本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 篠原ともえが「海月ぬいぐるみキット」ワークショップに登場!自ら裁縫をレクチャーし映画「海月姫」をPR


芸能ニュース [篠原ともえが「海月ぬいぐるみキット」ワークショップに登場!自ら裁縫をレクチャーし映画「海月姫」をPR]

篠原ともえ

篠原ともえ

  • 篠原ともえ
  • 篠原ともえ
  • 篠原ともえ

12月21日、映画「海月姫」公開に因みオカダヤから自分でも簡単に作れる「海月ぬいぐるみキット」の発売記念として、12月21日にワークショップが行われ、女優の篠原ともえさんが特別講師として登壇するワークショップを実施した。



本作は男子禁制のアパート・天水館に住む、筋金入りのオタク女子集団=尼〜ずが女装美男子と力を合わし、天水館が奪われる危機に立ち向かう、笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】。尼〜ずのひとりで枯れ専(枯れたオジサマに萌えるオタク)・ジジ様を演じた篠原ともえさんが手作りのヘッドアクセサリーに、和風クラゲのような淡い色が混ざった可愛らしいワンピース姿で登壇。篠原さんが登場した途端、、大ファンという参加者が号泣するなか、篠原さんさんは温かく声をかけ、実際に裁縫のレクチャーを開始。



10歳ぐらいから裁縫をはじめ、「裁縫はお友達」という篠原さん。「シノラーの腕輪も手作りで生まれた自分のアイテムだったりしたので、手作りは一生続けていく、好きなことです。偶然にも海月姫にも物を作るシーンがたくさんあるので、それとリンクしてワークショップという場をいただけて光栄です」と語り、糸通しや玉結びなどを手ほどき、10名のお客様のひとりひとりの進み具合を見ながら、丁寧に、そして熱心に指導を行った。「手渡しで手作りの楽しさを伝えることはやってみたかったことだった。実際に夢中で作っているみなさんを身近にレクチャーすることができて楽しませていただきました」と、ワークショップを人一倍楽しんだ様子。



撮影現場では能年玲奈さんに裁縫を教え、「尼〜ず手芸部」まで発足。「能年ちゃんと空き時間にセットにある生地をいただき、糸通し、玉結び、ボタン付けを教えました。能年ちゃんはクラゲを作って。目をキラキラしながら夢中になって裁縫をしていく、私は裁縫を教える楽しさを能年ちゃんから学びました。菅田さんは走るクラゲを、太田さんはお子さんにミニチュア三国志を作っていました。尼〜ず手芸部を結成し、手芸を通してコミュニケーションをとれたのはよかったです」と撮影当時を振り返る。



最後に、「個性的なオタク集団が、最後は手作りというキーワードで集結していく姿が、気持ちよく、にぎやかでカラフルでフェスティバルのような作品です。作品の中で手作りの楽しさが伝わればいいなと思います。篠原さんをよく見てないとでてないのではないかと思われるかもしれないで(笑)、一味違う扮装した篠原をぜひ見つけてみてください」と笑顔で語った。



映画「海月姫」は12月27日より公開される。



■関連ニュース


江の島シーキャンドル「海月姫」仕様イルミネーション点灯式に太田莉菜・篠原ともえが登場! (2014年12月23日)

[ ガールズニュース:2014年12月23日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。