本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 仮面女子を元光GENJIの諸星和己が絶賛! “応援したくなります”


芸能ニュース [仮面女子を元光GENJIの諸星和己が絶賛! “応援したくなります”]

仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより

仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより

  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより
  • 仮面女子「新曲大ヒット御礼」イベントより

1月7日、最強地下アイドル 仮面女子が1月1日に発売された新曲「元気種☆」(デストロイレコード)がオリコン週間シングルランキングで1位を獲得し、「新曲大ヒット御礼」イベントがアリスプロジェクトの常設劇場 P.A.R.M.Sで行われた。



この日、「元気種☆」など4曲を披露。ラストの「夏だね☆」の曲中には元光GENJIの諸星和己さんがゲストで登場。



当初、ローラースケートで登場する予定だったが、なんとそのローラースケートが壊れてしまい、仮面女子のメンバーがライブパフォーマンスを行っている以外の時間に履いている、あきばサンダルを履いて登場。



開口一番 諸星和己さんは「夏だね☆じゃねーよ! 冬だろ」と毒舌を吐くと、「元気いっぱいでいいなおまえたちは!」と仮面女子をベタ褒め。



諸星和己さんは昨年行われた東京ボーイズコレクションで仮面女子に会っており、それがきっかけで今回のゲスト出演が実現した。



もちろん諸星和己さんはP.A.R.M.Sに来るのは初めて、諸星和己さんは仮面女子たちの秘密の楽屋を通って、ステージに登場したようで、「楽屋すごい汚い! 見せてあげたいみんなに・・・。どんだけ汚いか・・・。俺掃除したもん!」と仮面女子の楽屋の汚さに思わず発言したようだ。



そして、仮面女子のトレードマークのジェイソンマスクを仮面女子のリーダー 桜のどかさんからプレゼントされると、諸星和己さんは「きったないだよ」とさらに毒舌を吐くも、受け取り「どうもありがとうございます。私のために・・・。」と感謝の言葉で礼儀の正しさを見せていた。



光GENJIはアイドル界の大先輩ということで、桜のどかさんはアイドルとしての心得を諸星和己さんに質問すると、諸星和己さんは「まず楽屋をキレイにしておくこと。」と語ると、天木じゅんさんは「あとでキレイにしておきます。」、森カノンさんは「いつもキレイなんですよ。」と、今日だけ汚かったことを必死にアピールしていた。



また、諸星和己さんは「CDの時代は終わるんだよ。営業・イベントだよ。ファンだよ。」とイベントでファンに向けて音楽を届けることが重要であることを熱弁。さらに諸星和己さんは「本当に悪い大人たちいっぱいいるからな。本当に売れてくると悪い大人が付いてくるから、そういう奴らに騙されるなよ。心にも仮面をちゃんとして接してくれ。おまえらが落ちぶれた時に絶対に裏切られるから・・・。」と熱弁が加熱。



改めて仮面女子の印象について諸星和己さんは「こないだ一緒にステージに立った時に、すごい一生懸命なんですよね。その感じが好きで応援したくなります。」と仮面女子を絶賛していた。



今年1年どんな年にしたいか質問されると、仮面女子のリーダー 桜のどかさんは「今年はまさに仮面女子の年にしたいと思っています。私たち国民的地下アイドルを目指しておりまして、今年年末必ず紅白出場するぞという意気込みで今回オリコン1位を取らせていただいたので、そのままさいたまスーパーアリーナのワンマンライブも大成功させて、2016年には仮面女子の名を知らない人はいないというような感じで国民的地下アイドルになります! そして東京オリンピックも現メンバーで目指していきたいと思います。」と宣言していた。



■関連ニュース


最強地下アイドル 仮面女子 オリコン週間シングルランキングでインディーズの女性アーティストとして史上初の首位を獲得! (2015年01月06日)

[ ガールズニュース:2015年01月08日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。