本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > Kiss Bee 3期生が新ユニット「Kiss Bee ZERO」としてデビューが決定! 鷹野日南の電撃移籍も発表!


芸能ニュース [Kiss Bee 3期生が新ユニット「Kiss Bee ZERO」としてデビューが決定! 鷹野日南の電撃移籍も発表!]

Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より

Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より

  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より
  • Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜より

7月4日、渋谷グランデにて「Kiss Bee ワンマンライブ番外編 Vol.2.5 〜Miku Final Dance〜」が行われた。



このライブでKiss Bee1期生、朝日奈美空は学業専念の為活動休止となる。活動前ラストステージを一目見ようと会場には男性ファンから女性ファン様々な埋め尽くされた。



オープニングの映像が流れると一人、また一人とステージに現れるメンバー。カウントから『カラフルmelody』でライブをスタートさせると、観客からも大きな声援が起こる。そのままカバー曲『世界一HAPPYな女の子』を披露すると入れ替わりで可愛らしい衣装の3期生が『泥だらけの花』などを歌う。



自己紹介も早々にステージに呼び込まれたのは現在行われている3.5期生オーディションの途中通過者。大阪からの応募、そして電撃ネットワーク風に口の中でクラッカーを鳴らす驚きのパフォーマンスを見せる者など様々な顔を見せると8月9日の合格発表を待つ。



そのまま『ママのお人形』で再びライブへ。『花火の音』までを終えると、ここで重大発表との映像が流される。映し出されたのは3期生のシングル発売と3期生だけの新ユニット「Kiss Bee ZERO」の発足。驚きの表情を見せる3期生だが、谷藤海咲、石井美音奈は実は事前に「Sun-Ki Say!」という嘘ユニット名を知らされていたとの事。



あからさまにダサい名前を伝えられた二人の反応を見ようと計画されたドッキリだが、その映像が映し出されると頭を抱える二人。嘘ユニット名を感想を聞かれた谷藤海咲は一瞬「ダ…」まで出かかる言葉を止め、石井美音奈は3期生ユニットという気心知れたメンバーで安心したと伝える。



しかし、次の曲へという所で、もう一つの映像が流される。そこにはなんと、リーダー鷹野日南の「Kiss Bee ZERO」への移籍の言葉が。戸惑いを隠せない本人とメンバー。鷹野日南は「理由があると思うから。」と溢れる涙を抑え話す。



そのままに『恋便り』へと進むと歌い始めのソロパートでは一瞬声が出せない鷹野日南だったが、次第に気丈な表情になりまっすぐ前を向く。事態を掴み切れずただただ泣きじゃくるメンバー。ただただ曲を重ねるような呆然とした時間が過ぎると、やがて今回のイベントの大切な時間へ。



朝日奈美空の活動休止にこれまでを振り返る映像から、それに続きメンバー代表3人がそれぞれ手紙を読み上げる。



2期生代表、太田和さくらは最初はぎこちなくて距離があった1期生であったが、朝比奈美空と話す機会が増えると次第にその距離は縮まっていった事を話す。「もっと一緒にいたい。」と感情が溢れ「大好きです。」で結ぶと抱き合う。



3期生代表、龍谷瀬菜は元々1期生であった過去から、第一印象で大人しそうだと思った朝比奈美空が実は明るいキャラであったと知ったのを思い出し笑う。復帰時に仲良くできるか不安であった龍谷瀬菜は「おめでとう。」祝福され安心した事を伝えた。



1期生椿明来は共に1期生として入った朝日奈美空との思い出の深さからか最初から号泣。言葉にならないままに読み進めると、共に活動出来た事を「これって運命だよね?」と可愛らしく言い、笑いの起こる会場。空気が和らぐとそのままKiss Beeを大きくして朝日奈美空が戻って来た時、胸を張っていられるようにと約束する。



最後はリーダー鷹野日南。同じ初期メンバーのライバルとして絶対に負けたくはなかった当時の心境から話し始める。そんな所から、次第に学業の忙しさからライブに参加出来なくなっていく朝日奈美空。さみしさは感じていたが、復帰後はまたライバルとして戦える事を楽しみにしていると伝えると「大好きー!」と一際大きな声で抱きしめるた。



そして朝日奈美空は「早かったような…でもいっぱい経験をさせていただいて幸せだなって思います。」と最後の挨拶を涙で言葉を詰まらせながら言う。学業との両立が難しくなって欠席も増えた事に責任を感じ「神様は辞めろって言ってるのかな?」と自問していた事を告白。後輩が自分を追い越していくように感じて自主練習を重ねていた事や、Kiss Bee自体がこんなに大きくなった事を一つ一つ噛み締めると、最後は明るい曲でと『純白のストライド』へ。



ファン有志により配られた黄色いサイリウムの海の中、ラスト『卒業の空』を歌い終わると朝日奈美空は煌々と輝くサイリウムを見て「バナナみたい。」と笑い「本当にみなさんありがとうございました。」と深く頭を下げる。



最後には全員で挨拶し、またここから新しいKiss Beeへと一歩ずつ進んでゆく事を誓った。








■Kiss Bee OFFICIAL SITE



<セットリスト>

01.カラフルmelody

02.世界一HAPPYな女の子

03.なう。

04.泥だらけの花

05.ママのお人形

06.Chocolate kiss

07.花火の音

08.恋便り

09.道しるべは青

10.チャイムはLOVE SONG

11.純白のストライド

12.卒業の空



記事:南部仁志

撮影:曽我美芽


■関連ニュース


原宿発アイドルユニット・神宿が新衣装をお披露目!東京アイドル劇場、6月14日レポート (2015年06月23日)

[ ガールズニュース:2015年07月07日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。