本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 東京パフォーマンスドール MC無し!一気に駆け抜けた真剣勝負、息を飲んだ最高のパフォーマンスにファン熱狂!


芸能ニュース [東京パフォーマンスドール MC無し!一気に駆け抜けた真剣勝負、息を飲んだ最高のパフォーマンスにファン熱狂!]

東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より

東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より

  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より
  • 東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜 @TSUTAYA O-EAST 2014.8.14より

8月14日、TSUTAYA O-EASTにおいて東京パフォーマンスドール(通称TPD)による「東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT“1×0”ver 1.0〜」が行われた。



名古屋に続きライブツアー2日目となる今回は、当日が誕生日となる上西星来へスタンドフラワーなども会場入り口に飾られており、開場前からファン達の熱気に包まれていた。



開場となるとまだライブスタート前にも関わらず、メンバーへのコールが飛び交うなど、すでに会場のテンションは高い。各々がメンバーの名前を呼び合う中、しばらくするとやがて暗転し、そしてスタート。



オープニングSEの中、登場したのはメンバー分に置かれた薄く向こうが透ける背の高いボックス。それが反転するとその中からメンバーが登場し、リーダー高嶋菜七(たかしまなな)の大きな掛け声から『ダイヤモンドは傷つかない -Rearranged ver.-』。



再び高嶋菜七が「盛り上がっていくぞぉー!!」と檄を飛ばし2曲目の『十代に罪は無い -Rearranged ver.-』へ。間髪入れず3曲目の『WAKE ME UP!! -Rearranged ver.-』に進むと、メンバーがピンクと白、2種類のタオルを回し、観客もそれに応え会場はカラフルに彩られる。全身をぶつけるようなメンバーのパフォーマンスはMCも無く、一気に4曲目の『OVERNIGHT SUCCESS -Rearranged ver.-』まで続く。観客も全身でちぎれんばかりのコールや手拍子などで反応し、力と力のぶつかり合いのようなライブ前半戦となった。



後半戦突入はモノトーンの衣装に包まれて登場するメンバー。レーザー光線も飛び交う激しくも可憐なダンスパートから仮面舞踏会のマスクを携え『キスは少年を浪費する -Rearranged ver.-』へ。『CATCH!! -Rearranged ver.-』ではイスを持ち出し、妖艶なチェアダンスでライブハウスを劇場空間へと誘い、真っ赤な照明で一面を染め上げてスタートする『夢を -Rearranged ver.-』では力強さを。そしてメカニカルなゴーグルを装着した『東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ -Rearranged ver.-』では、かつて描いていた近未来の姿をロボットダンスや90年代初期にあった直線的な、まさにグルーヴに乗せて表現されるかのように。



ラストはデビューシングル『BRAND NEW STORY』。集中力を高め、一点を一気に突き抜けたライブの出口が見えたような爽快感に包まれ、食い込んでいくサビのメロディが持つビートに前ノリになる。やがて音楽がエンディングを向かえると、このライブを通して一言も言葉を発さ無い程の真剣勝負を乗り越えたメンバーからこぼれる笑顔。達成感と満足感に満ちた表情で観客の前に立つ姿は何よりも輝いていたことだろう。まさにその名の通りパフォーマンスを見せつけたライブとなった。








しかし、パフォーマンスもさることながらボックスを使った演出や小道具の使い方、衣装の一つ一つもまたハイセンスな物となっている。



常に置かれている舞台のキーポイントとなるボックスは簡単に言うと電話ボックスの片側が空いたような物で、それがターンテーブルの上に置かれた状態。



メンバーが中に入れば影絵にもなり、そこに映像を映す事もあれば中から電灯で光らせる事もある。ターンテーブルなので反転させれば空いた側から内側が見え、そこで出入りし、別のメンバーが回転させるなど使用法も様々。



小道具に関してはマスク、イス、ゴーグルなど視線誘導やアクションで上手く活用されており秀逸である。衣装はサルエルパンツやスカート、素材感や色合いも様々にキャラクターや曲に合わせて作られており、それの一つ一つが細かく鮮やかな意匠で作られているのが分かる。



余談ではあるが本編を彩るこういった部分に目を向けるのも、このライブに訪れる楽しみの一つではないだろうか。








そして、全ての演目が終わった後はようやく一息つくようにMCが入り、リーダー高嶋菜七が挨拶もそこそこに「本日8月14日…そうです、メンバーの上西星来の誕生日です!!」の合図で『HAPPY BIRTHDAY』がその場の全員で歌われる。“Dear 星来”の部分を思い切り上西星来に顔を近づけて歌う神宮沙紀。満面の笑みを浮かべ「なんか、ゾワッとします(笑)」と言う上西星来は「18歳、自分の目標が出来たので突っ走って頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いしまーす!!」と快活に答えた。



最後は全員が自己紹介とライブツアー2日目が無事終えれた事、そして感謝をファンに伝え、この日の長くも短いライブを爽やかな笑顔で終えた。



東京パフォーマンスドールオフィシャルWEBサイト

http://tpd-web.com/



◆LIVE/EVENT情報 

『東京パフォーマンスドール LIVE TOUR 2014夏〜DANCE SUMMIT"1×0"ver1.0〜』

・8/22(金)梅田クラブクアトロ(大阪)【問】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

・8/29(金)TSUTAYA O-EAST(東京)【問】ディスクガレージ:050-5533-0888

【開場/開演】18:00/19:00

【チケット代】前売3,800円(税込)/当日4,300円(税込)※各プレイガイドにて発売中



『@JAM EXPO 2014』

・8/31(日)横浜アリーナ http://at-jam.jp/expo/ 



オフィシャル写真提供:(C)エピックレコードジャパン


■関連ニュース


日本を代表するアイドルが集結!「@JAM2014〜アイドルDay」がPigooオンデマンドで配信開始!  (2014年08月06日)

[ ガールズニュース:2014年08月15日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。