本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 舞台『サムライカウボーイ』が初日 ガールズバーが西部劇と化す?


芸能ニュース [舞台『サムライカウボーイ』が初日 ガールズバーが西部劇と化す?]

Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より

Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より

  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より
  • Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』ゲネプロ公演より

12月19日、Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』が、東京・中野テアトルBONBONで初日を迎えた。



矢口空、黒田有彩、山沖勇輝、ちーちゃん、小田あさ美らが出演するこの舞台は、存続の危機に瀕したガールズバーに突如出現した19世紀のカウボーイと、この店を巡って訪れる癖のある人たちが巻き起こすハートフルコメディ。



“アイドルを夢見る高校生・加藤ユキは、西部劇をテーマにしたガールズバー『ドリームウエスト』の新人だったが、騙されて契約書にサインしてしまい、お金を持ち逃げしたオーナーと店長の全責任を擦り付けられてしまう。店で興行をする予定だったお笑いトリオ『サムライボーイズ』はリーダーが負傷し、地上げ屋は店を潰そうと企んでくる。そして、触れられたくない過去につながりのある暴走族までもが現れ、ユキは絶体絶命のピンチに陥る。ところが、店のどこからか見つかった古ぼけたメガネを手にしたことから、事件は時空を超えた大騒動へと発展していくのだった。”





夜からの本公演を前に行われた公開通し稽古で、本番さながらの迫力のあるステージで熱く燃える出演者たちにコメントをいただいた。



過去からやって来たカウボーイ・ジム役の矢口空さんは、「まだ稽古ですが思った以上に汗がすごいですね。この熱気や臨場感を本番でお客さんに伝えられたらと思います。千秋楽まで全力で走ります。」



ガールズバーの店長代理・加藤ユキ役の黒田有彩さんは、「12月とは思えないくらい舞台はすごい熱気ですね。盛り上がるお話なので、皆さんの心も温められると思います。ちょっと役柄が豹変する場面がありますが、私の関西人の血に火がついて、もう恥を捨てて楽しむことを心がけました。」



地上げ屋の親分・遠藤網乃助役の山沖勇輝さんは、「悪役なのですが、悪の中にも伝えたいことを読み取って、作品を通して共感してもらって心を潤せればと演じてます。本番前なのに頑張りすぎて衣装を破いてしまいました(笑)。」



ユキのライバル・市浦ケイ役の小田あさ美(日テレジェニック2007)は、「ガールズバーのナンバーワンなので、ダンスを綺麗に見せられたらと思います。稽古では、毎朝早く起きてお弁当を作るのが大変でした(笑)。幅広い年齢層のパワーがぎっしり詰まってますので、観て元気になってもらえたら。」



売れない放送作家・天城ラキ役の渡辺ありささんは、「出演者が多いので、ファンの方も推しだけでなく、それぞれの表情やメインの役者さんの隅で他の役者さんが小ネタをやっていたりと細かな部分にも注目していただけたら。」



ガールズバーの新人・相本コウ役の山崎彩花さんは、「新人が巻き込まれてどんどん成長する姿や、みんなとの絆を観ていただけたら。劇中ではオドオドしていますが、実際にはこの渡辺ありささんが怖くて(笑)。いや、ホントに優しいお姉さんばかりで助けられました。」



ユキの同級生・洲本ナオミ役のちーちゃん(キャナァーリ倶楽部)は、「常にドタバタしてテンションの高い役なので、自分でも楽しんでやっています。皆さんの心もワシ掴みにしたいです。舞台が本当に大好きなので、今回もスキルアップできるように頑張ります。」



お笑いトリオ『サムライボーイズ』で、若井 健太郎役の田邊 和輝さんと小松安行役の伊藤友紘さんは、作品のムードメーカーとも言えるコミカルな役柄。

田邊 和輝さんは、「僕達が全力で楽しんでやれば、きっとお客さんにも喜んでいただけると信じてます。」

伊藤友紘さんは、「本番で笑っていただけるか不安なのですが、お笑いの大事な場面を任されているので、笑顔を増やせるように頑張ります。」



日替わりゲストで幽霊となって現れるジムの親友・ネイルズ役の粟島瑞丸さんは「稽古には1日しか参加できなかったのですが、皆さんが仲良くていいですね。僕は1回だけですが、皆さんが作ったものを大切にして届けたいです。」







■Act Stage 第5回公演『サムライカウボーイ』



■公演日

2013年12月19日(木)〜12月23日(祝・月)



12月19日(木)18時半〜(月組)

20日(金)18時半〜(星組)

21日(土)13時〜(月組)/18時〜(星組)

22日(日)13時〜(星組)/18時〜(月組)

23日(祝・月)12時〜(月組)/16時〜(星組)



※Wキャスト(月組/星組で別けられております)



■出演

矢口空、黒田有彩、山沖勇輝、ちーちゃん、小田あさ美、伊藤友紘、田邊和輝、山崎彩花、渡辺ありさ、浅田育輝、西澤伊織、芳月実桜、望月海羽(星)、椎本唯加(月)、菅原あさひ(星)、Jade(月)、沢井彩華、紫水杏奈、竹内麻美、渡辺春妃、吉田恵智華(星)、長谷川美月(月)、結月杏(星)、月詠まみ(月)、高岡修子(星)、松名晶(月)、花蓮(星)、中島梨乃(月)、宮本晃行(特別出演)



粟島瑞丸【19日出演】、紅葉美緒【20日出演】、華彩なな【21日出演】、齊藤稜駿【22日出演】、栞菜【23日出演】



■原案:宮本晃行「踊るカウボーイ!」



■脚本:麻草郁



■演出:加納健詞(KENプロデュース)



■劇場

中野テアトルBONBON(中野駅南口より徒歩5分)



■チケットなどの公演情報は公式サイトでご確認ください。

http://www.actpro-boys.com/stage-samurai_cowboy.html



■関連ニュース


黒田有彩 超ミニのカウガール衣装で“スカートの中は気にせずにお芝居に集中して!” (2013年12月09日)
「宇宙飛行士になりたい」黒田有彩が憧れの人にインタビュー&人工衛星の工場に潜入! (2013年09月11日)
加藤沙耶香 舞台「ASU」でとっきーとの恥ずかしいセリフは「前から2列目ぐらいにだけ聞こえるようにしようかな」と照れ笑い (2013年08月09日)
キャナァーリ倶楽部 ちーちゃん 舞台「ハイスクールミレニアム」の座長に「こんな私でいいのかな?」と緊張! (2011年12月14日)

[ ガールズニュース:2013年12月21日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。