したところでの会話がなされてました。」とストーブの前での会話について明かされていた。

また、小池里奈さんには上川隆也さんと共演してみての撮影の雰囲気について質問され「初めてご一緒させていただいたんですけども、すごいマジメな方なのかなというイメージがすごいあったんですけど、優しくて面白いところとかあったり、すごい寒い季節で上着をくださったりとか、ストーブを配給してくださったりとか本当にすごい優しい方で楽しいお話とかさせていただいて和やかな雰囲気を作ってくださりました。」とニッコリ。

片瀬那奈さんは「本当に芝居のお話というよりは、すごく音楽が好きで音楽の趣味がとても合ったりするのでよく音楽の話をしてましたね。芝居は言葉で話すよりも空気で感じあえるような状況をすごく上川さんは作っていただけたので、特に細かいところを段取りすることもなく、ちょっとずつの千夏(片瀬那奈)の変化を柔軟に対応していただいたなという感じがします。」と上川隆也さんのことを褒め称えていた。

そして、主題歌「手紙」を担当した歌手の泉沙世子さんは主題歌について「この曲の1つのテーマとしてむき出しの愛というものをイメージして書いたんですが、恋愛とか愛っていうのは1対1のすごく閉鎖的な空間のできごとで、その中でどんどん膨らんでいく、人間臭い部分だったり、少しドロッとしたような感情も今まで私が歌ってきた曲には無い、人間の奥底にある感情ていうのを詩に込めました。」と語る。

また、夕方には新宿バルト9で完成披露試写会が行われ、撮影秘話として小池里奈さんは「撮影現場の雰囲気は、本当に私緊張しいで、初日とかガッチガチだったんですけど、上川さんが面白い映像を見せてくれたりとか、猫ちゃんの動画を見せてくれたりして、すごい和やかな雰囲気にしてくれたりしてすごい楽しかったです。」と語ると、武田真治さんは「上川さん猫の動画って何すか?」とツッコミが入れられた。

すると上川隆也さんは「いろいろ転がってるじゃないですか世間には・・・。コミュニケーションの一環として歳もこれだけ離れてますので、いろいろとおじさんは苦労するんですよ」と、小池里奈さんとのコミュニケーションに四苦八苦していたことを明かしていた。

映画『二流小説家』は6月15日(土)より公開!



■関連ニュース


片瀬那奈がWindows Phone 7.5のスマートフォンをPR (2011年08月25日)
橋本愛 映画「さよならドビュッシー」が初日! 演技にのめり込み真剣さ女優魂を魅せる中での一瞬の笑顔に共演の清塚信也も満足 (2013年01月27日)
小池里奈 もしも小池里奈と2人きりでハワイに行けたら・・・ (2013年01月06日)
小池里奈 いちごサンタにとちまるくんも応援にかけつけた (2012年11月13日)

[ ガールズニュース:2013年06月08日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。