本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【アップアップガールズ(仮)インタビュー1】5人体制初のシングルをリリース 5人になってメンバーの役割はどう変わった!?


芸能ニュース [【アップアップガールズ(仮)インタビュー1】5人体制初のシングルをリリース 5人になってメンバーの役割はどう変わった!?]

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(仮)

  • 古川小夏
  • 森咲樹
  • 佐保明梨
  • 関根梓
  • 新井愛瞳
  • 「上々ド根性」通常盤A
  • 「上々ド根性」通常盤B
  • 「上々ド根性」通常盤C

9月にメンバーの仙石みなみさんと佐藤綾乃さんが卒業し、5人体制で再スタートしたアップアップガールズ(仮)。11月にはその第1弾シングル『上々ド根性/Be a Girl』をリリースした。5人体制になり3ヶ月、メンバーの今の思いは? またメンバーの関係性など変化はあったのだろうか。5人に直撃インタビューした。



−−仙石さんと佐藤さんが卒業されて約3ヶ月。もう5人体制には慣れましたか?



新井愛瞳「はい。楽屋の椅子をまだ7つ置いていただいている時もあったり、リハーサルの時にふと『人数少な』って思うことも時にはありますが…(笑)」



古川小夏「7人最後のライブのあとそれぞれ単独の仕事があって、今行っているツアーと新曲リリースのタイミングでアプガに戻ってきたのですが、それまでの間にそれぞれ準備してまた5人で集まったという感じだったので、あんまり違和感はなかったです」



−−そしてリリースされた5人体制初のシングル『上々ド根性』です。



佐保明梨「『上々ド根性』は“ザ・アプガ”といえるようなガッツ感があり、楽しい、明るい、面白い感じで入りつつ、でもこれまでとちょっと違ったところもあります」



−−違いというと?



佐保「今までだと元気な曲だとひたすら“前へ前へ”という感じだったのが、今回は自分たち自身も楽しみながら、そんなに押し付けがましくない空気感も加わって、そこが5人になって変わったのかなと思います」



−−曲の内容に合わせ、ミュージックビデオでは、ゴムパッチン、激辛カレーなどさまざまなド根性チャレンジをしたあげく、後半ではメンバーみんなででスズメバチ退治までしたり、もうかなり振り切れていますね。



古川「ふざけまくってますよね(笑)。この曲の振り付けは、決まっているものはあるけど、崩していろんなことをやっちゃえそうなのが楽しみです」



新井「これからライブなどで披露する回が増していくことで、ふざけ度も増していくんじゃないかと思います(笑)」



関根梓「二人が卒業して寂しいという空気を一掃してくれるような曲で、よかったなと思って」



−−新体制で5人力を合わせて頑張っていこうみたいな、爽やかで感動的な曲で来るのかなとも思いましたが…。



新井「7人最後の曲『Way of Our Life』だったり、(佐藤)綾乃が作詞してくれた『スタートライン』で、“爽やかだけど熱い”という路線の曲はやっているので、逆に『上々ド根性』みたいな曲が来てくれてよかったなと思います」



−−『スタートライン』は今回のシングルで5人バージョンとして改めて収録されています。改めて聴いてもいい曲ですよね。



古川「いい曲なんですよ〜」



新井「ツアーの初日が終わった時、7人LINEはまだ生きてるので、綾乃に『いい歌詞を書きやがって』というLINEを送りました」



古川「二人も含めて7人の新しいスタートで、自分自身の今の気持ちを歌ってくれているし、初めてのツアーに向けて不安もあったんですけど、本当にこの曲が背中を押してくれたなと思うので、今の私たちにぴったりだなと思います」



−−7人から5人になって、歌割やフォーメーションが変わると思います。それは今のアイドルでは珍しくありませんが、アプガの場合、歌詞やパフォーマンスに本人のキャラクターが色濃く出ている場合が多いから、改めて分けるのが大変かも。



古川「困ったところはあります。“あの子が歌うからこその歌詞”というのも少なくないので」



−−たとえば『チョッパー☆チョッパー』の“DJ”役は?



森咲樹「それは明梨がやっています」



−−“みーこし”(『アップアップタイフーン』で仙石さんをメンバー3人でおみこしするフォーメーション)は?



古川「“みーこし”はまだやってません。どうなるんだろう?」



−−たまに関根さんがみこしの上に乗ることもありましたよね。



新井「身長の高い二人(森、佐保)と、力持ちの綾乃が下で支えていたんですけど、綾乃がいなくなったので、この二人(古川、新井)のどっちかなんですけど、私、体力ないし、小夏ちゃんはすぐ後に歌うパートがあるから…」



古川「そう、だからどうしようかって。でも、みーこがいないなら、みーこしをやらなくてもいいんじゃないか(笑)とか、いろんな話が出てます」



新井「あれ、もともと、みーこが乗るから、“みーこし”というだけですからね。だったら5人なりの新しいパフォーマンスにしてもいいのかなと思ったり」



古川「『UPPER ROCK』のイントロで“サムライ、サムライ”という声が入っているんですけど、『サムライっぽい人っていないよな。誰かサムライやんなよ〜』って(笑)」



新井「もう、軽い押し付け合いに(笑)」



−−ニューシングルにはアップアップガールズ(仮)のライブ定番曲の一つ『イチバンガールズ!』も5人バージョンとして生まれ変わって収録されていますね。



関根「はい。元の詞に二人を象徴する言葉だったり、“7人”という歌詞も入っていたので、歌詞がどうやって変わるんだろうなと気になっていました。また違った曲という感じで、ただアプガが5人になったということじゃなくて、言葉もパワーアップしました。最初に7人で『イチバンガールズ!』をもらったのが初めての単独ライブの時期(2012年)だったので、またこのタイミングで歌えてよかったなと思います」



「その他の既存の曲をライブでやる時も、二人のパートを5人で分けるというのではなく、たとえば『Way of Our Life』では、まぁな(新井)が歌っていたところが森になったりだとか、いるメンバーの間でも変わっていたり、5人の楽曲として生まれ変わっています。新たに歌うにあたり、これから5人としてもっと頑張っていかなければならないと思いました。誰かが誰かの代わりになるということではなく…」



−−5人になったことでグループ内での役割が変わったことって?



