本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 谷村美月 映画を通して栃木県の良さをアピール「栃木の子になれるよう努力」


芸能ニュース [谷村美月 映画を通して栃木県の良さをアピール「栃木の子になれるよう努力」]

左から遠山浩司監督、倉田大輔、谷村美月、徳永えり、細山田隆人

左から遠山浩司監督、倉田大輔、谷村美月、徳永えり、細山田隆人

  • 谷村美月
  • 徳永えり
  • 倉田大輔
  • 細山田隆人
  • 遠山浩司監督
  • ロビーにて映画鑑賞者を出迎えた栃木市のマスコット とち介
  • 徳永えり(左)、谷村美月
  • 徳永えり(左)、谷村美月

8月2日、映画「しもつかれガール」の初日舞台挨拶がシネマート新宿で行われ、谷村美月さん、徳永えりさん、倉田大輔さん、細山田隆人さん、遠山浩司監督が登壇した。



本作は蔵の街、栃木市を舞台に栃木青年会議所の55周年記念事業として谷村美月さん、徳永えりさんなどの豪華キャストと市民エキストラ150人を迎えて制作された、栃木市に行きたくなるショートムービー。



生まれも育ちも栃木の女・あいこ役の谷村美月さんは「16才の時に映画のロケで1か月半栃木にいました。その時の印象が強くて楽しみにしていました。栃木をお薦めする役なので、栃木の子になれるよう努力しました。」とコメントした。



東京から寝過ごして栃木に来た女・里江役の徳永えりさんは「東京から来た役なので、ちょっとした旅行気分でした。栃木を楽しみながら撮影しました。」と楽しく撮影に挑んだ様子だった。



タイトルにある『しもつかれ』とは大根と大豆と鮭を煮込んだ栃木の郷土料理であり、『しもつかれ』について徳永えりさんは「おいしかった。骨や内臓が入って出汁が効いていて好きな味です。」と好意的に語り、谷村美月さんは「いちばんおいしいしもつかれを撮影では美味しく食べましたが苦手です。私は好き嫌いが多く、しもつかれは見た目からわかりやすい。」と否定的だった。



最後に徳永りえさんは「ボランティアの方に『映画に出てくれてありがとう』『夢をありがとう』と言われ、こちらこそありがとうの気持ちがいっぱいです。映画には温かみが映っています。」、谷村美月さんは「40分のショートムービーですがみんなが頑張って作った映画です。こうやって東京で観ていただくとは考えてなかったので嬉しい。」と語った。



遠山浩司監督は「蔵やホールでの上映が多く、映画館で初めて上映されるのチェックして感極まりました。しもつかれは『おいしい』『おいしくない』と意見が分かれますが、この映画は『おいしい』です。」と語り挨拶を締めた。



映画「しもつかれガール」はシネマート新宿にて2週間限定上映



■関連ニュース


谷村美月 話の内容を知っていても観るのは怖いです・映画『トリハダ』特別先行上映会 (2012年09月05日)
谷村美月 私がどんな人かわかる写真集です (2012年06月25日)

[ ガールズニュース:2014年08月04日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。