本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 橋本愛 セーラームーンを見て戦うことに憧れていたことを明かす


芸能ニュース [橋本愛 セーラームーンを見て戦うことに憧れていたことを明かす]

映画「大人ドロップ」完成披露試写会より

映画「大人ドロップ」完成披露試写会より

  • 橋本愛

3月6日、映画「大人ドロップ」の完成披露試写会が新橋のスペースFS汐留で行われ、橋本愛、池松壮亮、小林涼子、前野朋哉、そして飯塚監督が舞台挨拶に登壇した。



本作は芥川賞ノミネートで注目された樋口直哉氏の同タイトルの小説を「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」などの飯塚健監督がメガホンを取って描く青春ムービー。



ヒロイン役の橋本愛さんは会場からの声援に落ち着いた笑顔で応え「みなさんが2時間後に良い顔をして会場を後にしていただけたら。」と満員の客席に挨拶した。



続いて挨拶した小林涼子さんは「監督から“一緒に映画をやれたらいいね”って声をかけていただいてから、今日こうやってこの場に立てたことが本当に光栄で…」と言うと声を感極まって声をつまらせ、「こんなに沢山の人に来てもらえたことが、嬉しくてたまりません。」と大粒の涙のドロップをこぼし、それを見た飯塚監督は「(泣くのは)早いよ。」と小林涼子さんの背中にやさしく声をかけた。



作品について橋本愛さんは「監督が映したいものが、ちゃんと映っていてうれしかった。見てくれた方々に一瞬でも心のどこかにひっかかるものがあれば、作った甲斐があります。」と語った。



小林涼子さんは「まだ客観視して見れないんですが、監督いわく正しい青春の映画で、正しいモヤモヤの仕方というか、自分や他人への向き合い方がぎゅっと詰まっています。中にいる人には苦しい、遠くから見るとキラキラした映画になっています。」とコメントした。



司会から映画にちなんで、「今思えば“痛い”学生時代のエピソード」を聞かれた橋本愛さんは「美少女戦士セーラームーンを見ていて戦うことに憧れていました。授業中も不審者が来ないかなと考えていて、それをわたし一人で戦ってやっつけるという妄想ばかりしていました。」と明かした。



なお、3月23日(日)にはロケ地となった伊豆でのPRイベントを開催。伊豆高原駅と下田駅でキャスト&監督によるトークや、伊豆急行の「大人ドロップ」臨時列車の運行などが予定されている。詳細は特設ページを参照して欲しい。



■関連ニュース


橋本愛が公開収録で「GIRLS LOCKS!」卒業を発表!  (2013年09月24日)
橋本愛 週刊『ビッグコミックスピリッツ』5月20日(月)発売号で「本気」対談 (2013年05月18日)

[ ガールズニュース:2014年03月08日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。