本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > SKE48 松井玲奈 振付師の牧野アンナは“愛のある厳しさを教えてくれた”


芸能ニュース [SKE48 松井玲奈 振付師の牧野アンナは“愛のある厳しさを教えてくれた”]

「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より

「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より

  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より
  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より
  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より
  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より
  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より
  • 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」 公開前夜祭より

2月26日、「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48 公開前夜祭」と題されたの映画の先行上映会が、新宿バルト9で行われ、SKE48の大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江、そして、石原新監督が登壇した。



今回のドキュメンタリー映画では6年半に及ぶ膨大な映像の中から、厳選された貴重な映像や、現役メンバーのみならず、卒業したメンバーへも新たに単独インタビューを試みて、SKE48の軌跡を様々なアングルで浮き彫りにしている。



中でもSKE48の立ちあげとなった頃の厳しいレッスンの模様にスポットが当てられていて、一期生のメンバーたちは映画を見て当時を思い返した。



大矢真那さんは「SKE48の6年間の歴史がぎゅっと詰まっていて、SKE48のことをあまり知らなくても、ゼロから200ぐらいまで知れるし、すでにSKE48を好きな人はもっと好きになれる映画だとと思う。」



松井玲奈さんは「当時はつらかったことも振り返ってみると楽しかったと昇華できている。」



佐藤実絵子さんは「最初の頃のことがすごい昔のことに思う。卒業するメンバーがいたり、新しく入ってくるメンバーがいたりと、その時どきのカラーがあって、その全部が今に繋がっていると感じました。」



中西優香さんは「AKB48からSKE48に来て、後悔したことは一度もない。SKE48の歴史を一緒に過ごすことができて良かったと、あらためて感じました。」とそれぞれ語った。



イベント後半にはサプライズゲストとして、彼女たちの振付を担当した牧野アンナさんが登場して、メンバーたちを驚かせた。



牧野アンナさんは一期生のレッスンについて「彼女たちにとって一番つらいのは、ハードなレッスンじゃなくてステージの上で評価されないこと。どんなつらいレッスンをしてもお客様に最高だって思ってもらえたら全て吹き飛ぶだろうと、心を鬼にしました。」と振り返った。



さらに「厳しいレッスンはやらせる方もつらいです。たとえ彼女たちに嫌われても、嫌われることを恐れては真剣に向き合えない。彼女たちは自分の人生を賭けて戦っているから、私も真剣にならなければと思いました。」と想いを吐露した。



松井玲奈さんは「ファンのかたや周りから私とアンナ先生との仲が悪いと思われていたらしいですが、私はアンナ先生が大好きで、愛のある厳しさを教えてくれた。SKE48を最初から一緒に歩いてきてくれて、感謝しかない。」と言い、他のメンバーも口々に感謝の言葉を述べた。



牧野アンナさんは「ドエム集団ですね。」と照れたように笑い、「愛を持ってないと絶対にできないことをしてきました。彼女たちが感じ取ってくれていて、泣きたいほど嬉しい。」と喜んでいた。



「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」は2月27日より、全国の劇場で公開!



http://youtu.be/Zc_sPzQUv0w



(C)2015「DOCUMENTARY of SKE48」製作委員会



■関連ニュース


SKE48初のドキュメンタリー『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』が名古屋で先行上映! (2015年02月22日)

[ ガールズニュース:2015年02月27日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。