本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 二階堂ふみ「もっと本気で来て!」 ドSになりきれなかった山ア賢人にハッパ


芸能ニュース [二階堂ふみ「もっと本気で来て!」 ドSになりきれなかった山ア賢人にハッパ]

『オオカミ少女と黒王子』大ヒット記念舞台挨拶より。

『オオカミ少女と黒王子』大ヒット記念舞台挨拶より。

二階堂ふみ&山ア賢人W主演の映画『オオカミ少女と黒王子』が先月28日に公開。全国286スクリーンでの公開で、8日(水)までの13日間で55万人動員、興収6億5500万円を突破している。この大ヒットを記念して9日、都内にて、二階堂さん・山アさん登壇の舞台挨拶が行われた。



映画の本編終了後、作品の余韻に浸った観客が集まる会場に、二階堂さんと山アさんが客席からサプライイズで登場。黄色い歓声が沸き上がった。



本作でドSな黒王子・恭也を演じた山アさんだが、この日の衣装は白を基調としたスーツ姿。「黒いイメージばかりなので、今日は白いイメージで。良いイメージでイメージアップです(笑)」と、笑いを誘った。



初めて普通の女子高生役を演じ、チャレンジとなった本作の大ヒットについて、二階堂さんは「嬉しいです。話をいただいてから温めていた作品でもあるので、特別な作品になりました」とニッコリ。続けて、「普通の高校生役で嬉しかったです。観ていただく方にエリカが身近な存在になるといいなと思って演じていたので嬉しいです」と喜びを明かした。



一方、山アさんは「僕にとってもチャレンジな役でした。ふみちゃんとも6年ぶりに共演できて良い時間を過ごせました。廣木監督のもと楽しくやっていた作品がこうして大ヒットしているのは嬉しいです」と、しみじみと大ヒットの喜びを明かした。自身が演じたドSな役柄については、「自分はドSな部分はあまりないです、お芝居だから楽しんでやれたんで(笑)。かっこいいセリフとか色々なことを恭也からもらいました」と語った。



撮影の現場では山アさんは「クランクインの時に僕がまだドSになりきれてなくて、遠慮していた時に、ふみちゃんがもっと本気で来てって言ってくれて吹っ切れました。現場で話しながら作品を作っていけたことが良かった」と明かし、二階堂さんは「遠慮なく一緒に作り上げていけたらと思っていました」と、ふたりの仲の良さと役者としての情熱を窺えた。



本作の撮影は福岡や神戸などさまざまな場所で行い、二人は「福岡は屋台がおいしかった」と口をそろえてコメント。印象に残ったシーンについてMCに問われると、「最後の神戸で撮った南京町で撮ったシーン。すごく寒くて大変でした」と二階堂さん。山アさんは「神戸で走るシーン。最後にエリカのことを思って走るので。400メートルくらいあって大変でした」と思い思いに振り返りった。



今日が映画のキャンペーンが最後ということでお互いに感謝の気持ちを述べる一幕も。二階堂さんが「ありがとうございました。本当にその言葉につきるというか、現場でエリカを作っていくうえでも山アくんがいなくちゃ出来なかったことがたくさんありますし、宣伝もいつも楽しませていただいて。6年ぶりに会って刺激になりました」と話すと、山アさんは「嬉しいですね。デビュー以来6年ぶりで、僕がスタートした時に出会って、違うジャンルのものをやってきて、この作品で出会っていろんなことを教えてもらいましたし、空き時間も楽しかったので、本当にありがとうちう気持ちです」と、それぞれの思いを語った。



最後に、劇中で登場した“カップルが鍵をかけると永遠の愛が結ばれるという伝説がある、神戸のヴィーナステラス「愛の鍵モニュメント」を模したハートの南京錠が登場し、二階堂さんは「エリカのようにまっすぐ出会える人に皆様も出会えるように」、山アさんは「エリカと恭也のような幸せがみなさまに訪れますように」という二人の願いごとを書いた鍵を施錠し、大盛り上がりの中、幕をおろした。



最後に二階堂さんは、「これで終わりなんだ、と何度かみなさんにお会いする機会をいただけて、みなさんから元気や勇気をいただけてとても幸せでした。エリカと恭也のような素敵な出会いがありますように。この映画を愛してくれて本当にありがとうございました」と感謝の言葉を告げ、山アさんは「この映画の舞台挨拶は今日で最後です。このような場でしか言えないこともたくさんあり楽しかったです。自分の大切なことに気付いたときに走り出せるようなこの映画を思い出していただけたら。大切な何かをみつけてくださったら嬉しいです」と語りかけた。



『別冊マーガレット』(集英社)で連載されている、八田鮎子原作、既刊14巻、累計発行部数460万部突破の人気少女コミックを映画化した本作。街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをついたエリカ(二階堂)だが、その彼は同じ学校の佐田恭也(山崎)。事情を打ち明けると、「彼氏のフリをしてあげるよ」と優しすぎる言葉を投げかけてくれた恭也。理想の王子様!?と思った喜びもつかの間、「3回まわってお手からワン!だな」と突然ドS王子に豹変。彼氏のフリをする条件としてエリカに突きつけられたのは、”絶対服従”という前代未聞の条件が…。



映画『オオカミ少女と黒王子』は全国公開中。



■関連ニュース


二階堂ふみ「自分に対してドSなんです」 『オオカミ少女と黒王子』公開初日に意外なエピソード (2016年05月28日)

[ ガールズニュース:2016年06月11日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。