本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > HKT48 秘密の暴露トークバトル!「公演中に衣装のヒモが切れて…」と暴露した研究生の田中優香が中間ランキング1位!


芸能ニュース [HKT48 秘密の暴露トークバトル!「公演中に衣装のヒモが切れて…」と暴露した研究生の田中優香が中間ランキング1位!]

HKT48 秘密の暴露トークバトル

HKT48 秘密の暴露トークバトル

3月5日よりスタートした「HKT48 秘密の暴露トークバトル」。3月26日までの3週間、1週間毎にお題を変えてHKT48のメンバーがトークバトルを繰り広げている。参加メンバーは、宮脇咲良さん、朝長美桜さんをはじめとした総勢46名。メンバーにはそれぞれ専用の番号が設けられており、電話をかける事で、HKT48のメンバーが語る他メンバーの秘密や自身の赤面話などを聞く事ができ、コール数ランキングの上位者にはニコニコ生放送の冠番組が与えられる!その注目の中間ランキングが3月19日に発表され、1位となったのは研究生の田中優香さん!



3月12日にリリースされたHKT48の3枚目のシングル「桜、みんなで食べた」のテーマ「卒業」にちなんだお題でのトークバトル。「桜、みんなで食べた」のセンターである田島芽瑠さん、朝長美桜さん、またAKB48選抜総選挙にもランクインしている宮脇咲良さん、兒玉遥さんなどを抑えての1位!これまでHKT48の曲での選抜経験もない研究生の田中優香さんだが、一週目でも2位につけており、二週目のトークでは“公演中に衣装のヒモが切れて…”というセクシーな赤面体験を暴露。二週目を終えた段階で1位となった。19日からスタートした三週目のお題では、一体どんなことを暴露しているのか注目!!



三週目のトークは「松岡菜摘がホテルでした意外な行動!」「森保まどかが夜遅くにいつもする○○」「坂口理子の○○が丸出し!もうやめて!」など気になるテーマが目白押し。田中優香さんが1位のまま駆け抜けるのか、それとも宮脇咲良さんや朝長美咲さんらが追い抜くのか。最終ランキングは3月27日に発表!注目の最終週の暴露トークはファンのみならず必聴だ。



HKT48 秘密の暴露トークバトル http://r.dwango.jp/GK42xapB



≪2週目までのランキング (集計期間3/5〜3/16)≫

1位 田中優香 (研究生)

2位 宮脇咲良 (チームH)

3位 兒玉遥 (チームH)

4位 朝長美桜 (研究生)

5位 本村碧唯 (チームH)

6位 松岡菜摘 (チームH)

7位 田島芽瑠 (研究生)

8位 矢吹奈子 (研究生)

9位 穴井千尋 (チームH)

10位 森保まどか (チームH)



≪コール数上位のメンバーに贈られるニコニコ生放送の特別番組へご招待≫

「HKT48秘密の暴露トークバトル」に電話をしてくれた方の中から抽選で、ニコニコ生放送の特別番組への観覧にご招待。詳細は特設ページで公開予定。



≪参加メンバー≫

指原莉乃、穴井千尋、植木南央、多田愛佳、熊沢世莉奈、兒玉遥、下野由貴、田中菜津美、中西智代梨、 松岡菜摘、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか、若田部遥、秋吉優花、伊藤来笑、井上由莉耶、 今田美奈、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、梅本泉、岡田栞奈、岡本尚子、草場愛、神志那結衣、後藤泉、駒田京伽、坂口理子、田島芽瑠、田中優香、谷真理佳、冨吉明日香、朝長美桜、深川舞子、渕上舞、山田麻莉奈、荒巻美咲、栗原紗英、坂本愛玲菜、田中美久、筒井莉子、外薗葉月、矢吹奈子、山内祐奈、山下エミリー



≪キャンペーン≫

3月19日12時頃〜3月26日12時頃:暴露トーク 第三弾

※電話の際には、通話料金がかかります ※14秒毎に最大10円(税別)

※観覧の応募については、携帯電話からの通話のみ対象となります。

※生放送は本サービス終了後にコール数上位のメンバーが確定した上で、放送日・企画内容が決まります。

※出演メンバーおよび在籍チームは、2014年2月20日時点のものです。



■関連ニュース


「第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦」 4/9発売DVD&Blu-rayのジャケット写真、ブックレット、特典生写真初公開! (2014年03月14日)

[ ガールズニュース:2014年03月21日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。