本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 小島瑠璃子が佐藤美希の隠れ巨乳を暴露!


芸能ニュース [小島瑠璃子が佐藤美希の隠れ巨乳を暴露!]

佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)

佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)

  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 小島瑠璃子
  • 佐藤美希(右)
  • 佐藤美希(左)・小島瑠璃子(右)
  • 小島瑠璃子

12月23日、タレントの小島瑠璃子さんと佐藤美希さんの2015年カレンダー(ハゴロモ)の発売記念イベントが書泉グランデで行われ、2人一緒に囲み取材を行った。



小島瑠璃子さんは「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得。佐藤美希さんは「第38回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得。



2人ともスカウトキャラバン出身で1993年生まれの21歳。2人一緒にお仕事をすることは1度だけしか無いそうだが、普段はプライベートで2人で一緒に遊びに行くなど仲良しコンビとのこと。



2015年のカレンダーについて、小島瑠璃子さんは「沖縄で撮影させてもらったんですけど、本当に楽しかったです。オフショットみたいなつもりで撮影したのがサービスショットで使われてます。グラビア大好きなので楽しく水着を着ています。小さい頃から海が大好きなので水着は遊ぶためのものという感覚なので、抵抗なくグラビアをやらせてもらってます。」



佐藤美希さんは「山梨県のリゾナーレで撮影しました。初カレンダーだったんですけど、(カレンダー撮影の)スタッフさんがNON-NOのスタッフさんだったので、いつものNON-NOの撮影と一緒な感じで撮影しました。あまり緊張せずに撮影ができました。」とコメント。

この日、21歳の誕生日を迎えた小島瑠璃子さんは「二十歳が終わったかという感じで、改めて21歳になって変わらないんですけど、自分が小さい頃に思っていた21歳と違うなと、もっと大人だと思ってました。子供の頃はもっとお姉さんなのかなと思っていたんですけど、そんなに変わらず来ちゃいました。」と語っていた。



2014年を振り返って、佐藤美希さんは「デビューして本格的にこのお仕事を始めた1年で、全部が初めてですごい楽しかったんですけど、どうしたらいいんだろうと不安もたくさんありました。」



小島瑠璃子さんは「とても充実した1年で、先日ホノルルマラソンにも走らせてもらったりして、人に恵まれた1年だったなと思います。」とそれぞれ振り返っていた。



2015年の抱負として、佐藤美希さんは「来年は自分のキャラというか、どういうのが佐藤美希なのかというのを自分でも知りたいなと思います。」



小島瑠璃子さんは「2014年に始まったことや出来上がってきたことをちゃんと地にならす作業をしたいです。今あることを確実にやっていく1年にしたい。」とコメント。



カレンダーをどこに飾って欲しいか質問されると、小島瑠璃子さんは「朝起きたら一番始めに見えるように天井に貼って欲しい。」



佐藤美希さんは「普段見えるところに貼って欲しいんですが、見たい時に見る感じでもいいかな。」とコメント。



すると、小島瑠璃子さんはいきなり佐藤美希さんのことについて「モデルでさとみきはやって行く子なので、こんなこと言っていいのかわからないんですけど、隠れ巨乳です。」と暴露。



すると佐藤美希さんは「Fカップです!」と明かし、Eカップの小島瑠璃子さんは「エ゛ーーーッ! デカッ! マジで? 私よりもでかいと思わなかったぁー!」とビックリ。



小島瑠璃子さんは「出し惜しんでるFカップは最高だと思います。」と、仲の良さをアピールしていた。



小島瑠璃子さんと佐藤美希さんの2015年カレンダーは好評発売中!



■関連ニュース


小島瑠璃子 菊地亜美のライバル宣言に“違うジャンルでやっていきましょう” (2014年12月01日)
小島瑠璃子 LenovoのノートPC発表会でヨガ初体験 “恋のEnterキーはまだ” (2014年10月10日)

[ ガールズニュース:2014年12月23日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。