本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 芳賀優里亜が初ヌードに挑む映画「赤×ピンク」 多田あさみ“虐められる喜びを知ってしまった”


芸能ニュース [芳賀優里亜が初ヌードに挑む映画「赤×ピンク」 多田あさみ“虐められる喜びを知ってしまった”]

映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より

映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より

  • 映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より
  • 映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より
  • 映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より
  • 映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より
  • 映画「赤×ピンク」初日舞台挨拶より

2月22日、映画「赤×ピンク」が公開初日を迎え、舞台挨拶に出演者の芳賀優里亜・多田あさみ・水崎綾女・小池里奈・榊英雄、そして坂本浩一監督、原作者の桜庭一樹さんが登壇した。



この作品は、非合法の格闘技ショーを舞台に、女性ファイターたちが自らのアイデンティティを求め、もがきながら成長する姿を描く“新・エロティック×青春アクションムービー!”



人気の若手女優たちが女性同士の濃厚なラブシーンや激しいアクションに挑戦し、主演の芳賀優里亜さんが性同一性障害に悩む難しい役柄で大胆な初フルヌードに挑んでいることが話題となっている。



映画では少女から大人への成熟がテーマになっているが、司会から「大人になったと感じた瞬間は?」と尋ねられた多田あさみさんは、「苛められて殴られる側の喜びを初めて知りました。これまでDVで殴られても好きな女性の話を聞いても理解できなかったのですが、撮影でひどい目に合わされてもカットがかかって“大丈夫?”って優しくされると逆に好きになってしまう。まるで疑似体験をしてしまって、今でもドキドキしてしまいます。」と危なげな発言が飛び出した。



一方、最年少の小池里奈さんは、「二十歳になって初めて選挙に行きました。ラーメンの出前みたいな箱に投票して“私オトナになったな”って実感しました。」と初々しい感想を話して周りを和ませていた。



「この映画に出てくる女の子たちはいろいろなことと戦っていますが、私自身にとっても挑戦の多い作品で撮影の日々はある意味戦いでした。」と話す芳賀優里亜さんは撮影を振り返って声をうわずらせながら、「でも、決して一人で戦っているわけではなくて、監督を始め最高のスタッフとキャストでいいものを作ろうと一緒に戦って作り上げた作品。あとは観客の皆さんに楽しんでもらえたら。」と作品に込めた想いを伝えた。



映画「赤×ピンク」は角川シネマ新宿ほか全国公開中。



■関連ニュース


芳賀優里亜 映画「赤×ピンク」 GirlsNews特別インタビュー (2014年02月15日)
芳賀優里亜・多田あさみ・水崎綾女・小池里奈の体当たり演技に注目!映画「赤×ピンク」予告編が公開! (2013年12月27日)
多田あさみ 流行に乗りマシュマロ女子になってみました (2013年12月24日)
水崎綾女 映画「赤×ピンク」 GirlsNews特別インタビュー (2014年02月14日)

[ ガールズニュース:2014年02月25日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。