本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 中井貴一の広末涼子への熱視線を阿部寛がうらやむ


芸能ニュース [中井貴一の広末涼子への熱視線を阿部寛がうらやむ]

映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より

映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より

  • 映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より
  • 映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より
  • 映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より
  • 映画「柘榴坂の仇討」プレミア試写会より

9月9日、映画「柘榴坂の仇討」のプレミア試写会が、東京・銀座の丸の内ピカデリーにて開催され、舞台挨拶に中井貴一、阿部寛、広末涼子、真飛聖、若松節朗監督、浅田次郎(原作者)が登壇した。



本作「柘榴坂の仇討」(ざくろざかのあだうち)は、浅田次郎さんの短編集「五郎治殿御始」(中央公論新社刊/新潮文庫刊)に収録された同名小説を原作とし、幕末から仇討禁止令が出された明治初頭を舞台として、仇討を本懐に13年を費やした男・志村金吾と、暗殺者としての素性を隠し、孤独に耐えて過ごしてきた男・佐橋十兵衛の邂逅を描く本格時代劇。



フォーマルなスーツの男性陣と落ち着いた和服に身を包んだ女性陣が登場すると、客席から拍手と歓声が上がるとともに、紙吹雪がひらひらと場内に舞って華やいだ。



主演で志村金吾を演じた中井貴一さんは、「今時代劇というものが、不振と言われておりますが、真っ正面から日本人の心を映し出したつもりです。是非ゆっくりとご覧になって、何を感じるか、今度どこかでお会いできることがあれば、是非教えていただきたいなと思っております。」と客席に語りかけるように挨拶した。



佐橋十兵衛を演じた阿部寛さんは、「今回は敵の役なので、撮影現場に入る前に、貴一さんには“近寄らない様にします”とお話をしていたのですが、初日トイレで会ってしまいまして、気まずかった(笑)」と話した。



撮影中の中井貴一さんは常に役の雰囲気を醸し出していたと言い、志村金吾の妻・セツ役の広末涼子さんも「中井さんと阿部さんは、現場ではかたくなに言葉を交わされず、意地を張るように、中井さんが寂しいと思われるくらいお話をされなかった。」と2人の様子を語り、「現場では中井さんはずっと金吾さんのままなんですね。ON、OFFが見えないというか、現場でも姿勢を正していらっしゃってるので金吾さんの生き様が見えてくるんです。そのおかげで私も自然とセツになれました。セツの生き方は金吾さんの後を三歩下がってついていくんだなとか、支えるついていくというのはこういうことなんだなと自然に感じさせていただきました。」と中井貴一さんの姿に感心しているようだった。



一方、中井貴一さんは広末涼子さんに対して、「この映画のお話をいただいた時はまだセツという役が決まっていなかったんですが、飛行機の中で映画を見ていたら、劇中に広末さんが出ていらっしゃったんです。そのワンカットを見たとたんにセツという役は広末さんだなと思いまして、すぐ監督とプロデューサーにお会いして、セツを広末さんにお願いしてもらえませんか?と頼みました。」と経緯を明かした。



若松節朗監督が、「中井さんは広末さんをじーっと見つめていましたね。惚れているんですね。」と笑うと、阿部寛さんが「僕は見てくれないんですけどね。」と拗ねたように呟いた。



最後に中井貴一さんは「ここ数年、時代劇があまり良くないという時代が続いています。そんな中、飛び道具を一切排除して真っ向から日本人の心を捉えた映画になっています。我々の世界で、時代劇という灯をともし続けなければいけません。これは日本の文化でもあると思っています。どんなに灯火が小さくなっても、作り続けるのは僕たちの使命だと思います。多くのお客様に見て頂くことが時代劇を作ると言うことに繋がります。今回『柘榴坂の仇討』だけではなく、時代劇を多くの方に見ていただき、時代劇そして邦画が良くなることを心から願います。」と語り、多くの人が映画館に訪れてくれるように訴えた。



映画「柘榴坂の仇討」は9月20日(土)より全国ロードショー



[ ガールズニュース:2014年09月11日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。