本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 松井珠理奈 すべて「パー」で悲願のじゃんけん大会初優勝!


芸能ニュース [松井珠理奈 すべて「パー」で悲願のじゃんけん大会初優勝!]

AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS

AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS

  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS
  • AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会より (C)AKS

9月18日、AKB48の34枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」が東京・日本武道館にて行われ、すべて「パー」を出し続けた松井珠理奈(16、SKE48チームS兼AKB48チームK)が初優勝した。

「AKB48 シングル選抜じゃんけん大会」は、AKB48のシングルを歌う選抜メンバーをじゃんけんで決めるAKB48恒例の一大イベント。優勝者は晴れてAKB48シングルのセンターとなる。

2010年から毎年1回開催されており、今年で4回目。2010年は内田眞由美、2011年は篠田麻里子、2012年は島崎遥香が優勝。今年は松井珠理奈が優勝し、AKB48 34thシングルのセンターポジションを勝ち取った。

本戦ですべて「パー」を出し続け順調に勝ち上がった松井珠理奈は、決勝戦で初出場の上枝恵美加(19、NMB48チームBU)と対戦。初出場の上枝恵美加と比べ経験にまさる松井珠理奈は「誰がなにを出す確率が高いか見ていました」と冷静に分析し、決勝戦でもあえて「パー」を出し、初戦から6戦連続「パー」で優勝を決めたあと「思い切ってパーを出したら勝てて本当に良かったです!」と喜びを噛みしめ、「まさか勝てるとは思ってなかったですが、こうしてたくさんの方が応援してくださったり、メンバーが応援してくださったおかげで、まさかのセンターを取ることができたと思います。じゃんけん大会だけではなく、本当のセンターとして認めていただけるよう頑張ります。たくさんのグループメンバーがいるので、センターは色々なものを背負っていると思います。私で大丈夫かなという気持ちもありますが、ファンのみなさんに“珠理奈がセンターでよかった”と言ってもらえるように頑張ります。」と感謝の気持ちを伝えた。

じゃんけん大会には予備選と本戦があるが、予備選の段階で指原莉乃(20、HKT48チームH)、松井玲奈(22、SKE48チームE)、山本彩(20、NMB48チームN)、渡辺美優紀(19、NMB48チームN兼AKB48チームB)ら知名度の高いメンバーが次々に敗退。本戦でも、選抜常連のAKB48 高橋みなみ、小嶋陽菜、大島優子らが敗退する大波乱。

ファンはもちろん、運営も、総合プロデューサー秋元康でさえも、予測不可能。すべて「ガチ」なのだ。台本なし。じゃんけんだけの真剣勝負。

実際、日本武道館ではメンバーの所属する事務所の関係者が大きな応援旗を振りかざし、所属するメンバーを絶叫して応援。ファンをさしおいて、関係者の方が熱くなっている姿が随所で見られた。

筆者も、知名度こそまだ低いメンバーであるが選抜総選挙で一部のファンから高い得票を得た宮脇咲良、朝長美桜、兒玉遥らHKT48勢に注目していた。そのメンバーたちの出番になり「オー!オー!オー!じゃんけんぽん!」の掛け声がかかる度に緊張し手汗をかいた。武道館という大舞台の上でじゃんけんをするメンバーたちの緊張は、想像を絶するだろう。しかし、どのメンバーも選抜総選挙のときとは違い悲壮感はなく、年の一度のじゃんけん大会というお祭りを楽しんでいるように見えた。

じゃんけん大会が年に一度のお祭りであることを象徴していたのが、大島優子の衣装だ。「祭」のはっぴを着こなし、お祭り男たちに神輿を担がせ、神輿の上で「ワッショイ!ワッショイ!」と大はしゃぎ!初戦で敗退こそしたものの、派手な演出で大いに会場を沸かせた。

それに負けず劣らず存在感を見せたのが小嶋陽菜。選抜入りまであと1勝というところまできた三回戦では大ブレイク中のゆるキャラ「ふなっしー」と共にペアルックで登場。ふなっしーと一緒になって激しいジャンプ(になっているようななっていないような、こじはるらしいゆるいジャンプ)を披露してくれた。三回戦で敗退したものの、「大丈夫です」と笑いをとったあと、「負けちゃったよー」とふなっしーに抱きつき、ふなっしーに「残念だったなっしー」となぐさめの言葉をかけられていた。

松井珠理奈 コメント(囲み取材より)

SKE48トAKB48に入ってから一番動揺しています。ずっと“パー”で勝つことが出来ました。力が入っていると“グー”を出しやすいかなと思いましたし、見ていて“グー”を出す確率が高かったので。ドームコンサートで怪我した指は完治していましたが、運があるような気がしたので利き手の右手ではなく怪我をした左手で勝負しました。それがよかったのかもしれません。

(どんな曲がいいかと聞かれて)

かっこいい曲、かわいい曲、どちらでも嬉しいです。16歳等身大の自分を出せるような曲がいいです。AKB48だけではなくてSKE48にも個性的にはメンバーが多いのでこれを機会に知ってもらいたいですね。

(得意のダジャレをリクエストされて)

私は名古屋のおなごや・・・! SKE48って“えっ?スゲーイイ!”って思ってもらえるよう頑張ります。センターの座は誰にも渡しまセンター!

<じゃんけん大会結果>

選抜メンバー16人初選抜=☆

優勝

松井珠理奈(16、SKE48チームS兼AKB48チームK)

準優勝

☆上枝恵美加(19、NMB48チームBU)

ベスト4

☆大場美奈(21、AKB48チームB兼SKE48チームKU)

☆平田梨奈(15、AKB48チームK)

ベスト8

阿部マリア(17、AKB48チームK)

菊地あやか(20、AKB48チームA)

☆田野優花(16、AKB48チームA)

☆名取稚菜(18、AKB48チームB)

ベスト16

☆鵜野みずき(16、NMB48研究生)

大家志津香(21、AKB48チームB)

北原里英(22、AKB48チームK)

☆佐々木優佳里(18、AKB48チームA)

☆土保瑞希(16、AKB48研究生)

藤江れいな(19、KB48チームB)

☆古畑奈和(17、SKE48チームE兼AKB48チームK))

☆湯本亜美(15、AKB48研究生)

情報提供・写真提供:(C)AKS



■関連ニュース


AKB48 LIVE DVD & Blu-ray『AKB48スーパーフェスティバル 〜 日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!! 〜』ジャケット写真・ダイジェスト映像を公開! (2013年09月18日)
つりビット・Fleur*・苺☆シアターが「AKB48 藤江れいな presents GIRLS POP LIVE!! vol.5」に出演! (2013年09月04日)
SKE48 秘蔵音源発売決定! (2013年08月30日)
AKB48 板野友美の卒業セレモニーにサプライズで前田敦子や篠田麻里子も駆けつけ号泣! (2013年08月27日)

[ ガールズニュース:2013年09月19日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。