本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」に赤信号! このままでは借金増額!?


芸能ニュース [借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」に赤信号! このままでは借金増額!?]

ザ・マーガリンズ

ザ・マーガリンズ

  • ザ・マーガリンズ
  • 藤原亜紀乃
  • 橋蘭
  • 小野美公
  • マリー・クラウゼ
  • 光原みう
  • 依田香奈実
  • 木下結愛
  • 西田真己

11月某日、借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」が都内でイベントを行ってるということで、GirlsNews取材班はイベント後のメンバーを直撃した。



「ザ・マーガリンズ」は借金返済ユニットとして全国オーディションを行い、1期メンバーとして藤原亜紀乃、橋蘭、小野美公、マリー・クラウゼ、光原みう、依田香奈実、渡邊ナツ來、木下結愛、西田真己の9人で結成。恵比寿マスカッツのマッコイ斉藤を総監督とし、GMに大久保佳代子、頭取に伊達みきお(サンドウィッチマン)を起用し、TOKYO MXの「マルガリン銀行」にレギュラー出演中のアイドルユニットだ。



借金の総額が1億3000万円を超え、CDの売り上げやライブの収入などで借金を返済していくためアイドル活動をスタートさせた。



■「ザ・マーガリンズ」の紹介をお願いします



藤原亜紀乃:借金を抱えている女の子たちが借金を夢で返そうという形で集まっているグループで、メンバーそれぞれに借金があって、アイドルのお仕事でお金を返していこうというグループです。



■「ザ・マーガリンズ」としてはどんな活動をしてるんですか?



藤原亜紀乃:イベントとかで来ていただいたお客様と握手をしたり、大久保佳代子さんが記者会見のときにソフトな枕営業をすると仰っていたので、みんなで枕を持って膝枕をしたり、手作りの石鹸をお客様に渡したり、イベントで歌を歌ったり、ゲームをお客様と一緒にして、一緒に楽しむような形でイベントを行っています。



■ダンスや歌のレッスンはいつ行っているのですか?



小野美公:レッスンはイベント後か、時間があるときにみんなで集まって行っています。あとは個人レッスンです。



■「ザ・マーガリンズ」として活動してきて、心境の変化や周りの状況の変化はありましたか?



西田真己:キャバクラで“ザ・マーガリンズです”と言ったら、見たよテレビと言われて、今度指名するよと言われて来ないみたいなことがありました。でも、知らない方が知ってると言ってくれて認知度があるんだなと思うことが感じられて、そういう変化は感じます。



藤原亜紀乃:めっちゃ久しぶりの子からメールが来るようになりました。



小野美公:Facebookの友達申請がやばい!



西田真己:そんなに借金あったの?と言われます。



橋蘭:人のありがたみを感じられるようになりました。



■現在の借金額に増減はありましたか?



橋蘭:増えてます! 日々の生活費なので・・・。この仕事をしつつバイトもしてるんですけど追いつかなくて・・・。



■過去にアイドル活動をしていた方っていますか?



橋蘭:アイドル活動は4回目です。高校1年生からやってます。地元が大分なので、大分のファンが来るとなると流石に難しいんですけど、ネットの番組とかですと見てくれてます。いつかは来たいと言ってくださるので待ってます。



■イベントで「ザ・マーガリンズ」としてファンと交流していかがでしたか?



橋蘭:今までアイドルをしていて、借金を抱えていることやバイトをしてることは話さなかったんですけど、最近は借金をしてることも心配してくれて、爪やネイルをちょっとは大目に見てくれます。ありのままの自分を見てくれるようになって、自分の中ですっきりしました。



マリー・クラウゼ:来てくださるファンの方が“今のままで面白い”、“それで良かった”と言ってくれていつも温かいメッセージで力になってます。



■「マルガリン銀行」の番組出演で共演している大久保佳代子GMとサンドウィッチマンの伊達みきお頭取の印象はいかがですか?



藤原亜紀乃:ここで叩けば面白いんだなとすごい勉強になると言うか、休憩中も声をかけてくださるのですごい嬉しいです。でもすごい先輩なので、ひたすら勉強になります。



■番組ではスタジオでのトーク中心ですが、今後やってみたいことは?



木下結愛:運動会をやってみたい。



藤原亜紀乃:ガチ運動会をやって欲しい



西田真己:パン食い競争のパンをお金にしてもらおうよ!



