本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 転校少女歌撃団、絶対直球女子!プレイボールズ、原宿物語、Fullfull☆Pocket等が登場@JAM PARTY Vol.14


芸能ニュース [転校少女歌撃団、絶対直球女子!プレイボールズ、原宿物語、Fullfull☆Pocket等が登場@JAM PARTY Vol.14]

@JAM PARTY Vol.14

@JAM PARTY Vol.14

  • カプ式会社ハイパーモチベーション
  • カプ式会社ハイパーモチベーション
  • カプ式会社ハイパーモチベーション
  • カプ式会社ハイパーモチベーション
  • 転校少女歌撃団
  • 転校少女歌撃団
  • 転校少女歌撃団
  • 転校少女歌撃団
  • 絶対直球女子!プレイボールズ

6月11日(日)、AKIBAカルチャーズ劇場にて、ライブイベント『@JAM PARTY Vol.15』が開催される。今回は、amiinA、callme、ヤなことそっとミュート、lyrical school、Task have Funの5組が出演する。それに先立ち、先月、同劇場で開催された『@JAM PARTY Vol.14』の模様を紹介する。



『@JAM PARTY Vol.14』には、絶対直球女子!プレイボールズ、転校少女歌撃団、原宿物語、Fullfull☆Pocket、カプ式会社ハイパーモチベーションの5組が登場した。



第1部のウエルカムアクトにオフィス系アイドル・カプ式会社ハイパーモチベーションが登場。デビュー1週年記念ライブの勢いのまま、この日登場したハイモチ。『100%モチベーション』など2曲で会場を盛り上げた。



オープニングでは母の日にちなみ『お母さんに感謝の気持ちや懺悔』をテーマに各グループが発表。カプ式会社ハイパーモチベーションは「親元を離れて暮らしているので感謝の気持ちでいっぱいです」、原宿物語は「私をここまで育ててくれた母に感謝。疲れても顔に出さないし、マイナスのことも言わない。そんなお母さんが大好き」、転校少女歌撃団は「今日が母の日なのに間違えて昨日お祝いをしました(笑)。ミニトマトを買ってくるように頼まれていましたが花を買い忘れたのに気づき、そのお金で花を買いました」、Fullfull☆Pocketは「寝起きの悪い私をいつも起こしてくれるので感謝しています」、絶対直球女子!プレイボールズは「大人になるにつれ話すことも減ってきましたが、今日は電話でもしてみて”ありがとう”と伝えてみようかな」とそれぞれ発表した。



トップバッターは転校少女歌撃団。1月に7人編成にパワーアップしてから@JAMPARTY初登場。定番の『TRIGGER』『With You』から、メンバーが会場を駆け巡る『じゃじゃ馬と呼ばないで』とスピード感あふれるライブを展開した。



2番手は野球好きアイドルグループ・絶対直球女子!プレイボールズが登場。グローブ片手の『ダイビングキャッチ』から始まり、時にはメガホン片手に、時にはタオルを振り回して歌い、独特なパフォーマンスで会場をわかせ、ラストは新曲『かっとばせ!!俺達』で締めた。



続いてはこの日出演のグループでは最多人数で平均年齢14.9歳の原宿物語。オープニングの『魔法を解かないで』からノンストップのパフォーマンスをステージ上で魅せ会場を圧倒した。



第1部のトリは「すべての人のポケットをエール溢れる音楽で満たしていく」というFullfull☆Pocket。『流星Flashback』から始まり、新曲の『カンフー乙女』では今までとは違った一面を見せていた。ラストナンバーの『おひさまスプラッシュ!』で締めて第1部は終了した。



 



■関連ニュース


転校少女歌撃団、notall、フラップガールズスクール、マボロシ可憐GeNEらが登場!@JAM PARTY Vol.8開催 (2016年12月03日)
原宿物語、この日この場所から新たな物語が本格始動!! (2016年04月13日)
アイドルグループ「原宿物語」倉澤遥が新作DVD「競泳水着のシーンは素に近いです」 (2016年04月07日)
Fullfull☆Pocket 、新たな魅力を見せる新曲のジャケット写&MVが公開 (2016年11月01日)

[ ガールズニュース:2017年06月08日 ]


このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。