本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 人気声優 藤井ゆきよ アニメ映画「サカサマのパテマ」が公開され感無量


芸能ニュース [人気声優 藤井ゆきよ アニメ映画「サカサマのパテマ」が公開され感無量]

映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より

映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より

  • 映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より
  • 映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より
  • 映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より
  • 映画『サカサマのパテマ』初日舞台挨拶より
  • 映画『サカサマのパテマ』より (C)Yasuhro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013
  • 映画『サカサマのパテマ』より (C)Yasuhro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013
  • 映画『サカサマのパテマ』より (C)Yasuhro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013
  • 映画『サカサマのパテマ』より (C)Yasuhro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013

11月9日、アニメーション映画「サカサマのパテマ」の初日舞台挨拶が角川シネマ新宿で行われ、声優の藤井ゆきよ・岡本信彦、そして吉浦康裕監督が登壇した。

本作は「イヴの時間 劇場版」を手がけた吉浦康裕監督によるサカサマ・トリップ・スペクタクル。

初のヒロインとなったことについて、藤井ゆきよさんは「本当に・・・この日を待ってました。すごく今日を皆様と迎えられて、こんなにたくさんの人に観に来ていただけてとっても嬉しいです。」と感無量。

岡本信彦さんは「やっぱり台本を読んだ瞬間から、このようなアニメ作品に出れて本当に良かったなと収録の時から思ってたんですけど、観て、またさらに出れて良かったと思いました。」とコメント。

パテマの声を担当した藤井ゆきよさんは「脚本が魅力的で、私が特に何も考えることなく、その脚本をそのまま演じたらパテマになれちゃうくらい感情移入しやすい子だったので、受け取ったイメージそのままに演じた感じでした。」と明かす。

アフレコの時のエピソードについて「一生懸命頑張りました。1日目の収録がとっても精神的なダメージをパテマちゃんが受けちゃうシーンがあったので、私もダメージを受けて熱を出してしまって、万全に臨みたいので、監督には申し訳なかったんですけど、支持出しの最中に“ちょっと横にならせてもらって良いですか”と言って横になりながら臨むくらい頑張りました。」と、発熱してたにも関わらず収録を行いプロ根性で乗り切ったようだ。

最後に藤井ゆきよさんは「私、本当にこの作品を自分の記憶を消し去ってもう1度お客さんとして観てみたいと思いました。この世界観を楽しんでください。」とアピールした。

映画「サカサマのパテマ」は全国公開中

(C)Yasuhro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013



■関連ニュース


藤井ゆきよ 初ヒロイン役『サカサマのパテマ』舞台挨拶で感極まって涙 「とても胸キュンな作品」 (2013年10月25日)

[ ガールズニュース:2013年11月10日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。