本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > Ange☆Reve、ベボガ!、ミライスカート、むすびズムら登場「@JAM PARTY Vol.9」


芸能ニュース [Ange☆Reve、ベボガ!、ミライスカート、むすびズムら登場「@JAM PARTY Vol.9」]

@JAM PARTY Vol.9

@JAM PARTY Vol.9

  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9
  • @JAM PARTY Vol.9

今、注目のアイドルユニットが参加するライブイベント『@JAM PARTY Vol.10』が本日8日(日)に、AKIBAカルチャーズ劇場で開催。Cheeky Parade、ハコイリ☆ムスメ、PiiiiiiiN、MAPLEZ、カプ式会社ハイパーモチベーションの5組が出演する。それに先立ち、先月11日に同劇場で行われた『@JAM PARTY Vol.9』の模様をプレイバック。



Ange☆Reve、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)、ミライスカート、むすびズム、スマイル海賊団の5組が参加した、この日の公演。第2部のウエルカムアクトにスマイル海賊団が登場。『ココロのちず』『パイレーツ フォー スマイル』の2曲を披露し、その名をアピールした。



オープニングでは2016年でいちばん辛かったことを発表。デビューして4か月のスマイル海賊団は「もうすぐライブ100本になります。4か月で100本のライブをしたのでけっこう辛い時がありました。苦しいことも嬉しいこともありました」、むすびズムは「言える範囲の辛いことがなくて…(笑)」と濁すとミライスカートは「辛いことはあったと思いますが、楽しいことがいっぱいあったので忘れちゃいました!」と明るいコメント。ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)は「活動休止した時が辛かったのです。でも、メンバーが欠けることなくまた戻ってこれました」と語れば、Ange☆Reveは「シングルのヒット祈願でマラソン企画をしました。辛かったのですがいい経験になりました」と、それぞれ発表した。



第2部のトップバッターは「日本のカワイイと世界のみんなをむすぶ」がコンセプトのむすびズム。他のユニットとはひと味違う世界観で会場を魅了し、2016年にいちばん歌った『マエヲムケ!』では会場のコールが鳴り止まず、最後に『まほうのカギを手に入れたら』で締めた。



2番手はベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が登場。『エピソード2U』『かちとばせ!栄光のレインボー』を元気よく披露。2月7日発売予定の新曲『ドラマよりもドラマティック』をひと足早く発表、『勝利の女神』『この恋、弾丸ライナー』と繋いで盛り上げた。



続いて京都を中心に活動する4人組アイドルユニット・ミライスカートが登場。『メグリメグル』『ハンナリ☆スター』『COSMOsSPLASH』『ナモナイオト』と一気に歌いきり、「みなさんと過ごした1日が美しい1ページであるように」と願いを込めて『Beautiful Days』でステージを駆け抜けた。



この日のトリはAnge☆Reve。”みんなで楽しめる曲”をテーマに選曲したステージは『Stare』『リトルピ』『ココからイマジネーション』とパワフルなステージを展開。『堕天使の心モヨヲ』『colorful』で会場を盛り上げて@JAM PARTY Vol.9 第2部は終了した。



 



■関連ニュース


豊田市発のご当地アイドルユニット・Star☆TがZepp名古屋ワンマンに向けて好発進!東京アイドル劇場、5月31日レポート (2015年06月08日)
AKIBAカルチャーズ劇場7−9月平日定期公演ラインナップ発表 (2016年06月16日)
Ange☆Reve、3rdシングルDVDを10/19にリリース 新体制で臨むひたむきで前向きな新曲 (2016年07月26日)
アイドルも心機一転 ! 「@JAM NEXT」が「@JAM PARTY」としてリニューアル  (2016年04月12日)

[ ガールズニュース:2017年01月08日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。