本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > モーニング娘。’14 道重さゆみ “今は卒業後のことよりも目の前のことを必死でやってます!”


芸能ニュース [モーニング娘。’14 道重さゆみ “今は卒業後のことよりも目の前のことを必死でやってます!”]

モーニング娘。’14

モーニング娘。’14

  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14
  • モーニング娘。’14

10月15日、人気アイドルグループ モーニング娘。’14の57枚目のシングル「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人」のリリースイベントがTSUTAYA O-EASTで行われた。



この日は「TIKI BUN」や道重さゆみさんのソロ曲「シャバダバ ドゥ〜」など5曲を披露し、集まった約900人のファンを熱狂させた。



イベント前の囲み取材で、道重さゆみさんは「今回はトリプルA面シングルになっていまして、“TIKI BUN”は10人全員で歌わせていただいてるんですけど、この曲は今のモーニング娘。10人の集大成だなと思うくらい格好いいし、ダンスナンバーになっているんですけど、私が特に好きな歌詞があって、“自分信じて突き進めば良い”というところがあるんですけど、私は12年間、モーニング娘。でやってきて、今回がラストシングルということで、この12年間は本当に楽しいことはもちろん大変なこともいっぱいあったんですけど、でもこの12年間やってきたこの自分を全てを信じて突き進んで行けばいいんだなということをTIKI BUNの歌詞を読んでいて思ったので、そこの歌詞が大好きだし、前向きになれるので聞いてくださる皆さんにもポジティブな気持ちになっていただけたら嬉しいなと思っています。そして“シャバダバ ドゥ〜”は私のソロ曲になってるんですけど、一番最後にきて、シングルで全部の歌詞を歌えるってすごく嬉しいし大出世で快挙だなと本当に嬉しく思っていますし、歌詞も私にしか歌えない曲で、歌詞から曲調から私にしか表現できないんじゃないかなと思ってるのですごく気に入ってます。」と紹介。



また、先日、ニューヨーク公演を行ったことが話題となったことについて道重さゆみさんは「ニューヨークでも私たちのことを待ち望んでくださってるんだなということを実感して、本当に行けて良かったなと思いました。」と改めて感想をコメント。



石田亜佑美さんは「道重さんと長い間の時間をずっと一緒に居られたのでそれがすごく幸せで、ごはん中に誰が隣の席に座るかとかも毎日奪い合いでした。」とエピソードを語ると、譜久村聖さんは「自由の女神に行ったり、いろいろ観光名所にも行かせてもらったので、ニューヨーク自体も楽しむことができて10人ですっごいたくさん思い出ができました。」と思い出を語っていた。



そして、道重さゆみさんの卒業後のことについても触れられ「卒業後はしばらくはお休みさせていただくので、そこからのことはお休み中にゆっくり考えようと思ってます。(休養中は)今は本当に考えてなくて、12年間、モーニング娘。としてやりきったと思ってるし、あと残りの1ヶ月ちょっとしか無いんですけど、それまでもモーニング娘。として自分でできること、リーダーとしてできることを全て出し切ろうと思ってるので、今は卒業後のことよりも目の前のことを必死でやってます!」と語っていた。



ちなみに、先日行われたモーニング娘。’14のニューヨーク公演の模様は11月1日(土) 21:00からBSスカパー!にて放送されるとのこと。



そして、道重さゆみさんの卒業公演は11月26日(水)に行われ、全国約30箇所の映画館でライブ・ビューイングされる。





http://youtu.be/dZ-wMDyXDh4



http://youtu.be/jxpPOwVI0RI



■関連ニュース


モーニング娘。’14 工藤遥 “体つきも顔つきも全然違う”と成長を実感! (2014年10月11日)
モーニング娘。’14 新メンバーとして尾形春水・野中美希・羽賀朱音・牧野真莉愛の4人が加入! (2014年10月01日)

[ ガールズニュース:2014年10月16日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。