本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 『おそ松さん』オープニング主題歌でブレイク A応Pが単独ライブ 1stアルバム発売も発表


芸能ニュース [『おそ松さん』オープニング主題歌でブレイク A応Pが単独ライブ 1stアルバム発売も発表]

A応P

A応P

  • A応P
  • A応P
  • A応P
  • A応P『全力バタンキュー』

6人組ガールズユニット・A応Pが21日、東京・新宿BLAZEにて自身最大規模の単独ライブ『「A応PなないろプロジェクトLIVE」〜ここから始めて、 地球あちこちワンダホー!〜』を開催した。 彼女らに与えられたミッションだった"動員777人"を見事達成し、ご褒美としてファーストアルバム制作が発表されたほか、初の大阪公演、4月から始まる新アニメのエンディングテーマを歌うことも発表され、メンバー、ファンとも大喜びした。



A応Pは2012年に"アニメ好き女子"が集まって、 アニメを応援するプロジェクトとして結成。 ロングセラー中の、 人気アニメ『おそ松さん』第1クールオープニング『はなまるぴっぴはよいこだけ』に続く、 同番組第2クールOPテーマ『全力バタンキュー』がオリコン週間 CDシングルランキング初登場2位となり一気にブレイクした。



A応Pは、 昨年8月に次への飛躍のために、 今回の新宿BLAZEライブに向け、“A応Pなないろプロジェクト”として、 この日の単独ライブで777人の観客に来てもらうことを目標とした。 さらに、“イベントを77回開催する”“公式Twitterのフォロワー数を7,777人に増やす”など“7”にまつわるさまざまななミッションを自らに課していた。



この日のライブは定番曲『MISSION→』からスタート。 会場の熱気に応えるようにオリジナル曲、 アニソンカバーと次々に歌っていく。 前半のヤマ場は最新シングルの『全力バタンキュー』。 デビュー時から応援しているファン、 アニメ『おそ松さん』で知った新しいファンが渾然一体となって、 曲中の"シェー"ポーズを決め最高潮の盛り上がりを見せる。



ステージ後半、『おそ松さん』第1クールオープニングの『はなまるぴっぴはよいこだけ』を歌い終えると、 “A応Pなないろプロジェクト”の最大のミッションである『A応PなないろプロジェクトLIVE』来場者数777人超えの成果の発表コーナーに。 全員が注目するなか、 モニターには“達成”の文字が誇らしげに映し出される。 この瞬間、 800人でギッシリと埋まった会場からも「オメデトー」の声が飛ぶ。



さらにミッション達成のご褒美としてファースト・アルバムの制作も発表され、 泣き出すメンバーもいたほど。 「みなさんに恩返し出来るように頑張っていきます!」とファンに向かって感謝の気持ちをコメントし、 「私たち6人が歩んで来た、 ありのままの姿を歌います!」とラスト・ナンバー『アリノママ MY WAY』を歌って本編終了。



アンコールでは、4月9日の初の大阪公演が発表され、 さらに4月から始まるアニメ『12歳。 〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』のエンディングテーマを歌うことも明らかにされた。



広瀬ゆうきさんが「ここから先、 みんなと一緒にいい景色見ようね!」と話すと会場から『武道館っ!』と声がかかり、 広瀬さんも思わず武道館宣言。 これを受け、 リーダーの荻野沙織さんも「もっともっと広い大きなところにみんなを連れて行きます!着いて来て下さいね!」と叫び、 デビュー曲の『Never Say Never』を歌った。



アンコールのステージが終わっても、 会場内の熱い「エ〜・オ〜・ピ〜」コールが一向に鳴り止まず、 再々登場。 メンバー希望でWアンコールに。 最新曲の『全力バタンキュー』とデビューシングルのカップリング曲『アリノママ MY WAY』をもう1回ずつ歌って客席に深々とお辞儀。 「めっちゃ楽しかった!帰りたくないよ〜!」と全21曲、 2時間20分にも及ぶ全力のパフォーマンスを終え、 後ろ髪を引かれるかのようにステージを降りた。



■関連ニュース


A応P、『おそ松さん』OP主題歌『全力バタンキュー』がオリコン週間ランキング2位に (2016年02月16日)
A応Pの「おそ松さん」主題歌がデイリーチャート9位を記録! (2015年11月20日)

[ ガールズニュース:2016年02月23日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。