本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 桜井美南 女優初挑戦!「一生忘れられない作品になった」 神戸三宮映画祭前夜祭に豪華キャスト・監督陣が集結!


芸能ニュース [桜井美南 女優初挑戦!「一生忘れられない作品になった」 神戸三宮映画祭前夜祭に豪華キャスト・監督陣が集結!]

神戸三宮映画祭 前夜祭より

神戸三宮映画祭 前夜祭より

  • 左から佐々部清監督、本広克行監督、岩井俊二監督
  • 左から大塚千弘さん、佐々部清監督、柳下大さん
  • 左から本広克行監督、原田泰造さん、小橋めぐみさん
  • 左から岩井俊二監督、桜井美南さん、長澤雅彦監督
  • 左から塩田明彦監督、瀬戸康史さん、吉永淳さん

5月30日・31日の2日間で延べ5,000人の来場者を見込む神戸三宮映画祭の前夜祭が5月29日(木)に行われ、佐々部清監督・本広克行監督・岩井俊二監督をはじめとした豪華監督陣、原田泰造さん・瀬戸康史さん・桜井美南さんなど豪華キャスト陣が登場した。



今回が第一回目となる神戸三宮映画祭は、著名な映画監督の質の高い作品をYouTube限定で無料公開している「ネスレシアター on YouTube」を「ぜひ実際の映画館でも公開して欲しい」といった視聴者の声に応えて実現へ。日本の映画発祥の地であり、ネスレ日本の本社を構える神戸三宮にて、ネスレシアター作品を劇場スクリーンでも鑑賞できるように、5月30日(金)、31日(土)の2日間で開催。なお、「ネスレシアター on YouTube」は、昨年11月14日より第1弾を公開し、毎月新作として2〜3作品を公開しており、現在では累計1,000万回視聴突破が目前となっている。



今回、映画祭では「ネスレシアター on YouTube」で公開中の作品の上映だけでなく、佐々部清監督、本広克行監督をはじめ、それぞれの作品の監督や各キャストなども登場。ネスレ日本にゆかりのある岩井俊二監督も招いてのプレミアムトークショーやカンファレンスなども実施される。



前夜祭での佐々部監督・本広監督・岩井監督によるトークショーで、神戸三宮映画祭について、佐々部監督は「神戸は僕が中学生のころに、淀川長治さんに弟子にしてくださいと手紙書いたんですが、その淀川さんは日本映画や海外の映画を、伝道師のように伝えてくれました。その淀川さんの生まれ故郷で映画祭ができて光栄です」、本広監督は「神戸は、『交渉人 真下正義』という映画を撮って、地下鉄のシーンが出てくるんですが、毎晩終電が終わったら三宮から潜って、2週間くらい毎晩撮っていました。ショートムービーを大画面で見るとどうなのかと、自分でも楽しみです」、岩井監督は「映画の撮影の前に、震災の一年前にロケハンをしたのですが、予算の都合上、撮影は全部小樽でやってくれ、という話になって、全部撮影は小樽でやったっていう話があって。いつかこの地でカメラを回したいとずっと思っています」と、神戸での思い出について語った。30日・31日には実際にスクリーンで、佐々部監督作品『ゾウを撫でる』『痕跡や』、本広監督作品『Regret』、岩井監督作品『花とアリス ショートフィルム版』が上映される。



また、監督によるトークセッション後は、各作品の監督や出演者が登壇した。



◆佐々部清監督作品:『ゾウを撫でる』&『痕跡や』

佐々部監督:「『痕跡や』は実は『ゾウを撫でる』の中にもちょっとだけ出てくるので、見逃さないようにしてくださいね」

大塚千弘さん(『ゾウを撫でる』出演):「私は徳島出身なので、大好きな佐々部さんの作品で神戸の映画祭に来れて嬉しいです。実は二役演じています。YouTubeで配信されてなかったところも見られるので、楽しみにしていただけると嬉しいです」

柳下大さん(『痕跡や』出演):「『痕跡や』は横浜が舞台の作品です。佐々部さんの印象は、撮影中は温かく見守ってくれていましたが、大事なところでは課題を与えてくれる、という感じでした。こういった形で映画館で上映されるのは嬉しいです。一人でも多くの方に見ていただきたいです」



