本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > ミュージカル「ハートの国のアリス」絶賛公演中 千秋楽のニコ生配信も決定!


芸能ニュース [ミュージカル「ハートの国のアリス」絶賛公演中 千秋楽のニコ生配信も決定!]

ミュージカル「ハートの国のアリス」記者会見より

ミュージカル「ハートの国のアリス」記者会見より

  • ミュージカル「ハートの国のアリス」記者会見より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」記者会見より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」記者会見より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」ゲネプロ公演より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」ゲネプロ公演より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」ゲネプロ公演より
  • ミュージカル「ハートの国のアリス」ゲネプロ公演より
  • (C)QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
  • (C)QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会

2月4日、人気PCゲームを原作としたミュージカル「ハートの国のアリス」が、東京・全労済ホール/スペース・ゼロで公演初日を迎え、本番前のゲネプロを終えた出演者の松本妃代(まつもときよ)、吉岡佑(よしおかゆう)、磯貝龍虎(いそがいりゅうこ)、石井美絵子(いしいみかこ)、尾関陸(おぜきりく)、碕理人(さきまさと)、小西成弥(こにしせいや)、成松慶彦(なりまつよしひこ)、高崎俊吾(たかさきしゅんご)が記者会見を行った。



原作の「ハートの国のアリス」はQuinRoseによるパソコン用恋愛アドベンチャーゲームで、映画、コミックなど様々なメディアミックス展開がされている人気作品。



物語は「ふしぎの国のアリス」をモチーフにしつつ、住人すべてが武器を持ち、銃撃戦が日常茶飯事というメルヘンのようでメルヘンではない世界が舞台。元の世界に戻るため、アリスはルールに従い行動する。危険人物ばかりのハートの国の住人と交流するうち、ある感情が芽生えるが、果たしてそれは“恋”なのか、それとも…。



マルチエンディングのゲームに沿って、舞台のエンディングも7パターンあり、お気に入りのキャラクターと結ばれる公演を選ぶことが出来るのが見どころの一つ。もちろん、全てのエンディングを制覇するという楽しみ方もアリだ。



ヒロインのアリス=リデル役には、CMやモデルとして活躍し、昨年9月に上演されたミュージカル「MNESIA」に出演した松本紀代さんが抜擢された。イケメンだが強引でくせのあるキャラクターたちに巻き込まれながら大奮闘を見せている。ゴールドのウィッグとブルーのカラコンもよく似合っていて、まるでパソコンの画面から抜け出してきたかのようだ。



松本紀代さんは「歌もダンスも盛りだくさんのミュージカルです。エンディングが7パターンもありますが、それぞれに様々な思いが詰まっているので、どれも素晴らしいです。」と見どころを紹介した。また、役作りについて「アリスと自分の性格を重ね合わせて、外見よりは中身の接点を意識しました。」と話した。



ハートの国の女王・ビバルディ演じる石井美絵子さんは、昨年のミュージカル「美少女戦士セーラームーン -Petite ?trang?re-」のセーラープルート役を好演している。今回はヒステリックで残酷なキャラクターながら、ときおりアリスに寄せる愛情を垣間見せるところも見逃せないポイントだ。



石井美絵子さんは「私は役付きの中の紅一点なので、恋愛面でガツガツする男性キャラクターとは違った形でアリスを愛しています。ゲームでは全員がそろって対峙するシーンが少ないので、今回の舞台は貴重だと思います。ファンの方にはぜひ見て欲しいですね。エンディングがないチームもアリスのことを全力で愛しているので、ぜひそこも見ていただきたいです。」と愛情を込めて熱く語った。ビバルディ・ルートのエンディングが公演にないのが惜しいくらいだ。



さらに「もともと原作のファンだったのですが、自分がビバルディを演じるなんて思ってもいませんでした。ゲームをしているときから、“ビバルディってなんてカッコいいんだろう”と思っていたので、どうやってそのカッコよさを出そうか悩みました。私も感情の起伏が激しいほうなので、そこを何十倍、何百倍も増やして演じています。優雅さを出すために、手先の動きや杖の使い方も練習しました。」と役作りについての想いを語った。



また、それぞれの衣装についての感想を求めると、「肩とスカートの裾に模様があとから入ったのですが、アリスのお姉ちゃんのロリーナとお揃いで、気に入っています。」と松本紀代さんは嬉しそうに笑った。



他のキャストたちも原作通りの素敵な衣装だが、ボリス=エレイ役の小西成弥さんは「耳が意外と重くて、ダンスの時にづれそう。カラコンも初めてだったので、慣れるまでたいへんでした。」とこぼした。



ブラッド=デュプレ役の吉岡佑さんも「帽子が重くて、アリスに顔を寄せるシーンでぶつからないか心配です。」と笑った。



石井美絵子さんは「見ての通り、頭の後ろのハート衿に気をつけています。舞台でもみんなにぶつからないように必死ですが、舞台裏の通路や楽屋をあるくだけでも当たらないように気を遣います。でもだんだん感じが掴めてきたかな。」と人一倍の苦労をしているようだ。



すでに完売となった公演日も多いが、いづれの公演も若干の当日券が発売されるという。また、都内5店舗の「アリスのファンタジーレストラン」ではコラボメニューが登場。新宿マルイアネックスでは、キャストのっ写真を展示するフェアも11日まで開催中。さらに、ニコニコ動画での生配信も行なわれる。詳しい情報は公式ページでチェックしよう。



■ミュージカル「ハートの国のアリス」



2015年2月4日(水)〜11日(水) 全10公演

劇場:全労済ホール/スペース・ゼロ(JR新宿駅南口徒歩5分)

原作:QuinRose

演出:古谷光太郎

脚本:桜木さやか

音楽:tak

振付:MAMORU



■公式サイト

http://musical-hatoari.com



■ニコ生配信決定!!

2/10(火)19:00エースENDと2/11(水祝)13:00ボリスENDの

2公演をニコ生配信することが決定!!

https://secure.live.nicovideo.jp/event/hatoari



(C)QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会



■関連ニュース


ミュージカル・美少女戦士セーラームーンの新作が公演初日! 東京、大阪、そして上海へ! (2014年08月22日)

[ ガールズニュース:2015年02月06日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。