本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 映画「Zアイランド」がついに初日! 豪華キャストが集結!


芸能ニュース [映画「Zアイランド」がついに初日! 豪華キャストが集結!]

映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より

映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より

  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より
  • 映画「Zアイランド」初日舞台挨拶より

5月16日、映画「Zアイランド」の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ 新宿で行われ、哀川翔、鶴見辰吾、鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、RED RICE[湘南乃風]、風間俊介、窪塚洋介、大悟[千鳥]、川島邦裕[野性爆弾]、山本舞香、水野絵梨奈、般若、シシド・カフカ、河本準一[次長課長]、品川ヒロシ監督が登壇した。



本作は閉ざされた島“Zアイランド”を舞台にした、笑いと感動を詰め込んだ超絶サバイバル・アクション・エンタテインメント。ヤクザの抗争を背景に、島民を襲い感染を広げていく“Z”によって巻き起こされる大騒動を描く内容となっている。



初日を迎えた感想として哀川翔さんは「30周年記念という、自分の足跡というか通り道に、品川ヒロシ監督にメガホンを取ってくれないかとお願いした作品がこの“Zアイランド”です。キャストの皆さんも佐渡島で約1ヶ月間、苦しい撮影の日々を迎えて、よく生き延びて来られました。本当に大変でした。本当に素敵な作品に仕上がりまして、30周年にもったいないくらい。主演をきっちりやれたかなという作品になれました。」と感無量。



バラエティ番組のように舞台上にひな壇が設置され、ぶっちゃけトークが行われ、哀川翔さんは品川ヒロシ監督に、「Zアイランド」の第2弾を作っているのか迫り、品川ヒロシ監督は「ヒットしないとパート2はできないから・・・。」と語ると、哀川翔さんは「はっきり言ってくれ! 書いてるか書いてないか」と迫ると品川ヒロシ監督は「書いてはいますよ」と渋々明かしていた。



山本舞香さんは1年ぶりに水野絵梨奈さんに会い、撮影の時の水野絵梨奈さんは金髪のロングヘアだったが、現在はショートヘアになっており、水野絵梨奈さんは「切りたかったから切りました。刈り上げちゃいました。」と語り、後ろを振り向き、刈り上げたショートヘアをキャスト陣に見せると「ウォー・・・」と驚きの声も・・・。



一方、水野絵梨奈さんは山本舞香さんに、一番好きなアクションシーンを質問し、山本舞香さんは「2人で一緒にスーパーマンパンチをするところが結構好きで楽しかったです。」と明かすと、水野絵梨奈さんは「品川さんも一緒に稽古をされて・・・。」と語ると、監督に稽古を見られることが恥ずかしかったエピソードを語っていた。



風間俊介さんからシシド・カフカさんに、ゾンビになるとしたら誰に噛まれたいか質問されると、「哀川さんです。すごくお話されているところを見ると、楽しくお話されてるので、楽しそうに噛みついてくれるかなと思って・・・。」とコメント。



また、この日は夏にカナダのモントリオールで開催するファンタジア国際映画祭に招待されることが決定。品川ヒロシ監督は「プロモーションのお金は全部使っちゃったんで、モントリオールに行く飛行機代は実費なんすよ。飛行機代は吉本が出すか出さないかで揉めてます。それは是非行かせてくれと交渉します。」と語っていた。



この日は、異例の45分間トークが行われるボリューミーな初日舞台挨拶となり笑いに包まれていた。



映画「Zアイランド」は全国公開中!



■関連ニュース


山本舞香 映画「Zアイランド」でアクションに挑戦! 回し蹴りや跳び蹴りも! (2015年05月15日)
シシド・カフカ 6月17日発売のセッション・ミニアルバム「K5(Kの累乗)」の中から斉藤和義、KenKenとのレコーディングメイキングとコメント映像を公開! (2015年05月14日)

[ ガールズニュース:2015年05月17日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。