本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > ベイビーレイズJAPAN ザ・チャレンジとツーマンでコラボも


芸能ニュース [ベイビーレイズJAPAN ザ・チャレンジとツーマンでコラボも]

ベイビーレイズJAPANとザ・チャレンジ

ベイビーレイズJAPANとザ・チャレンジ

  • ベイビーレイズJAPAN
  • ベイビーレイズJAPANとザ・チャレンジ

「@JAM」と音楽ナタリーによるライブイベント「ROCK UP!!! vol.01」の第2戦が8月3日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて開催。ホストを務めるベイビーレイズJAPANがザ・チャレンジとアツい対バンライブを繰り広げた。



第1戦でWiennersと激しいライブを行い勢いづいたベビレは、第2戦でザ・チャレンジと激突。アイドルとの対バンは初めてというザチャレに対して彼女たちは、激しくアツいロックナンバーから楽しく明るいロックナンバーまでバリエーション豊かなセットリストでオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。



先攻のベイビーレイズJAPANは、1曲目にTOTALFATのKubotyとShunが提供した定番のナンバー「ベイビーアンビシャス!」をチョイスし、会場に火をつけると、その後のMCで大矢梨華子が「『ROCK UP!!!』第2戦、始まりました! 客チャレ(ザ・チャレンジファン)も虎ガー(ベイビーレイズJAPANファン)も今日は楽しんでいきましょう!」と呼びかけると会場は大盛り上がり。



ライブ中盤では、この日が誕生日の沢田チャレンジを祝うためにベイビーレイズJAPANメンバーがサプライズで、SABOTENが提供したアッパーなバースデーソングの「ハピバでソング!」をサングラスをかけながら歌唱。さらに林愛夏は歌の途中で沢田チャレンジをステージに上げて「ハッピーバースデー!?おめでとうございます!」と祝福した。沢田チャレンジは「ありがとうございます!袖にいたら金髪の人が迎えに来たからびっくりした(笑)」と感謝の言葉を述べた。沢田チャレンジはそのままステージに残り、ニューロティカが提供した体操ロック「世界はチャチャチャ!」を歌い上げ、全員で赤白帽をかぶってのお決まりのコミカルなダンスを披露した。



沢田チャレンジとのコラボレーションを成功させた5人はその後もさらに熱気あふれるライブを展開。8月19日にシングルリリースされる、渡會将士(FoZZtone)が提供した「Pretty Little?Baby」や、大西俊也(IVORY7 CHORD)提供のカップリング曲「Pondering」、玉屋2060%(Wienners)提供の「虎虎タイガー!!」、デビュー曲の「ベイビーレイズ」などを畳み掛けていく。そしてラストにはベイビーレイズJAPANのキラーチューン「夜明けBrand New Days」を熱唱。会場全体をエモーショナルの渦へと誘いライブを終えた。



後攻のザ・チャレンジは「『スター・ウォーズ』のテーマ」に乗せて登場。沢田チャレンジは「『ROCK UP!!!』にようこそ! アイドルとロックの最高のライブが始まるぜ! 虎ガーのみんなもお客チャレンジも楽しもうぜ!」と叫び、「僕はアイドル」からライブをスタートさせた。



MCで沢田チャレンジは「2曲目にして声が枯れ始めたぜ。ベビレはすごい体力だよね。お兄さんたちも負けてらんないよ。僕らはアイドルと対バンするのは今回が初めてなんです。それはなぜかというとアイドルのファンが怖いからなんだよ(笑)。だけど虎ガーさんはちょっと違うんじゃないかって思って。今までお断りしてきたオファーを受けさせてもらいました」と今回の対バンを行うに至った経緯を語り始める。さらに沢田チャレンジはベビレのことを勉強するためにDVDや課金制のネット番組を利用して予習したことを明かし、虎ガーの心をガッチリとつかんだ。



ライブ中盤に彼らは8月26日にリリースされるメジャー1stシングル「すっぽんぽん」を投下。そのまま「マイガール」「サマーライダー」を連続で歌い上げた沢田チャレンジはステージで転んでしまい「すみません、誰か救急車を呼んでいただけますか……」と息も絶え絶えの様子を見せる。最後の力を振り絞りながら、「今日は楽しい時間をありがとう! 虎ガーのみんなも今日楽しいって思ってくれたらたまに俺たちのことを思い出してくれ。そして客チャレのみんなもベビレちゃんのライブにぜひ行ってほしい。今日は本当にありがとうございました!」と感謝の言葉を述べ、ラストナンバー「恋をしようよ」でフロアを盛大に盛り上げた。



アンコールではザチャレとベビレの2組が登場。高見に今年の抱負を聞かれた沢田は「来年まで生き延びる」と述べ会場からの笑いを誘う。そして沢田は「まだまだ『ROCK UP!!!』したいですか! 虎ガー盛り上がってますか! 客チャレ盛り上がってますか! アイドルとロックバンドは好きですか!」と煽り、最後は全員で「お願いミュージック」を熱唱。両者でフロアを大いに盛り上げてこの日のライブを締めくくった。



なおベイビーレイズJAPANは8月12日に同会場にて「ROCK UP!!!」最終戦としてシナリオアートと対バンライブを繰り広げる。



さらに、ベイビーレイズJAPANは9月12日、13日にZeppDiverCityにて単独ライブを行うことが決定しており、両日ともに”ロックなゲスト”が登場することも予告されているほか、既に告知されている「AUTUMN TOUR 2015-IDOROCK REVOLUTION-」でも全国各地でロックバンドとのツーマンも予告されている。今後のベイビーレイズJAPANの「IDOROCK」の追求に注目だ。



情報提供:(C)レプロエンタテインメント



■関連ニュース


ベイビーレイズJAPAN Wiennersとのツーマンで”IDOROCK”追求 (2015年08月07日)

[ ガールズニュース:2015年08月13日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。