本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > ADなぎさがガンダムになる?東雲由姫率いるバクステ・Newspaper単独ライブはカヴァー祭り!


芸能ニュース [ADなぎさがガンダムになる?東雲由姫率いるバクステ・Newspaper単独ライブはカヴァー祭り!]

つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より

つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より

  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より
  • つんつべ♂プレゼンツ!「バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春」〜ユニット公演やっちゃうよ!〜(Newspaper)より

3月22日、「つんつべ♂プレゼンツ!バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015春〜ユニット公演やっちゃうよ!〜」Newspaperユニット公演が新宿BLAZEで行われた。



全4公演にわたってバクステ外神田一丁目(以下バクステ)がユニットライブを繰り広げる「調子ブッコキ祭り」も2日目。この日の昼公演に登場したのは、東雲由姫さん率いるNewspaperだ。リーダーを支える蒼嶋夏恋さん、朝倉ゆりさん、そのキャラクターで知名度抜群のADなぎささんといったタレントが揃うこのグループ。いったいどんなライブを見せてくれるのか、会場に集まったプロデューサー(=ファン)は大きな期待を抱きながら開演を待った。



ライブは「Oh my destiny」のさわやかなパフォーマンスでスタート。前日までの曇天が嘘のような青空に包まれたこの日の新宿にぴったりな一曲で、120分のライブがスタートする。また3曲目では青いサイリウムを持って「Winter romance」をしっとりと歌い、落ち着いた曲の表現力もしっかりとアピール。多種多様なメンバーが揃うからこそ作り出せる守備範囲の広さで、観客の心をつかんだ。



このイベントで恒例となっているのが、各グループのオリジナル曲の発表だ。Newspaperのオリジナル曲のタイトルは「他の男の子とわざとイチャイチャした」。刺激的な曲名のとおり、振り付けには"イチャイチャ"ポーズが織り込まれており、歌詞だけでなく体を使って曲の世界観を表現している。「女の情念が詰まっている曲なので、男の情念をぶつけてください」(蒼嶋夏恋)とメンバーが自ら解説するこの曲、ぜひ会場で彼女たちに声援でパワーをぶつけてほしい。



ライブ中盤では、"リスペクトカヴァー"と題して他のアイドルの曲を披露。尊敬するアイドル界の先輩たちを思わせるような衣装は、メンバーの小嶋愛奈さんらが中心となって自ら制作したものだ。ただ、このオリジナル衣装で思わぬハプニングを起こしてしまったのがADなぎささん。前日に試着した際に衣装が小さかったそうで、慌てて作り直した衣装は今度は大きすぎる緊急事態。自ら「襟が大きすぎてガンダムかペリーかと思った」という衣装を少し恥じらいながら纏って登場し、会場からは大きな笑いが湧いた。



カヴァーは全5曲。昨年大ヒットしたDrea5の「ようかい体操第一」で露払いをすると、アイドルの気持ちがギュッと詰まったAKB48の「初日」、アニメ・ラブライブから「START:DASH!!」などを披露した。ワンマンライブだからこそ聞けるこれらの曲に、会場のプロデューサーは歓喜のリアクション。熱い声援を送って、Newspaperチームならではのライブを盛り上げていた。



いよいよライブはクライマックスへ。最後の曲となった「青春クロニクル」を歌う前には、「今日はこうしてNewspaperチームの主催公演にたくさんのプロデューサーさんが来てくださってありがとうございます。明るくしてもらっていいですか?」(朝倉ゆり)と会場を明るく照らし、訪れたファンの顔を確認してから感謝の気持ちを込めてパフォーマンスを行った。もちろん、そんなメンバーの想いにプロデューサーはアンコールで応える。アンコールでは再び初のオリジナル曲である「他の男の子とわざとイチャイチャした」など2曲を披露し、興奮の余韻を楽しんだ。



「いつも以上にたくさん練習を重ね、でもNewspaperチームは優秀すぎて、私一応リーダーなんですけど、私がしっかりしなきゃと気張ってたところをみんながサポートしてくれて、すごいいいチームです」とリーダーが語るこのチーム。ライブでも、メンバー全員が一体となって、より良い公演を作り上げようという意欲が感じられた。初のワンマンライブを、最高の形で終えることができたNewspaper。粒ぞろいのメンバーが、新たな可能性のためにこれからも努力を重ねていく。







●セットリスト

M1 Oh my destiny

M2 アイドルがクラスメイトなのに…

M3 Winter romance

M4 プロデュース

M5 ヨロピク ピクヨロ

M6 他の男の子とわざとイチャイチャした

M7 大きな山場 タマヤカギヤ

M8 恋のYes!?No!?

M9 ようかい体操第一

M10 初日

M11 START:DASH!!

M12 LOVEマシーン

M13 言い訳Maybe

M14 美少女黙示録

M15 バイトファイター

M16 純情美少女A

M17 ハリネズミとジェリービー

M18 Kira Kira my heart

M19 どうせ推されない

M20 I believe my heart

M21 ライバルをLOCK ON!

M22 今夜も…

M23 青春クロニクル

EC1 他の男のことわざとイチャイチャした

EC2 今夜も…



撮影:曽我美芽



■関連ニュース


バクステユニット祭り千秋楽!亀戸えり率いるHealthcareはバクステの持ち曲全曲披露! (2015年03月25日)

[ ガールズニュース:2015年03月25日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。