本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > モーニング娘。’14 道重さゆみ プロフェッショナル・アイドル4329日目の旅立ち


芸能ニュース [モーニング娘。’14 道重さゆみ プロフェッショナル・アイドル4329日目の旅立ち]

モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより

モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより

  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより
  • モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャルより

11月26日、「モーニング娘。’14 コンサートツアー秋〜GIVE ME MORE LOVE〜 道重さゆみ卒業記念スペシャル」が横浜アリーナで行われた。



現在のアイドルシーンの形を作り上げ、平成のグループアイドルの雄として君臨するモーニング娘。’14。



そのリーダーを2年半務め、同グループを『復活』へと導いたといわれるのが道重さゆみさんだ。



生き字引がひっぱり紡いできた、モーニング娘。の新たなサクセスストーリー。しかしその歴史の紡ぎ手から、彼女は自ら退くことを決めた。



平日の夜ながら、会場はピンク色のライブTシャツを纏ったファンで超満員。後輩も最後の夜に華を添えようと、Juice=Juice・スマイレージの2組がオープニングアクトに駆けつけ、会場を盛り上げた。



そして、いよいよ開演の時。道重さゆみさんを先頭に10人が会場をまっすぐに歩き、最後の宴が始まった。



1曲目は最新曲「TIKI BUN」。キレのあるダンスと声量で、本物のアイドルしか表現できないパフォーマンスをステージの上に咲かせる。むろん、会場のファンも負けていられない。大きな声援とともに色とりどりのサイリウムを振り、4曲目の「時空を超え 宇宙を超え」では曲の世界観と演出も相まって、七色のサイリウムの海の中で10人がしっとりと歌う幻想的な世界を作り上げた。



また、11曲目の「彼と一緒にお店がしたい!」では最後に道重さゆみさんが鞘師里保さんに『キス』。「道重さゆみやりましたー!これで悔いなく卒業できます」と、思わぬサプライズにご満悦の様子だった。

モーニング娘。に12年間在籍し、グループとしても初めての加入日数4000日越えを果たした道重さゆみさん。そんな彼女を労おうと、この日は初代リーダーの中澤裕子さん、ハロー!プロジェクトの次期リーダーに就任する℃-ute・矢島舞美さん、そして同期であり、現在はLovendeЯとして活動する田中れいなさんが駆けつけた。



中澤裕子さんは「長い間モーニング娘。のメンバーとして、8代目リーダーとして本当に、すっごく頑張ってきたことを私もOGの一人として嬉しく思っています」、矢島舞美さんは「アイドルが増えてきましたけど、その中でもハロー!プロジェクトをここまで引っ張ってきてくれたことにすごく感謝しています。(中略)道重さんが卒業しても、道重さんが大好きだったハロー!プロジェクトをもっともっと大きくしていけるように頑張ります」、田中れいなさんは「本当にさゆかなって、あの時のさゆかなって。合宿でニャーオって言ってた…モーニング娘。のリーダーになってみんなに祝福されて本当にすごいなと思って」とそれぞれ卒業に際して暖かい言葉を送り、会場は昔話も手伝って暖かい笑いと眼差しであふれた。



後半は、これまでツアーで歌ってきたメドレーのスペシャル版を披露。爆発的な歓声を呼んだソロ曲「ラララのピピピ」、新旧リーダーのデュエットとなった「好きだな君が」、国民的アイドルソング「恋愛レボリューション21」「LOVEマシーン」などが次から次へと飛び出し、ファンを興奮させ続けた。



そして、自身が初めてモーニング娘。として歌った「シャボン玉」から、セットリストはクライマックスへと向かう。



復活を世間に強力に印象付けた「Password is 0」が終わると、ここまで気丈に振る舞ってきた道重さゆみさんの言葉が詰まってしまう。



続く「Be Alive」。道重さゆみさんも、頬を涙が伝うメンバーも歌声が乱れることはない。100%のパフォーマンスで魅せる、プロフェッショナルの誇り―彼女が12年かけて伝え、築いてきたアイドルとしてのその誇りが、歌声に載って会場を包んだ。



そして、ライブはアンコールへ突入する。赤い振袖姿で登場した道重さゆみさんに、「私たちから道重さんへ、感謝の気持ちを伝えます」(譜久村聖)と残りの9人が「見返り美人」を卒業ソングとして贈る。そして、一人一人が感謝のメッセージを伝えた。



「リーダーの全てが道重さんです」(小田さくら)



「道重さんに教わったことを12期に伝えていければと思います」(工藤遥)



「ちゃんと道重さんからもらった大きな愛を、ちゃんとモーニング娘。’15になっても包み込んでいきたいなと思います」(佐藤優樹)



「私今、すっごい楽しくって、毎日が幸せで、幸せな瞬間って必ずそばに道重さんがいたんです」(石田亜佑美)



