本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 映画「ストレイヤーズ・クロニクル」 主演・岡田将生のライバルに女優・黒島結菜を起用!


芸能ニュース [映画「ストレイヤーズ・クロニクル」 主演・岡田将生のライバルに女優・黒島結菜を起用!]

黒島結菜 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

黒島結菜 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

10月9日、2015年公開予定の映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の追加キャストが発表され、女優の黒島結菜さんが主演・岡田将生さんのライバルとして起用されることが明らかになった。



今回解禁された新たなキャストは、国内外から高く評価される瀬々敬久監督や、過去多数のプロデュース作品で若き才能を次々に起用し、今や映画、ドラマの主演を務める女優たちを見出した敏腕プロデューサーが、新時代のヒロインとなる原石を抜擢、大絶賛の声を寄せる女優・黒島結菜さん。黒島さんは、本作主演の岡田将生演じる昴(スバル)と敵対する[アゲハ]のメンバーで、通常の人間には聞こえない高周波を発射して捜敵するレーダー能力を持つ碧(アオイ)を演じる。戦闘能力は極めて低いが、他のメンバーにはない能力を身にする希望の存在で、「独特のオーラを発する、久しぶりの映画発信からのアイドルになるだろう」と瀬々監督も大きな期待を寄せている。



なお、既報となるキャスト陣は、本格的なアクションに初挑戦する岡田将生をはじめ、染谷将太や成海璃子、白石隼也、清水尋也、蜿r太郎、鈴木伸之、瀬戸利樹ら、フレッシュなキャストが集結し、また、伊原剛志や石橋蓮司、豊原功補が若者たちと対峙し物語の深みを与える。極限を超えた能力≪ハイパーエクストリーム≫ VS 遺伝子操作による異種混合能力≪ハイブリッドアブノーマル≫ VS 暗躍する政治家たちの野望≪ダークポリティクス≫ 三つ巴の戦いの行方はいったいどうなるのか。ストーリーにも注目だ。



【碧役=黒島結菜】コメント

原作者:本多孝好さんの作品は短い期間に2回目で、前回の家族の絆を描いている作品とは全く違う話だったので楽しみにしていました。私の演じる役(碧)は、皆の希望であり複雑な想いを抱えている子で、感情を台詞ではなく表情で演じるのがすごく難しいので大丈夫かなって不安でした。でも撮影が始まってみると、瀬々監督からのアドバイスが具体的だったので演じやすかったです。共演者の方々は、ほとんど皆さん年上で、優しく気遣っていただいて、クランクアップは名残惜しさで一杯になりました。私を選んでいただいたことに感謝して、監督が描いているものに応えられるように精一杯頑張っています。





【作品概要】

タイトル:『ストレイヤーズ・クロニクル』

監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)

原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊

キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子

白石隼也 清水尋也 蜿r太郎 鈴木伸之 瀬戸利樹 / 黒島結菜

豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志

脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』"第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞")、瀬々敬久

撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)

アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)

配給:ワーナー・ブラザース映画

公開日:2015年全国公開

(C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会



■関連ニュース


注目の若手女優 黒島結菜 映画「あしたになれば。」で主演に抜擢! (2014年07月11日)

[ ガールズニュース:2014年10月10日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。