本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > アイドルカレッジ よみうりホールのワンマンライブに1000人を超えるクラスメイトが大集合! 新メンバーも決定!


芸能ニュース [アイドルカレッジ よみうりホールのワンマンライブに1000人を超えるクラスメイトが大集合! 新メンバーも決定!]

アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール

アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール

  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール
  • アイドルカレッジワンマンライブ5th Anniversary STAGE〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜@よみうりホール

12月13日、アイドルグループ アイドルカレッジのワンマンライブ「アイドルカレッジワンマンライブ 5th Anniversary Stage〜あの日の夢よりもっと大きな夢を追いかけて〜目指せ1000人」がよみうりホールにて行われた。



2014年、レーベル移籍とメンバーの再編を経て、新たなスタートを切ったアイドルカレッジ(以下アイカレ)。そんな激動の日々の中、移籍第一弾シングルが過去最高のチャート順位を記録するなど、新しい挑戦をステップアップにつなげた一年となった。



今回のワンマンライブは彼女たちにとって集大成となるライブ。タイトルに集客目標を掲げ、様々な企画でメンバー自ら集客を図ろうとするなど、一人でも多くの人に今のアイカレを見てもらいたいというグループの想いが前面に押し出された。その願いが見事に叶い、会場のよみうりホールには多くのクラスメイト(ファンのこと)が集結。大きな声援の中、ライブがスタートした。



リーダー・南千紗登さんの「みなさんの心に残るライブにします!」という決意表明とともに、セットリストは「STAGE」でスタート。アイカレの決意表明ともいえる歌詞をキレキレのダンスに載せ、客席のクラスメイトへと届けた。



3曲目の「雨のち晴れ」では、曲のイメージに因み、傘を使ったパフォーマンス。いつものライブにもう一味を加えた演出に、会場は序盤から大きな盛り上がりを見せた。



このライブは新生アイカレの成長のお披露目であり、またグループが5年間紡いできた歴史の総集編でもある。



アイカレの名前を5年間守ってきた2人も、「私はアイドルカレッジに入って5年になるんですけど、当時のブログを読んで気合を入れてきました」(南千紗登)、「ここで宣言させてください!アイカレ、5年間で一番楽しいライブにするので、よろしくお願いします!」(齋藤綺咲)とその意気込みを高らかに謳った。



そんなこれまでのアイカレの歴史、そして新たなアイカレの魅力が垣間見えたのが中盤のメドレーと部活コーナーだ。メドレーでは「ぬうべるばあぐ」や「恋なのです」など、これまで歌い継いできた名曲をメンバーがかわるがわる披露。



一方、今年からスタートした部活動のコーナーでは、寸劇に載せてクリスマスソングを披露したミュージカル部、自ら作詞作曲した曲を披露したボーカル部、キレキレのダンスと迫力のパフォーマンスが堪能できたダンス部と、グループの違った切り口を示した。



伝統と革新の調和で、これからも楽しいステージを見せてくれそうだ。



そして、この日はもう一つの大きなイベントが・・・。



かねてから行っていた新メンバーオーディションの最終審査と結果を、ステージ上で行った。9名の最終候補者がステージに上がり、緊張の面持ちで課題曲「NGワード〜キミガスキ〜」をダンス。客席で見守るクラスメイトは、大きな声援で挑戦者たちの背中を押した。



そして、来場者とメンバーの投票を経て、結果発表。新たに小笠原彩乃さん、戸沢舞さん、伊豆原ももさんがアイカレのメンバーとなった。



「昔からアイドルが好きで、アイカレさんはメジャーデビューの頃から応援していて、1年半入りたいって思い続けていて」(小笠原彩乃)、「今日このステージに建てたことは応援してくださった皆さんのおかげだと思っているので…本当にありがとうございます」(戸沢舞)、「みなさんに追いつけるように精いっぱい頑張りたい」(伊豆原もも)と、思い思いの言葉で心境を語った3人。来年1月4日より、3人が加わったアイカレがスタートする。



休んでいる暇はない。涙のオーディションを経て、ライブは後半戦へ向かう。「いちごパフェ」のイントロが流れると、会場は割れんばかりのコールで包まれ、再び興奮のるつぼに。



「チェリーガール」「ONE FOR ALL」では、ゲストとしてキッズダンサーが登場。メンバーも客席へ向かい、会場全体を使ったライブパフォーマンスを見えた。



もちろん、今年リリースした新曲「あのコが、髪を、切らない理由。」「トゥルーエンド プレイヤー」も披露。王道アイドルとして突き進んできたアイカレに、クールな魅力を加えた二曲で、13人のポテンシャルの全てをステージに残した。



アンコールに入っても、1000人を超える観客と、13人のメンバーが紡ぐ興奮の連鎖は収まらない。



「ラブ/ライク」では、客席がオレンジ色のサイリウムで包まれた。そして、最後の曲は「YOZORA」。最後まで衰えなかったキレのあるダンスで150分のライブを締めくくり、最後は肉声でクラスメイトへ感謝の言葉を伝えた。



緞帳が降り始めるとメンバーはひざを折り、最後まで客席に手を振り続けた。超満員の客席は、笑顔で彼女たちの頑張りに応え、大きな拍手を送っていた。



アイドルブームが叫ばれ、数えきれないほどのグループが活動している昨今。その中で、5年間第一線で活躍を続けてきたアイカレは、それだけで大きな存在だ。しかし、彼女たちの真の凄さは、歴史の中で様々な挑戦や困難を、全て成長として昇華させてきたことにある。



2014年、グループとクラスメイトの行方をも左右する大きな波を、アイカレは見事に乗り切った。そして2015年、3人の新たな仲間を加える彼女たち。さらなる飛躍を期待せずにはいられない。



●セットリスト

M1 STAGE

M2 少女卒業

M3 雨のち晴れ

M4 KISS MY BABY

M5 流星群〜meteor stream〜

M6 NGワード〜キミガスキ〜

M7 制服恋物語

M8 メドレー(夢を追いかけて〜恋なのです〜二人の未来〜シグナル〜ぬうべるばあぐ〜素晴らしきこの世界)

M9 ミュージカル部

M10 ボーカル部

M11 ダンス部

M12 光の中へ

M13 いちごパフェ

M14 あのコが、髪を、切らない理由。

M15 チェリーガール

M16 ONE FOR ALL

M17 My self

M18 トゥルーエンド プレイヤー

M19 輝く未来は遥か続いている

M20 Happiness〜kanshaのうた

EC1 ラブ/ライク

EC2 YOZORA



■関連ニュース


STARMARIE、Cupitron、アイドルカレッジがちょっと早めのジングルベル♪「@JAM NEXT vol.13」開催!! (2014年12月16日)

[ ガールズニュース:2014年12月18日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。