「私もモーニング娘。になったからには、1番になりたいと思います。表現力でもトークでもなんでもいいから、道重さんに一つでも勝ちたいと思います」(飯窪春菜)



「私は加入前のモーニング娘。のファンだったんですけど、これからは、これからのモーニング娘。のファンに道重さんがなってくれるように頑張ります」(鈴木香音)



「道重さんを見て、私なんどもなんども嫉妬しちゃうことがあって…そのたびに自分が成長しなきゃとか、変わらなきゃとか、思えるのが嬉しくて、道重さんに勝ちたいと思える自分がいるのが、嬉しかったです。道重さんが作ってくれたモーニング娘。を、これからは私たちがしっかりと引き継ぎます」(鞘師里保)



「このままセンターステージを突き抜けるくらい、世界一周できるくらい、前に前に進んで頑張っていきます」(生田衣梨奈)



「この先モーニング娘。を引っ張っていくのに、道重さんのリーダーがとてもカッコよかったから、少し不安な部分もあります。でも、聖もモーニング娘。を大好きな気持ちは負けないと思います。だから、道重さんのモーニング娘。の大好きな気持ちを背負って、これからもモーニング娘。として活動していきたいと思います」(譜久村聖)



9人の口からは、次々と感謝と尊敬の言葉、そして決意表明が飛び出す。そのひとつひとつを、稀代のリーダーはしっかりと笑顔で受け止め、最後はハグで締めくくった。



鳴り止まない『さゆみ』コール。それを受けて登場したダブルアンコールで、道重さゆみさんからファンへメッセージを送った。








加入して何年かはソロパートが全然なくって、ステージに自分の立ち位置はあるのにそこに居場所がない気がして、私ってモーニング娘。に必要あるのかなって、思ったこともありました。



でも、モーニング娘。が好き、その気持ちだけはここまでブレずに、やってきました。



(中略)



『後輩たちに見せたい景色がある』って、今までいろんなインタビューやテレビでも言ってきたんですけど、私は…この景色を見せてあげたかったんです。



これが、私にできる最後の恩返しです。今日は私が卒業ってことでここに立たせてもらったけど、今度からは単独のコンサートでここに立って、この景色を見てほしい。



そして、私も知らなかったような、もっともっと大きな景色を、みんなには見ていてほしい。その時にはみんなから見る景色の中に、さゆみもいると思います。



最後にもう一度、すべての人に言わせてください―今まで、本当にありがとうございました。



道重さゆみ






ピンクの鮮やかなドレスで、「赤いフリージア」から始まるダブルアンコールもしっかりと歌いきった8代目リーダー・道重さゆみ。最後は深々と客席に頭を下げ、ステージを去った。



脚を痛めていた。一人座って踊ることもあった。9人がブーツを穿く中、スニーカーを穿いて踊る場面もあった。痛みに耐え切れず、ライブ中うずくまってしまうこともあった。



それでも、彼女は痛がる表情を一切客席に見せなかった。



痛みから急きょ照明を落としても、再び彼女にスポットライトが当たる時にはいつもの笑顔でステージに立っていた。



ファンの前では、ステージの上にいる間は、アイドルのプロフェッショナルであれ―そんな彼女の矜持が、貫き通された瞬間だった。



誰よりもモーニング娘。を愛し、最後までアイドルであり続けた道重さゆみ。



稀代のプロフェッショナルは4329日間の伝説を終え、今静かにマイクを置いた。





●セットリスト

M1 TIKI BUN

M2 わがまま 気のまま 愛のジョーク

M3 What is LOVE?

M4 時空を超え 宇宙を超え

M5 Do it!Now

M6 明日を作るのは君

M7 Fantasyが始まる

M8 I WISH

M9 シャバダ バ ドゥ〜

M10 笑顔の君は太陽さ

M11 彼と一緒にお店がしたい!

M12 シルバーの腕時計

M13 Help me!!

M14 恋愛レボリューション21

M15 恋愛ハンター

M16 ラララのピピピ

M17 ABCDE-cha E-chaしたい

M18 ワクテカ Take a chance

M19 ブレインストーミング

M20 好きだな君が

M21 この地球の平和を本気で願ってるんだよ!

M22 青春コレクション

M23 LOVEマシーン

M24 Gime me 愛

M25 シャボン玉

M26 One・Two・Three

M27 Password is 0

M28 Be Alive

EC1 見返り美人

WE1 赤いフリージア

WE2 歩いてる

WE3 Happy大作戦


■関連ニュース


「SATOYAMA & SATOUMI with 勇気の翼 2014 収穫祭」がららぽーと TOKYO-BAYで開催! モーニング娘。OGやハロプロメンバーが続々登場! (2014年11月23日)

[ ガールズニュース:2014年11月27日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。