本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【TIF】ミスiDステージ 思った通りヤバかった!水着ギャルも根暗美少女もみんなステージで!


芸能ニュース [【TIF】ミスiDステージ 思った通りヤバかった!水着ギャルも根暗美少女もみんなステージで!]

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより

  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 ミスiD SPECIAL STAGEより

8月1日、2日、東京・お台場で日本最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」が開催された。



2日目のHOT STAGEに用意されたのは「ミスiD SPECIAL STAGE」。



2013年より毎年行われている女性アイドルオーディションの歴代ファイナリスト達が登場し、楽しく可愛くそしてカオスに会場を盛り上げた。



ステージのスタートはポテト少年団菊地智義が登場し、足早にミスiDについての説明。



今回、参加は無いが初代GP玉城ティナの名前など出しつつ、さっそく動画サイトにてMVの再生回数が500万回再生を超える注目の大型新人「LADYBABY」を呼び込む。



金子理江、黒宮れいとヒゲマッチョな女装パフォーマーレディビアードがその曲『ニッポン饅頭』をカラフルに披露すると、最初はあっけに取られていた者も次第に身を乗り出す。



圧倒的なレディビアードの咆哮と女の子の可愛い声が響き渡ると、バニラビーンズレナも司会に登場し、ここからはTOKYO IDOL FESTIVALに参加中のアイドルも含めたミスiDファイナリストの所属するアイドルユニットライブメドレー。



「ジュネス☆プリンセス」が元気よく駆け回ると、「chelmico」はゆるやかにラップする。



「Maison book girl」の透明な世界観に夏の光線が透け、「プティパ -petit pas!」は嬉しそうにステージを駆け回る。



そして、煽りに合わせ会場が合唱する盛り上がりの中、「みきちゅ」は突然、10月24日(土) club asiaワンマンライブを以て活動を休止することを発表。



虚をつかれた会場の空気の中、司会の二人は進行を進める。



現れた2014GP蒼波純とゲストの吉田凛音は、ドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』の企画の一つとして期間限定ユニット「ずんね from JC-WC」を結成することを発表。



プロデューサーには二人と親交の深い大森靖子を向かえ、楽曲『14才のおしえて』を作詞・大森靖子、作曲・編曲にMaison book girlのプロデューサー・サクライケンタにて制作中とのこと。8月29日有料配信も予定されており音楽、歌声など全てにおいて注目となりそうだ。



発表が終わった後は、2015年5月22日にこの世を去った丸山夏鈴を偲ぶスペシャルステージ。この日、8月2日は彼女の22歳の誕生日ということでもありオリジナル曲『Eternal Summer』をミスiDの面々で歌う。モニターに映る丸山夏鈴に向かってメンバーがケチャを送るなど明るく、最後はハッピーバースデイの歌で「夏鈴ちゃーん!」とお祝いした。



そして入れ替わるように蒼波純の朗読で始まる『カラフループ'15』へ。木村仁美が美しいバレエを披露するオープニングから、ミスiDの面々が次々と登場する。



木下綾菜、京佳、寺嶋由芙が歌い、パーティーサングラスの大場はるか、レイチェルのラップ。水着のメンバーも登場すると、ミスiD最強キャラの一人、水野しずも水着で熱くセリフ。うつむき勝ちにたまにフリを合わせる来夢の姿との落差もミスiD。



中村インディア、ゲスト玉井杏奈での華麗な舞踊も披露されると、続き蒼波純、水野しず、寺嶋由芙が歌う。水野しずの硬いボーカルが強烈に脳に残り、やがて全員がステージに。



ステージも客席もよく分からない興奮に巻き込まれていると、ふいに時が止まったように音楽がおさまる。メンバーの動きが止まり、その中心からミスiDの天使とも言える蒼波純歩み出て、朗読が再び。全員が優しくその姿を見つめ、やがて潮が引くようにメンバーもステージを降りる。



しかし、それで終わらないミスiDステージ。ラストはVampilliaが登場。金子理江、中島春陽が出演する「いいにおいのする映画」の世界観を展開する。



白煙が立ち、客席に脚立を立て咆哮を上げるVampillia・possession mongoloid。圧倒される空気の中、Vampillia・micci the mistakeが「SIAM SHADEのパフォーマンスします!」と突然『1/3の純情な感情』のイントロが流れ始める。



「壊れるほ」までで曲が切られると、このステージのエンディングとなった。








出演メンバー



ミスiD 2013:

大場はるか(drop)、木下綾菜(さんみゅ〜)、西田藍、小鳥遊しほ、小池花瑠奈



ミスiD 2014:

蒼波純、寺嶋由芙、稲村亜美、レイチェル、マチルダ、中村インディア、小野口真央、小野紗也香、木村仁美、京佳(夢みるアドレセンス)、新垣こづ枝、こうやもゆ



ミスiD 2015:

金子理江、水野しず、黒宮れい、篠崎こころ、山田愛奈、来夢、ファンタジスタさくらだ、深海誉、新井希美、天川宇宙、甘夏ゆず(バンドじゃないもん!)、伊藤麻希(LinQ)、楠みゆう、筒井のどか、中島春陽、堀越千史、丸山莉南、みきちゅ、桃香、雛形羽衣、工藤えりな、ヲガワササノ、真奈、ぱいぱいでか美



ゲスト:

玉井杏奈(PASSPO☆)、吉田凛音



MC:

菊地智義(ポテト少年団)、レナ(バニラビーンズ)



ソロステージ:

Vampillia、ジュネス☆プリンセス、chelmico、プティパ -petit pas!、Maison book girl、みきちゅ、LADYBABY



スペシャル:丸山夏鈴ステージ



記事:南部仁志


■関連ニュース


玉城ティナ 10月27日発売のファッション雑誌「spoon.12月号」で初の表紙 (2012年10月27日)
ミスid2013 日本のアイドル史を変えるプロジェクトがスタート! (2012年07月22日)
【TIF】drop 炎天下にも負けない全力ステージ! (2015年08月04日)
【TIF】さんみゅ〜 新曲は大先輩ベッキーとのコラボで新たな可能性を開拓! (2015年08月05日)

[ ガールズニュース:2015年08月07日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。