本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 原田夏希 自分の国の言葉ではない言葉でお芝居をしていることは凄いとユナクを絶賛!


芸能ニュース [原田夏希 自分の国の言葉ではない言葉でお芝居をしていることは凄いとユナクを絶賛!]

「無花果の森」初日舞台挨拶

「無花果の森」初日舞台挨拶

  • ユナク(超新星)
  • 原田夏希
  • MiNo
  • 古厩智之監督
  • 原田夏希
  • MiNo
  • 原田夏希
  •  MiNo
  • 左から原田夏希、ユナク、MiNo、古厩智之監督

6月14日、映画「無花果の森」の初日舞台挨拶がシネマート新宿で行われ、ユナク(超新星)、原田夏希、MiNo、古厩(ふるまや)智之監督が登壇した。



直木賞作家である小池真理子の平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した同名小説を映画化、人気グループ「超新星」のリーダー・ユナクの日本映画単独初主演作品。



主役を演じたユナクさんは「日本の映画が好きで、この映画のオファーが来た時は嬉しかった。内容は悩んだけど、監督と話をして信じたい気持ちになった。不安はいっぱいありました。原田夏希さんとの絡みはアイドルとして悩みましたが、監督がいい作品になるから信じてと言われたので信じました。」とコメント。



共演した原田夏希さんは「外国の人とお芝居をするのが初めてで、日本人でも使わない言葉や感情のない状況説明のセリフは難しい。ユナクさんは自分の国の言葉ではない言葉でお芝居をしていることは凄いことだと思うし、役者としてうらやましい。」と語った。



本作の主題歌『ジュエリーボックス』を担当し、本編にも出演しているMiNoさんは「主題歌を担当することは光栄で胸がいっぱいです。ユナクさんは演技指導をしてくださり、優しいなぁと思いました。」とコメントした。



古厩智之監督は「ユナクさんにはいい映画になると言ったが、初めて会った時に彼ならできると思った。いろいろ質問をしてきたりして熱意があり、役をユナクさんに近づけた。初めて会った時にユナクさんはいい匂いがしてドキドキした。原田夏希さんは明るくて聡明な方で、心を無くした暗い役を見事にスーっとやってくれた。」と、ユナクさんと原田夏希さんの印象を語った。



最後に原田夏希さんは「私自身もこの映画で考えさせられました。自分の小さな決断が積み重なって毎日になっている。自分で考え自分で決断していくのがどれだけ大事なのか、この映画で学びました。」、古厩智之監督は「役を彼に近づけセリフを増やしました。ユナクさんはいい奴だというところが伝わるといい。みんなの力で作った映画なので、みんなに観ていただきたい。」、ユナクさんは「僕は凄く勉強になりました。感謝しています。もっともっと頑張って、もっといい奴になりたいと思います。ありがとうございました。」と挨拶を締めた。



映画「無花果の森」はシネマート新宿他にて全国順次ロードショー!



■関連ニュース


原田夏希 映画「無花果の森」で超新星のユナクとラブシーン (2014年04月11日)

[ ガールズニュース:2014年06月15日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。