古川「最年長になりました(笑)」



−−“リーダー”ではないけど、なんとなく古川さんが自然にみんなを引っ張っていってるってことは?



古川「うーん、どうですかね? 引っ張っていってるんですかね…って誰も同意してないじゃん(笑)」



新井「小夏ちゃんが仕切り出したらきっと大雪になる」



「最年長のメンバーが考え込むタイプだと、もしかして暗い方向にいってたかもしれないけど、小夏が天真爛漫な感じなので、逆にありがたい」



−−責任感が必要以上に強く肩に力が入りすぎているタイプではなく?



新井「7人の時には最年長(仙石)がしっかりしていなくて、小夏ちゃんが裏番長的に存在しているのがよかったんですけど…」



−−それが絶妙にいいバランスだったのかも。



新井「最年長になった小夏ちゃんが、今度はしっかりしてなくて、どこかしら抜けているというか、甘えん坊くらいなのがいいなと思います(笑)。変にしっかりしてて、引っ張っていこうとするタイプだと、私の反抗心が出て『はぁ?』となるので」



−−仙石さんはみんなをぐいぐい引っ張ったりするタイプではないですからね



古川「みーこちゃんはただ笑ってくれているだけなので。何しても笑ってくれていました」



−−ぐいぐい引っ張るタイプじゃないけど、その人が笑顔でいるだけで場がまとまるというタイプのリーダーもいますよね。MCとか煽りとかは? ライブの煽りは特に佐藤さんが率先してやっていましたが…。



新井「綾乃が煽っていた時に、私も一緒になって煽っていたので、基本的には綾乃がやっていた役割を私もやるし、だけど私一人だけじゃなくみんなもやってくれるって言ってくれて、今は誰かが“煽り隊長”というのはないですね」



−−佐藤さんといえばライブでパフォーマンス中に、関根さんに抱きつかれたり、イチャつかれている場面をよく目にしましたが、その役割は(笑)?



関根「いや、綾乃に代わる存在はいないですね(笑)。今でもプライベートで綾乃に会いに行っています」



−−ラブラブはまだ続いているんだ(笑)。



関根「はい、そこは変わりなく。常にお互いが空いている日を確認して、二人が同時に空いたら『この日会おうね』って話し合って。綾乃が卒業して2週間後には一緒に旅に行きましたから」



新井「はえーよ!」



関根「お互い寂しいというのもあるんですけど…(笑)。でも、5人としてまだ新しいフォーメーションや歌割りに慣れていないので、慣れてきて遊べるポイントがわかってきたら、どんどん遊んでいきたいと思います」



−−5人ならではのパフォーマンスもどんどん見れそうで楽しみです。



(インタビュー2に続く)



 



アップアップガールズ(仮)(あっぷあっぷがーるず かっこかり)



2011年、ハロプロエッグの研修過程を修了した7人で結成。当初はハロプロ楽曲のカバーを中心に活動していたが、2012年3月、初のオリジナル曲「Going my ↑」をリリース。2014年に中野サンプラザ公演、2015年に日比谷野音公演、2016年にはZeppツアー、そして念願だった日本武道館単独公演を実現させた。今年9月に仙石みなみ、佐藤綾乃がグループを卒業、5人体制で再スタートした。



 



●古川小夏(ふるかわ・こなつ)



生年月日:1992年6月5日(25歳)



出身地:神奈川県



@konatsufurukawa



 



●森咲樹(もり・さき)



生年月日:1993年10月12日(24歳)



出身地:静岡県



血液型:O型



@mori_saki1012



 



●佐保明梨(さほ・あかり)



生年月日:1995年6月8日(22歳)



出身地:東京都



血液型:A型



@saho_akari



 



●関根梓(せきね・あずさ)



生年月日:1996年6月14日(21歳)



出身地:長野県



血液型:AB型



@azusasekine



https://www.instagram.com/sekine_azusa/



 



●新井愛瞳(あらい・まなみ)



生年月日:1997年11月19日(20歳)



出身地:群馬県



血液型:B型



@arai_manami_ao



 



アップアップガールズ(仮)公式YouTubeチャンネル



https://www.youtube.com/user/upupgirlsofficial



アップアップガールズ(YouTuber)チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC-Aa9N50mLy0-i8Unl88Gpw



アップアップガールズ(仮)SHOWROOM

毎週火曜日22時〜

https://www.showroom-live.com/upupgirls



アップアップガールズ(仮)公式ブログ

https://ameblo.jp/upfront-girls/



アップアップガールズ(仮)ニュースブログ

https://ameblo.jp/upfront-girls-news/



アップアップガールズ(仮)Twitter

公式 @uugirlsofficial



■『上々ド根性』MV



https://www.youtube.com/watch?v=8hSLRIxvTm0



 



■関連ニュース


【アップアップガールズ(仮)インタビュー2】アイドルと並行しソロ活動も活発に アプガメンバーの意外な素顔!? (2017年12月05日)
アップアップガールズ(仮)が“スズメバチ駆除”に挑戦  新作MVで“ド根性”見せる (2017年11月22日)

[ ガールズニュース:2017年12月04日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。