本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 「坂道AKB」誕生 センターは欅坂46 平手友梨奈 珠理奈、咲良、齋藤飛鳥、堀未央奈…48&46グループ次代エースたちが集結


芸能ニュース [「坂道AKB」誕生 センターは欅坂46 平手友梨奈 珠理奈、咲良、齋藤飛鳥、堀未央奈…48&46グループ次代エースたちが集結]

『誰のことを一番 愛してる?』MV

『誰のことを一番 愛してる?』MV

  • SKE48 松井珠理奈
  • HKT48 宮脇咲良
  • 乃木坂 46 齋藤飛鳥
  • 乃木坂 46 堀 未央奈
  • 『誰のことを一番 愛してる?』MV
  • 『誰のことを一番 愛してる?』MV
  • 『誰のことを一番 愛してる?』MV
  • 『誰のことを一番 愛してる?』MV
  • 『誰のことを一番 愛してる?』MV

48グループ、46グループの垣根を超えたユニット「坂道AKB」の選抜メンバーが発表された。フロントを固めるのは SKE48 松井珠理奈、HKT48 宮脇咲良、乃木坂 46 齋藤飛鳥 & 堀 未央奈、そしてセンターは欅坂46の平手友梨奈。3月15日発売のAKB48 47thシングル『シュートサイン』Type E 収録のカップリング曲『誰のことを一番 愛してる?』を歌う。そして今回ミュージックビデオが公開。MVの撮影に臨んだ平手さんは「普段ではできない体験をさせていただきました。勉強になりましたし、すごく新鮮でした」と語っている。なおAKB48楽曲を48グループメンバー以外のアイドルが単独センターを務めることは史上初である。。



本楽曲は、48グループ、46グループの垣根を超えたユニット楽曲の第 5 弾となる(乃木坂 AKB『混ざり合うもの』、こじ坂46『風の螺旋』『傾斜する』、まゆ坂 46『ツインテールはもうしない』)。これまで乃木坂 46とのコラボはあったが、あらたに欅坂46を加えての18名ユニットとなる。



選抜メンバーは下記の通り。

AKB48:岡田奈々・小栗有以・小嶋真子・向井地美音/ SKE48:松井珠理奈/ HKT48:宮脇咲良

乃木坂46:伊藤万理華・北野日奈子・齋藤飛鳥・寺田蘭世・星野みなみ・堀 未央奈

欅坂46:今泉佑唯・菅井友香・平手友梨奈・渡辺梨加・渡邉理佐・長濱ねる



センターの平手さんは、松井珠理奈さん、宮脇咲良さんとの共演について、「今まではテレビで観る方々だったので、オーラがとっても凄かったです」と感激の様子。MVのおすすめシーンについては「ダンスシーンだと思います。振付の TAKAHIRO 先生が『幾何学的』とおっしゃっていたので、細かな部分やメロディーもだったり、複雑感をテーマにしたそうなので、ダンスに注目してほしいです」と語っている。



宮脇さんは撮影を終えて、「他のグループが集まる中で、目立たないと『負け』だと思って、今日は勝負に出ました」と闘志を見せ、「いろんなグループのファンのみなさんが見てくれると思うのですが、作り込んで感情を込めて表現をしたMVなので、絶対満足していただけると思います」と語った。



松井珠理奈さんは「メンバーを見たら、私がこの中で一番先輩でしたが、勢いだとか、フレッシュさみたいなものがすごく感じられて、それはグループの未来に繋がっている、と思いました」と語る。センターの平手さんについては「平手ちゃん、すごいですよ。だって15歳ですよね。私もグループに入ったころはずっと最年少だったので、昔の自分を見ているような気持ちになっちゃう時があって…。『頑張れ頑張れ』って応援している気分もありました」と感慨深い様子で語っていた。



AKB48の47thシングル『シュートサイン』は3月15日発売。



■関連ニュース


SKE48が全国ツアー再開 珠理奈らサプライズ登場で『夏よ、急げ!』披露も (2017年02月19日)
SKE48大場美奈、ちょっとおかしな“マッチ売りの少女”役を熱演「とにかく楽しむ」 (2017年02月16日)
AKB48グループ「リクエストアワー」、初日は51位『メロンジュース』まで発表 22日に全順位発表 (2017年01月22日)
欅坂46・佐藤詩織、20歳の大人の気品を感じられるグラビア (2017年01月23日)

[ ガールズニュース:2017年02月28日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。