本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 第4回アイドルソロクイーンコンテストはChu-Z KANAが初優勝 アイドルの実力ナンバー1に輝く


芸能ニュース [第4回アイドルソロクイーンコンテストはChu-Z KANAが初優勝 アイドルの実力ナンバー1に輝く]

優勝したChu-Z KANA

優勝したChu-Z KANA

  • 表彰式
  • Chu-Z KANA
  • Chu-Z KANA
  • 2位のMiu
  • 3位の菅沼茉祐
  • 4位&ダンス1位の愛桃千尋
  • 5位の北城姫夏(Culumi)
  • 歌1位の葉月あすか

全国のアイドル実力ナンバーを決める『第4回アイドルソロクイーンコンテスト』全国大会が6日、7日の2日間、渋谷さくらホールで開催され、Chu-Z KANAが優勝、第4代ソロクイーンに輝いた。



3月から行われた地区予選には全国5地区で総勢255人のアイドルが参加。カバー曲をワンコーラス歌い、歌、ダンス、ビジュアル、パフォーマンスの4部門の総合評価で順位を決めた。普段はグループで活動するアイドルもソロで出場。会場には張りつめた緊張感が漂い、勝っても涙、負けても涙のドラマが繰り返された。



6日の準々決勝には、地区予選を勝ち抜いた88人のアイドルが参加。歌やダンスだけではなく総合力が必要になるため、番狂わせが続出。会場を埋めた観客からは歓声と落胆のため息が交錯した。



7日の準決勝に残った40人から、さらに絞り込まれ、決勝には精鋭16人が進んだ。歌、ダンス、ビジュアル、パフォーマンスの総合力を兼ね備えた16人が、今度はフルコーラスで激突した。そして、誰が勝ってもおかしくない激戦を制したのはChu-Z KANA。パワフルなステージで、地区予選、準々決勝、準決勝まですべてブロック1位で完全優勝した。優勝決定の瞬間、プレッシャーから解放されたのか、KANAの目には喜びの涙が溢れ出た。



2位には、広島のMiu(Dancing Dolls)15歳が入り、昨年優勝の菅沼茉祐(ピンク・ベイビーズ)は体調不良ながらも、3位に入り存在感を示した。



今年も大きな盛り上がりを見せた同コンテスト。主催者によると、日本のアイドル文化は世界に広がっているため、今後、世界大会開催を検討するとのことだ。なお大会の模様は、フジテレビ『ミューサタ』で放送される。





第4回アイドルソロクイーンコンテスト決勝結果



優勝 Chu-Z KANA 関東

2位 Miu(Dancing Dolls) 関東

3位 菅沼茉祐(ピンク・ベイビーズ) 関東

4位 愛桃千尋(Culumi) 関西

5位 北城姫夏(Culumi) 関西

6位 凛花(CANDYIISTRIPE_NEO) 関東

7位 葉月あすか   関東

8位 彩華(PrincessGarden-姫庭-) 関東

9位 佐藤琴乃(ピンク・ベイビーズ) 関東

10位 田島あやの(DDプリンセス) 関西

11位 岩本あいか  関東

12位 Yu-Co(OSAKA翔GANGS) 関西

13位 藤堂美咲(日本セーラー女子団) 北海道

14位 西田早希   関西

15位 Miharu     関東

16位 森花夢 (ライブプロ研修生)  北海道



決勝歌部門1位  葉月あすか   関東

決勝ダンス部門1位  愛桃千尋(Culumi) 関西



[ ガールズニュース:2017年05月12日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。