本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > メトロポリスとヴァネッサ・パンの異色対談


芸能ニュース [メトロポリスとヴァネッサ・パンの異色対談]

メトロポリス&ヴァネッサ・パン

メトロポリス&ヴァネッサ・パン

  • メトロポリス&ヴァネッサ・パン
  • メトロポリス&ヴァネッサ・パン

国際化が目覚しい日本発のコスプレ文化。だが近年、逆輸入とも言うべき現象が起きている。



台湾、中国、アメリカなどで既に活躍しているトップコスプレヤー、ヴァネッサ・パンさん(VanessaPan/台湾)がその好例だろう。



去る11月には東京アメ横にてパン氏プロデュースによるイベントが行われ、日本側代表(?)としてJ-POPアイドル「メトロポリス」が参加。



対談が設けられた。



メトロカンナ「写真で見るより印象が柔らかくて、とっても女性らしいんですね」



ヴァネッサ「昔は男キャラがコスプレのメインでしたよ。性別も問いません。動物だっていいんです。銀魂のエリザベス(ひよこ)とかもやりました(笑)」



メトロカナ「実は私もコスプレが大好きなんです。なにが似合いますか?」



ヴァネッサ「涼宮ハルヒが似合うと思います。きっと地毛でいけますね。コスプレは全て人工では駄目で、やっぱり生々しさが大事で、本物が重要な役割を果たします」



メトロミサキ「年を取ってもコスプレを続けますか?」



ヴァネッサ「若さにこだわってませんし、その年なりの<生>を活かして、年齢にあったキャラクターもあるわけだし」



メトロリリコ「どうやってキャラを選ぶんですか?」



ヴァネッサ「外見と同時に内面に惹かれるキャラですね。コスプレって、好きなキャラクターになりきることで、なぜ自分がそのキャラを好きになったのかを探求して、もっともっと深く自分自身を理解する為の道なんです」



コスプレといえば、自分を忘れて何かに成り切るものだと思いきや、パン氏によれば、自分を見つめなおすための修行のようなものだという。



これにはメトロポリスのメンバーも脱帽した。奥が深い。



2015年からパン氏は日本での活動に力を入れるという。メトロポリスと共に、その活躍に期待したい。(文・鶴田)



■関連ニュース


信じる力こそアイドルの資質。魔法少女りりぽむとメトロポリス・山岡リリコ (2014年12月14日)
ヴァネッサ・パン 台湾には無いブルマでグラビアに挑戦 (2014年01月28日)

[ ガールズニュース:2014年12月23日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。