本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > のん、主演アニメ舞台挨拶で久々にイベント登場「普通に生きること、それだけで涙が溢れてくる…」


芸能ニュース [のん、主演アニメ舞台挨拶で久々にイベント登場「普通に生きること、それだけで涙が溢れてくる…」]

『この世界の片隅に』完成披露試写会より

『この世界の片隅に』完成披露試写会より

  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より
  • 『この世界の片隅に』完成披露試写会より

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで活躍、能年玲奈からの改名を発表した女優「のん」さんが、アニメーション映画『この世界の片隅に』(11/12全国公開)で主演。自身初のアニメ声優を務める。9日には本作の完成披露試写会が行われ、片渕須直監督、原作のこうの史代氏とともに登壇した。のんさんは「すばらしい作品に参加させていただけてすごくうれしいです」と喜びを表した。



本作は、第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、戦況が悪化していく世の中で、大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずを描いた作品。のんさんはすず役を演じて、「戦争というものは生活の中に隣り合わせで入ってくるものだと、それがすごく怖いと感じました。だからこそ普通の生活というものが素晴らしく、幸せに思える、そんな作品だなと思いました」としみじみと語った。



主人公のすずと自身を比べると、「ぼーっとしているところがあると言われるけど、だけど気の強いところ、パワフルなところは共感できます」と微笑む、のんさん。



収録中は監督に「なぜ、すずがこういふうに言うのかわからない」など頻繁に質問を繰り返していたそうで、のんさんは「しつこかったですよね? しつこすぎて大丈夫かなと思いました」と申し訳そうに話す。だが片渕監督は「すずを単純に演じるのではなく、すずを理解してもらって演じられて、それがこちらにも跳ね返って作品がよくなった」と感謝を表した。



また、原作のこうのさんは「のんさんの声で物語の中に明るさが入った。原作にはない素直さがあった。芯の強さを感じられました」と絶賛した。



最後に、のんさんは「普通の生活とか普通に生きるということ、それだけで涙がぽろぽろ溢れてくる、(そんなことを感じさせる)素敵な作品だと思います。ぜひご家族で観ていただければ大切なものを共感できるんじゃないかなと思います」とメッセージを送った。



本作は片渕須直監督が6年の歳月をかけ、戦中戦後の広島・呉の綿密なリサーチと時代考証を行い、こうの史代漫画の世界を色鮮やかに描き出す。完成した本予告では、呉にお嫁にきたすずが、軍港・呉に停留する戦艦大和や戦闘機などと隣り合わせに居ながらも、工夫を凝らして日々を楽しんで生活する姿が映し出されている。



『この世界の片隅に』は11月12日全国公開。



(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会



■関連ニュース


往年のアイドル水泳大会復活!「アイドルだらけの水泳大会2014」配信中!! (2014年07月01日)

[ ガールズニュース:2016年09月10日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。