本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 西内まりや 大絶賛の嵐で話題のドラマ主題歌MV公開!


芸能ニュース [西内まりや 大絶賛の嵐で話題のドラマ主題歌MV公開!]

西内まりや 4th Single「Save me」通常盤【CD ONLY】ジャケ写

西内まりや 4th Single「Save me」通常盤【CD ONLY】ジャケ写

  • 西内まりや 4th Single「Save me」通常盤【CD+DVD】ジャケ写
  • 西内まりや 4th Single「Save me」初回生産限定盤【CD+DVD+ ミニフォトブック】ジャケ写
  • 西内まりや アー写

TBS系火曜ドラマ「ホテルコンシェルジュ」で主演も務めた歌手・女優・モデルとして多方面で活躍している西内まりやが、10月28日に発売する半年ぶりとなるニューシングル「Save me」のMUSIC VIDEOが公開された。



同楽曲は10月11日より放送がスタートした日本テレビ系日曜ドラマ「エンジェル・ハート」(毎週日曜よる10:30放送/初回は10:00より放送)の主題歌として起用されており、人気漫画の実写化ドラマとして、そのキャスティングに期待の声も多く上がっていたが、放送後は「面白かった!」「半端ない再現率」「漫画とダブって見えた」など絶賛の声が多く挙がった。



本作は週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画「シティーハンター」をもとに、新たなパラレルワールドが描かれた作品の実写化。



主題歌の「Save me」に対しても、ドラマ放送後、Twitter上では「ドラマの雰囲気に合ってた」「カッコイイドラマにカッコイイ主題歌」「主題歌相当いい!泣けてくる」など高評価が集まった。



書き下ろしのドラマ主題歌を担当するのは西内にとって初であり、さらに今回、西内は“人間愛” というドラマのテーマを元に書き下ろしにも挑戦した。曲調はピアノの旋律が美しく、切なく、力強く、歌い上げるミディアムバラードとなっている。



歌詞の中にドラマのタイトルである「Angel heart(エンジェル・ハート)」の一文を入れ込むなど楽曲制作に対する高いこだわりを見せた。人気歌詞サイト「歌ネット」の注目度ランキングで堂々の1位も獲得した。



MV撮影のロケーションやセットや照明は、無数の羽が舞い散る中での撮影、緑広がる青空の下での撮影、優しくキャンドルが灯る星空の下での撮影など、キレイで美しい非日常感を取り入れ、曲と詞の持つ世界観を邪魔しないようにされている。



MV前半では切なく儚い表情で歌い上げ、MV後半では優しく温かい表情で歌い上げる西内にも注目だ。



これまで西内が発表してきた楽曲の世界観とは違い、心の隙や心の奥底に焦点が当たっている楽曲のため、誰もが持っている孤独や、寂しさなどに寄り添える映像作品となっている。



【西内まりや MVについてコメント】

歌詞の世界観と映像の世界観のバランスが新しい作品だと思います。羽もたくさん使用して撮影したのですごく綺麗な映像になっていると思います。あとは空と緑とキャンドルと、とても美しい、私の大好きな物ばっかりだったので、ファッションも色んな洋服にも着替えているのでそこもチェックしてください



西内がCDを発売するのは、オリコンウィークリーランキングTOP10入りを果たし、現在、15万ダウンロードを超えるロングヒット中の、自身初の作詞・作曲楽曲3rdシングル「ありがとうForever...」(5月6日発売)以来、約半年ぶりとなる。



前作「ありがとうForever...」が、「有線ランキングJ-POP部門月間お問合せランキング」で1位を獲得し、AM全国総合ラジオチャートでも1位を獲得するなど楽曲の問合せやリクエストが殺到し、長年Seventeenのトップモデルを務めるほどの可愛らしいルックスの評価が先行されがちであった西内の、高い歌唱力や音楽性に注目が集まっているだけに、今作も注目が集まることは間違いないだろう。



昨年、念願の歌手デビューを果たし、レコード大賞最優秀新人賞、日本有線大賞新人賞を獲得した西内の今後の歌手活動に大いに期待したい。



http://youtu.be/Fn79HvpcCnE



情報提供:(C)avex



■関連ニュース


西内まりや 地元福岡のマラソン大会を盛り上げる! (2015年10月07日)

[ ガールズニュース:2015年10月14日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。