本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > アイドルカレッジに新メンバー・岡崎いちごが加入! 2015年夏のアイカレは“きっとイチゴありで!”


芸能ニュース [アイドルカレッジに新メンバー・岡崎いちごが加入! 2015年夏のアイカレは“きっとイチゴありで!”]

アイドルカレッジ 岡崎いちご

アイドルカレッジ 岡崎いちご

  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ
  • アイドルカレッジ

5月24日、アイドルグループ アイドルカレッジのワンマンライブ「夏まで待てない!はしゃいじゃってもイイですか?」がラフォーレミュージアム原宿で行われ、新メンバーとして岡崎いちごさんの加入が発表された。



昨年12月、オーディションで新メンバーの伊豆原ももさん、小笠原彩乃さん、戸沢舞さんの3名を迎えてますます勢いが増すアイドルカレッジ(以下アイカレ)。今回は5月13日に発売した最新シングル「#常夏女子希望!!!」を引っ提げて、半年ぶりのワンマンライブに臨んだ。この日は以前から予告していた新メンバー加入をはじめとする重大発表の解禁日ということもあり、会場には多くのファンが集結。ライブと重大発表への期待が渦巻く会場は、開演前から早くも熱気が渦巻いていた。



そしていよいよライブがスタート。1曲目はもちろん今回のライブのテーマ曲「#常夏女子希望!!!」だ。キャッチーな歌詞と、ファンと一緒になって盛り上がれる振り付けで、興奮の180分間の火ぶたを落とす。そこからは10曲目の「トゥルーエンド プレイヤー」まで、ノンストップで人気曲をメドレー。全くキレが衰えることのないパフォーマンスに、アイカレの底無しのパワーが感じられた。加入から約半年が経った前述の3人も、先輩メンバーと全く見劣りしないパフォーマンスを披露。ファンにふりまく全開の笑顔から、彼女たちが積み重ねてきた努力の跡がのぞいた。



怒涛のスタートダッシュに続いてはユニット曲コーナー。大人メンバーは白いワイシャツ姿でクールに、年下メンバーは制服でかわいく、それぞれの曲のイメージをしっかりと演出する。「雨のち晴れ」での傘を使った演出はすっかりライブでもおなじみ。その傘に隠れるようにして現れた加入から日が浅いフレッシュなメンバーたちは、パワフルに「ミライケシキ」を歌い上げた。



「Myself」からは黒いロック調の衣装に模様替え。後半に突入したセットリストはしっとりとしたバラードも加わり始め、いよいよ180分のライブの大団円が見えてくる。20曲目の「僕のシャッターチャンス」からは全メンバーが登場。タイトルに因み、会場へ駆けつけたクラスメイトとともにステージから集合写真を撮影した。そして、最後の曲は彼女たちの代表曲の一つである「YOZORA」。全23曲、一足早い夏を原宿のど真ん中に作り出し、興奮はいったん幕を閉じた。



アンコールではいよいよ予告されていた重大発表が解禁される。まずは新メンバーとして岡崎いちごさんがこの日から加入することが発表された。



「アイカレで"いちご"と言えば、名曲「いちごパフェ」。加入予告時に石塚汐花さんが歌った通り、「きっとイチゴありで!」と言われるような、グループの看板メンバーになりそうだ。そして、岡崎いちごさんを加えて披露したのが新曲「ONE DREAM〜夢という旗のもと〜」。



「いつも応援してくれるクラスメイトさんがいるから今日も私たちがここにいられる、そんな私たちとクラスメイトさんを繋ぐ絆の曲になっています」(冨田樹梨亜)という予告通り、明るいメロディーに載せた前向きな歌詞が勇気を与えてくれそうな一曲だ。アイカレとして初のパフォーマンスを披露した岡崎いちごさんは「アイドルカレッジさんで踊らせていただくのは初めてですごくすごく緊張したんですけど、とても優しくて盛り上がってくれて本当に楽しかったです」と中2とは思えないしっかりとしたコメント。



これには南千紗登さんから「きっさ(=齋藤綺咲)よりもしっかりしている」と、思わぬ人との比較で称賛の声が飛んだ。



さらに第三のサプライズとして、ゲーム「超次元タッグ ブラン+ネプチューヌvsゾンビ軍団」のOPテーマ・EDテーマを共に務めることも発表。ただ、EDテーマはIチームとCチームに分かれた対決での勝者が務めることがこちらはメンバーも知らないサプライズとして発表され、このライブ中に一つ目の対決としてじゃんけん勝負が行われた。Iチーム・今野穂乃花さんとCチーム・戸沢舞さんの対決の結果は今野穂乃花さんが勝利。今後行われる「クリック対決」と「Twitter対決」でCチームは巻き返しを図る形となった。



最後は南千紗登さんが「今日みたいにワンマンライブができるのも、立て続けに新曲が頂けるのも応援してくださる皆さんのおかげです。今までよりも一歩早く、前進していきたいと思います」と口上を述べ、ライブを締めくくったアイドルカレッジ。新メンバー、新曲、大型タイアップという強力な三本の矢を得て、アイドルシーンに常夏女子の存在感を高めていく勢いだ。





●セットリスト

M1 #常夏女子希望!!!

M2 ラブ/ライク

M3 いちごパフェ

M4 制服恋物語

M5 チェリーガール

M6 少女卒業

M7 I can〜初期衝動〜

M8 ぬうべるばぁぐ

M9 流星群〜meteor stream〜

M10 トゥルーエンド プレイヤー

M11 DESTINY

M12 エビデイエビナイ

M13 KISS MY BABY

M14 雨のち晴れ

M15 ミライケシキ

M16 Myself

M17 光の中へ

M18 僕は泣かない

M19 ハルモニア(ROCK ver)

M20 僕のシャッターチャンス

M21 NGワード〜キミガスキ〜

M22 あの子が、髪を、切らない理由。

M23 YOZORA

EC1 ONE DREAM〜夢という旗のもと〜

EC2 ONE FOR ALL



写真提供:(C)Stand-Up! Records



■関連ニュース


アイドルカレッジ初噴水広場!!夏に向けて『#常夏女子希望!!!』を披露! (2015年05月17日)

[ ガールズニュース:2015年05月27日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。