本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > ももクロ 映画初日の幕が上がる アカデミー賞の黒木華にあやかりたい!


芸能ニュース [ももクロ 映画初日の幕が上がる アカデミー賞の黒木華にあやかりたい!]

「幕が上がる」初日舞台挨拶より

「幕が上がる」初日舞台挨拶より

  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より
  • 「幕が上がる」初日舞台挨拶より

2月28日、映画「幕が上がる」が公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、主演のももいろクローバーZの5人と、本広克行監督、原作者の平田オリザ、共演の黒木華(くろき はる)と志賀廣太郎が登壇した。



劇中の学生服姿でステージに立ったももクロのメンバーは、客席を埋めるモノノフと、あふれるほど集まった取材陣を前にそわそわと緊張した様子で挨拶した。



百田夏菜子さんは「映画は私たちにとって初めてのことでしたが、沢山のことを学びながらみんなで一生懸命作りました。たくさんの方に観ていただけたら。」



玉井詩織さんは「初主演映画ということで、本当に何も分からない私たちに、監督や共演者の方々からたくさんのことを学ばせていただきました。私たちにとってかけがえのない素晴らしい映画になったと思います。」



高城れにさんは「この作品は私たちからいろんな人に伝えたいメッセージが詰まった映画になっています。たくさんの方が携わって、思いを詰め込んだのでそれが届くといいな。昨日は黒木さんがアカデミー賞助演女優賞を獲ったことですし、みんなにとってもめでたい作品になれば良いなと思います。」



佐々木彩夏さんは「この作品はももクロと監督をはじめたくさんのの方の想いがこもった作品です。アイドル映画の枠を超えて、たくさんの人に観ていただいて、私たちが撮影中に感じたキラキラした想いを伝えられたら。」



有安杏果さんは「こんなにカメラに囲まれて、監督や皆さんとここに立ってホントに公開日だなって実感してドキドキしています。移動中にもSNSで見て、全国の人が観てくれて想いが伝わってるんだなと感じてます。私たちで全国を舞台挨拶で回って写真を撮っているのですが、ここでもみんなで撮っていいですか?」と会場に呼びかると、自分のカメラで客席をバックに記念撮影を行った。



続いて、黒木華さんは会場のモノノフの熱気に迎えられ「おぉ…」っと声を上げて圧倒され「初めて皆さんを見ましたが、こういうことになってるのだなと、びっくりして緊張してしまいます。ももクロのメンバーはみんなに愛されてるんだなと実感しました。映画の中では演劇部のメンバーがキラキラしていて、素敵な青春映画になっています。」



志賀廣太郎さんは「これだけ公開が待ち遠しい映画が今まであっただろうか。」と楽しみのあまりイベントの前に他の劇場で観てきたと明かし、「前に座った人と顔が合ってびっくりされた。」と笑った。さらに「僕も青春時代を思い出したりした。是非、年配の方にも見て欲しい。」とアピールした。



前日に日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞した黒木華さんについて百田夏菜子さんは「一緒に作品に関われてほんとに光栄です。私もあやかりたい!」とコメントした。高城れにさんは「ぜひよいバトンパスをいただいて、私たちでアカデミー賞新人賞を獲りたい。5人全員でレッドカーペットを歩いて、途中から5色のカーペットを自分たちで引きながら歩く。」と、すっかりその気になっていたが、黒木華さんは「けっこうな緊張感だよ。私だったらできない。」と苦笑いしていた。



イベントも終わりに差し掛かり、締めのコメントを百田夏菜子さんが求められると、代わって高城れにさんがマイクを握り、「今日は記念の日なので、いい思い出を作りたいなって思うし、作品ももっといい映画になったらいいなという願いを込めて、ここで1曲歌いたいと思います!」と切り出し、百田夏菜子さんの歌いだしで「走れ!」を観客と一緒にサイリウムを振りながら合唱した。百田夏菜子さんは「こうやって、この“幕があがる”で日本中が1つになってくれることを願っています。」と微笑んだ。



ここでイベントが終わるかと思いきや、この作品のメイキングを映画にした「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」が3月11日(水)より全国公開されることが発表され、予告編が上映された。



号泣シーンを晒された高城れにさんは「なんであそこ使ったの!?使わないって約束じゃん!」と叫び、ほかのメンバーも「メイキングは撮ってたけど、映画館で上映されるなん聞いてない!」「私達もプライバシーがあるんで!」「チェックのビデオもらってないです!」と口々に抗議したが、本広克行監督は「本編を作る時から条件を出して、マネージャーさんにOKもらってます。」と答えられると「えーっ! いっつもそれじゃん!」とうなだれた。



監督は「本当に真剣に打ち込んだ日々を完全密着しているので、この映画を見たら、演劇をやってみたいなという人も増えるはず。それくらいガチです。」と訴えた。



百田さんはあらためて「最高の監督、最高の原作者、最高の女優さん、最高の俳優さん、そして最高のアイドル(笑)が集まった最高のチームで作った最高の作品になっています!あとは最高のお客さんが観てくれたらできあがりだと思う。皆さん映画館に足を運んでいただいてまだまだ最高のものにしたい!」と客席に呼びかけてイベントを締めくくった。



http://youtu.be/PsRDT2TUVcg



http://youtu.be/sig7XezdIaw



(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P



■関連ニュース


スカパー!初の音楽祭「スカパー!音楽祭2015」が大成功!3月1日には4Kで再放送 (2015年02月27日)
映画「ソロモンの偽証」がついに完成!主演・藤野涼子は思わぬ"偽証"で母親が怖い? (2015年02月24日)
ももクロ 百田夏菜子がショートカットにイメチェン!? (2015年01月13日)
ももクロ 玉井詩織 元メンバー早見あかりと遭遇! (2014年09月29日)

[ ガールズニュース:2015年03月01日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。