◆本広克行監督作品:『Regret』

本広監督:「お二人にがっつりお芝居して頂いています。3,000,000ビューを獲得していて、他の監督には聞こえないようにしたいですがぶっちぎりです」

原田泰造さん:「はっはっはーーらーーーだーーーたいぞーーです!今回とても楽しかったです。これ見てよ、ってみんなにYou Tubeを見せて喜んでいたら、いつの間にかこんなとこに立ってて。わけがわからない感じです。本当に嬉しいです、ありがとうございました」

小橋めぐみさん:「本広監督の実体験に、原田さんのユーモアと悲しさが合わさっているステキな作品に参加できて幸せでした。大きなスクリーンで、明日初めて見られるので、私自身とても楽しみです」



◆岩井俊二企画&脚本、長澤雅彦監督作品:『なぞの転校生』

岩井監督:「謎の転校生はプロデュース・脚本を担当しました。今回、スクリーンで上映されると言うことで楽しみにしていてください」

長澤監督:「この前TOHOシネマズで全話、上映したのですが、改めて自分で作ったのに面白いなと思いました。神戸は20年前に岩井さんと“ラブレター”という映画で来ました。久しぶりに神戸に来れて非常に嬉しいです」

桜井美南さん:「私にとって初めての女優のお仕事でしたので、忘れられない作品になりました。一生思い出に残る作品です」



◆塩田明彦監督作品:『昼も夜も』『スパイ特区』

塩田監督:「後ろにいる、日本映画を背負って立つであろう若手俳優二人と撮ることができました。監督としての野心的な試みを込めて作ったので、大きなステージで見てもらえるのは嬉しいです」

瀬戸康史(両作品に出演):「塩田監督から日本の映画界を背負う、とすごいプレッシャーを与えられましたが、そうなれるよう精進したいです。僕らの出ている映画を、少しでも多くの方に見ていただきたいです」

吉永淳(両作品に出演) :「地元が関西なので、この二作品でこの場に立てることが本当に嬉しいです」



上記のほか、木村好克監督作品『通学ダッシュ』、真壁幸紀監督作品『Starry Night』、月川翔監督作品『僕らが恋愛できない理由』『ゴーストバンド』、永田琴監督作品『我愛?』、鈴木太一監督作品『そのときあなたは夢をみた』、SABU監督作品『幻三十郎』、末満健一監督作品『ラブラブROUTE21』、入江悠監督作品『The 5 Second Later Man』、山内ケンジ監督作品『デートとは何か』、青山真治監督作品『スパイダーズなう』、前田弘二監督作品『太陽はまってくれない』、三島有紀子監督作品『心の音(ココノネ)』を含む合計20作品が神戸三宮映画祭の上映作品となる。





<神戸三宮映画祭開催概要>

〇主催:神戸三宮映画祭実行委員会

〇実行委員会:ネスレ日本株式会社、株式会社ワタナベエンターテインメント、株式会社アットムービー、株式会社鈴木会社、株式会社吉田正樹事務所、株式会社シネムーブ、株式会社ロボット、株式会社ザフール、株式会社マッチポイント、株式会社ディーライツ、株式会社ロックウェルアイズ

〇後援:兵庫県、神戸市 、(公財)神戸市民文化振興財団

〇技術協力:YouTube

〇開催日:2014年5月30日(金)・31日(土)

〇開催場所:OSシネマズ ミント神戸(上映・舞台挨拶)/神戸芸術センター(上映・舞台挨拶・カンファレンス)/カフェ ネスカフェ 三宮(イベントスペース・infoセンター)/国際会館 会議室(カンファレンス)

〇出演者:佐々部清監督・岩井俊二監督・本広克行監督などの監督陣を初め、豪華キャストも出演予定

〇サイト:http://kobefes.com/



■関連ニュース


大塚千弘 中村蒼とのラブシーンに「やるってなったら緊張しましたしドキドキしました」 (2014年02月23日)
質の高い作品を YouTube限定で!「ネスレシアター on YouTube」公開! (2013年11月16日)

[ ガールズニュース:2014年05月31日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。