本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 森下悠里がキャステングをプロデュース 六本木のお店がそのまま映画に


芸能ニュース [森下悠里がキャステングをプロデュース 六本木のお店がそのまま映画に]

映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より

映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より

  • 映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より
  • 映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より
  • 映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より
  • 映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」製作発表記者会見より

12月4日、2015年公開予定の映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」の製作発表記者会見が六本木で行なわれ、映画に主演する森下悠里さんと原作者の新堂冬樹さん、プロデューサーの嶋田豪(しまだ つよし)さんが登場した。



映画「W 〜2つの顔を持つ女たち〜」は、嶋田豪さんが手がけたキャバクラを舞台にした作品「ユダ」(2012年)と「ハニーフラッパーズ」(2014年)の流れをくむ第3弾で、六本木に新しくオープンさせる「W Lounge」(ダブルラウンジ)を舞台に、ここで働く娘たちと女店長が繰り広げるドラマとなる。新堂冬樹さんが新たに書き下ろす連載小説が原作となり、和製“チャーリーズ・エンジェル”のようなエンタテインメント性も盛り込んだ作品になるという。



会見の会場となった同店は、映画とのコラボ店舗として12月5日にグランドオープンし、キャバクラと違い、タンクトップにショートパンツのカジュアルなスタイルで接客する会員制ラウンジとなる。実在の店舗ではたらくキャストが、そのままの姿で映画でも活躍するとあって、現実とフィクションが融合した魅力的な作品になることが期待される。



映画キャストと店舗キャストのWプロデュースには、実際に六本木などで働いた経験がある森下悠里さんをプロデュース側に招き、すでに第一陣キャストの面談も行なわれた。選ばれたキャストには、映画デビューで芸能界を目指す女の子や、すでにタレントとして活躍する子も在籍し、映画だけでなく、店舗も一緒に盛り上げていくこととなる。



森下悠里さんは「来年で芸歴10年になりますが。20代最後にこんな大役をいただいて興奮しています。」と笑顔で挨拶をした。映画では店長役を務める予定だが「普段はお店にいるわけではありませんが、プライベートで飲みに来ているかも。見かけたら、場内指名してください(笑)。六本木のオアシスのような居心地のいいお店にしたいですね。」と新店舗に意欲を見せていた。



六本木ガールズラウンジ「W Lounge」

http://wlounge.bar/



「W」オーデションサイト

http://www.is-field.com/w/



■関連ニュース


森下悠里 ヤマダゲーム「宇宙戦艦ヤマト2199-イスカンダルへの帰還-」のイベントで胸元あらわのセクシーコスプレ姿を披露! (2014年11月17日)
映画「ハニー・フラッパーズ」が公開初日! 紗綾がデング熱の回復をファンに報告! (2014年09月14日)

[ ガールズニュース:2014年12月06日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。