本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 総勢16組のアイドルが「歌い!」「舞い!」「飛び跳ねる!!」次世代アイドルを集めたイベント「ミナミアイドルフェスティバル11.22」大盛況!!


芸能ニュース [総勢16組のアイドルが「歌い!」「舞い!」「飛び跳ねる!!」次世代アイドルを集めたイベント「ミナミアイドルフェスティバル11.22」大盛況!!]

ミナミアイドルフェスティバル11.22より

ミナミアイドルフェスティバル11.22より

  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より
  • ミナミアイドルフェスティバル11.22より

次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル11.22」が大阪ミナミのなんばグランド花月下にある劇場「YES THEATER」にて行われました。



今回も関西だけじゃなく、各所から「次に来る!」アイドルが参戦したミナミアイドルフェスティバル。



このイベントの定番「ニコ生放送、口パクライブ」も、もちろん開催!ロビーにて「ニコ生&口パクライブをMC「つぼみ」から「杉山優華さん」、「水森依音さん」を中心にスタート!オープンの前のロビーにもかかわらず、各アイドルのパフォーマンスで早くもヒートアップ!ニコ生も大盛況のうちに終わりました。



そして、14:00から総勢16組、約6時間に及ぶライブイベントがスタート。トップバッター「Rose&Rosary」は、ミナミアイドルフェスティバル初のバンド編成!ハード&エッジなギター、うねるベースの中、美しい歌声を披露し、しょっぱなから会場をあげあげ状態に!!2番手の「アンドクレイジー」は、前回に引き続きの登場。12月にはCDのリリースも控え、観客を巻き込む素晴らしいステージを披露。3番手は「煌めき☆アンフォレット」。初の大阪ライブにも関わらず、他のアイドルに引けを取らないステージを展開!4番手の「閑歳絵里菜」は14歳のソロアイドル。しかし!堂々としたステージング!!5番手は「あい☆かちゅ」。ユニット名どおりの「ラブリー」なパフォーマンスが印象的!!6番手は「おやゆびプリンセス」。激しいダンスが印象的な石川のアイドル!7番手の「CANDY GO!GO!」はM.I.F初登場!来年メジャーデビューということもあり、大迫力のステージ!!を展開。8番手の「GINGANEKO」は“ネコ耳”のかわいいユニット!衣装も印象的でかわいかった!9番手の「〜アイドル歌劇団〜インフローレ女学院」は若さあふれるステージを披露!10番手の「メリアブーケ」は、メンバーの体調不良により“高橋ありさ”一人での参戦。しかし!白の印象的な衣装が美しく、会場を歌声とともに魅了してました!11番手「ポンバシwktkメイツ」。常連組の登場にYESTHEATERもヒートアップ!!貫禄のステージを繰り広げました。12番手は「まりえ(34)」は大人の色気(!?)チャイナ服で登場!1曲目の「パジャマクエスト」の24bit的音楽アプローチにびっくり!!13番手の「ミライスカート」は京都の「ハンナリ感」を醸し出しながらも、会場を総立ちにさせました!14番手の「Flying Mermaid」はミライスカートとは相対的に「キレキレ」のダンスを披露。15番手の「TAKENOYAMA24」はアイドルの王道POPを聞かせてくれました。そして、大トリはよしもと発 めっちゃおもしろいアイドル「つぼみ」。しかし、面白いだけでなく、ダンス、歌唱力ともに抜群で最後に会場を一体化させ、イベントを締めてくれました。



約6時間、出演総数16組で行われた関西から全国に発信していく次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル」。多くの方々と、たくさんのアイドルと共にミナミの街を盛り上げました。



情報提供:(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー



[ ガールズニュース:2015年11月25日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。