小野美公:個人的にめっちゃダイエットやりたいです。



■チラシ配りとかもやってましたが、いかがでしたか?



橋蘭:チラシをもらって来てくれる方が増えてきてそれがすごい嬉しかった。(イベント当日の朝にチラシ配りをして)今日行こうと思ってくれる気持ちがありがたいです。



西田真己:チラシにみんなのTwitterのアカウントを載せて、それを見て(イベント会場に)来てくれる方がいて嬉しかったです。



■12月17日に1stシングル「グッバイ借金天国」が発売されますが、どんな曲ですか?



藤原亜紀乃:私たちらしいというか、とにかく借金まみれなので、でも明るく前向きに頑張ってるすごい明るい歌です。リズムとか全体的にちょっと古風な感じです。



西田真己:明るくて昭和っぽくて、だけど借金を返すぞという感じの明るい曲です。



藤原亜紀乃:踊りはヒップホップな感じで、若者向けに作ってるので見てて楽しいと思います。



小野美公:ニョキニョキのところの振りを真似して欲しい。



■12月23日のクリスマス イブイブに1stライブがありますがどんなことをするのですか?



西田真己:オリジナル曲が2曲しか無く、枠が2時間ぐらいあるので、もしかしたらスーブーがピンで踊るかもしれないし、ゲルさんの英会話が入るかもしれないし、そこらへんは未定です。



藤原亜紀乃:私、ダンスバトルがやりたいです。曲がかかったらすごい動きをする子が多いので、そういうのを見てみたい



■1stライブまでに脱退することはないですよね?



全員:無いです。



小野美公:今、脱退したらやばいです。



依田香奈実:無いです。



■自己破産の予定は?



西田真己:自己破産するならウチかも・・・?



■最後にファンに向けてのメッセージをお願いします



西田真己:これからたくさん歌も踊りも練習して、少しでもみんなにザ・マーガリンズが広がって、夢で返せることがあるんだよというのが、みんなの自信とか未来への期待みたいなものへ変われるように一生懸命頑張ります。



藤原亜紀乃:素人の私たちを応援してくださるありがたいお客様がたくさんいることが私たちの喜びであり、強みであると思っています。私たちもできる限りの努力を忘れずに、常に前だけを向いて精進していきたいと思います。



橋蘭:今まで芸能界で活動してきましたが、そこで出会い、応援を続けて下さっているファンの方がいらっしゃるので、早く売れていつか恩返しできるように借金を返済して、新しい未来にいけるよう頑張っていきたいと思います。



小野美公:とにかくガムシャラに応援してくれてる人を裏切らないように一生懸命頑張りたいと思います。



木下結愛:まだ無名な私たちですが、イベントに毎回来てくれてる方がいてありがたいです。私はみんなの住んでいた地元でライブをすることが夢なので、それに向かって頑張っていきたいと思います。



マリー・クラウゼ:外国人の私がアイドルになれると思ってもなかったので嬉しくて、これから9人で頑張っていきたいと思います。実家がドイツで親に見てもらいたいという気持ちが強くて、どんどん伸びて行ってドイツでもライブがやりたいので頑張ります。



依田香奈実:全力で頑張ってます。日々学ばさせていただいてるので、口ではなく行動で示していきたいと思います。



光原みう:正統派のグループではなかなかできない過激なイベントをやってますので、そういうところが強みだと思います。私たちが必死で頑張ってる姿を応援していただけたらと思います。







借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」は、アルバイトの時間を削ってほぼ毎週末都内でイベント活動を行ってきた。



12月17日(水)には待望の1stシングル『グッバイ借金天国』をリリースし、発売日より連日リリースイベントを行うことが決まっている。



そして、1stLIVE「借金は夢で返せ!!」が12月23日(火) 17:00からヤクルトホールにて開催! こちらはチケット絶賛発売中だ。



ヤクルトホールを満員にできないと、収入が無いため借金増額は必至。



果たして彼女たちの運命は?



尚、イベントなどの詳細は公式サイトをチェックして欲しい。



ザ・マーガリンズ公式サイト

http://shakkin-idol.com/



取材協力:マルガリン銀行本店



■関連ニュース


ソフトな枕営業OK! 借金アイドル「ザ・マーガリンズ」の第1期メンバーがお披露目! (2014年09月26日)

[ ガールズニュース:2014年12月09日 ]


このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。