本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【東京パフォーマンスドール インタビュー】新曲『現状打破でLove you』を配信リリース「2018年はもっと大胆に “現状打破”を」


芸能ニュース [【東京パフォーマンスドール インタビュー】新曲『現状打破でLove you』を配信リリース「2018年はもっと大胆に “現状打破”を」]

東京パフォーマンスドール

東京パフォーマンスドール

  • 東京パフォーマンスドール
  • 高嶋菜七
  • 上西星来
  • 浜崎香帆
  • 脇あかり
  • 『現状打破でLove you』ジャケット
  • 『現状打破でLove you』MVより
  • 『これが愛 ?!』(赤の流星)

9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)が12月6日に『現状打破でLove you』を配信リリース。前作ミニアルバムのリード曲『Glitter』同様、衣装、曲調とも彼女らのアイドル性を引き出す可愛いさと、同世代の女性にも共感されそうなカッコ良さも兼ね備えた楽曲になっている。この新曲について、また結成5年目となる2018年に向けての意気込みも聞いた。



−−今回の新曲、どんな曲になっていますか?



浜崎香帆「これまでのTPDの曲にはあまりなかったエレクトロポップで、振付も(メンバーの橘)二葉が初担当したということもあって、表情とか動きも自由に表現できる曲で、TPDにとって新境地ですね」



上西星来「初めて聴いた時は表現できるか不安だったんですけど、いざライブでパフォーマンスした時に、歌詞や振付がPOPで、同世代の方にも届けやすいと改めて感じました」



脇あかり「サビでファンの人と一緒に盛り上がれるものだったり、可愛くて素敵な振付だと思います」



浜崎「歌い方では、これまでのシングルは、サビは全員で歌う形だったのが、今回はAメロもBメロもサビもソロボーカルでつないでいく形なのでそれが新しいなと。一人でサビを歌って他のメンバーが後ろで踊っているという形は新しいので楽しいです。ダンスも自分なりの見せ方もできる余白があるし、歌だけでも届けられるキャッチーさがあるので、こういう形もいいなと思いました」



−−このタイトルにちなんで、東京パフォーマンスドールとして今、「現状打破」したいことってありますか?



高嶋菜七「11月にTPD主催の対バンライブイベント『THE LIVE SUMMIT part.2』をやったのですが、大きい対バンライブやフェスだと共演者さんたちと『お疲れ様でした』の一言で終わってしまうところを、今回は私たちの自主企画の対バンということで、積極的に楽屋にお邪魔させていただいて親交を深めたんです。以前はメンバーみんなシャイで、なかなか自分たちから行けないし、打ち解けるまで時間がかかっていたんですけど、今回はいろんなグループさんと親交をもてたので、新たな発見がたくさんありました。もともとみんなフレンドリーなんですけど、それをもっと表に出していけたらと思います」



−−ステージでは結構グイグイいくイメージだけど、ステージを降りるとみんな案外おとなしい?



高嶋「そうなんです。だから、もっと大胆になっていいのかなと思います。いつもスタッフさんから『もっと大胆に、クレージーなくらいでいい』と言われますが、慎ましやかというのもいいんですけど、もっと前へ前へ、そこは『現状打破』したいと思います!」



−−上西さんは「Ray」専属モデルをやっていたり、外部の仕事も多いですが、そういう場では積極的に周りと打ち解けていかなければならないんじゃないですか?



上西「一人仕事の時は自分から話しかけるのでが平気です。すぐ仲良くなれるんです。グループ活動のときももっと積極的に自分を出していかないといけないですね」



−−高嶋さんと浜崎さんは今年、舞台『魔都夜曲』に出演しましたが(Wキャストで李香蘭役)、そういう舞台の現場も特にコミュニケーションが求められます。



浜崎「でもこの間の舞台は同じ事務所の方が多かったので、大丈夫でした」



高嶋「そう、私たちの演技の先生もいたり(笑)」



−−浜崎さんは来年2〜3月にミュージカル『リューン 〜風の魔法と滅びの剣〜』に初出演が決まっていますが、そこで初対面の人も?



浜崎「たくさんいらっしゃいますね。私も人見知りがちょっとあるので頑張ります!」



−−さて、そんなミュージカルですが、これから稽古を控え、今どんな気持ちですか?



浜崎「ミュージカルは初めてで、楽しみも多いんですけど不安の方が今は大きいです。ミュージカルでは歌が大事なのでボイストレーニングをしっかり受けています。TPDで歌う感じとミュージカルは違う感じなので切り替えをしていきたいと思います」



−−演技の楽しさはわかるようになってきましたか?



浜崎「そうですね、やっぱりライブで歌って踊るのとは違う魅力があります。いろいろなハプニングが起こりつつも、それを楽しめるように少しずつなっていったというか」



−−前回の舞台ではハプニングなどはありましたか?



浜崎「『魔都夜曲』の時、自分がメインで階段を降りるシーンがあったのですが、結構急で一回ぐらっときたことがありました。コケはしなかったですけど」



高嶋「観ていて、結構ハラハラしました」



浜崎「共演者の皆さんに、『あれはヤバかった』と言われました。心臓止まるかと思いました(笑)」



高嶋「あそこで李香蘭がコケたら大惨事で、その後のセリフもぶち壊しやし、『お願い、コケんといて』と思って観ていました(笑)」



浜崎「普段から体幹鍛えておいてよかったなと思いました」



−−そんな高嶋さんはハプニングありませんでしたか?



高嶋「何度かありましたよ。衣装をふんじゃったり、衣装に巻いてあるスカーフを固定するためのボタンがはずれた時には『どうしよう』と思って、アドリブでもごまかせない状態だし、必死で押さえていました」



−−TPDの新曲に続き、12月13日には上西さんと脇さんのユニット「赤の流星」も新曲『これが愛?』も配信リリースされます。



「2曲目のオリジナル曲なんですけど、歌の世界が女性と女性だったり、女性と男性の恋愛だったり、それぞれの捉え方ができて…」



−−「赤の流星」は女性同士の恋愛を思わせるライブ・パフォーマンスが印象的ですよね。



脇「はい。一番の歌詞が恋なんですけど、そこから愛に変わっていく感じだったり、歌詞から、未来や過去のいろんな想像ができるんです」



−−そんな「赤の流星」の パフォーマンスは妖艶な雰囲気が印象的ですが…。



上西「今回のパフォーマンスはそういった独特な雰囲気は一切なく、さわやかな感じです」



−−さて、これから年末年始にかけていろんなライブが予定されています。直近では12月23日(土)と24日(日)にスペシャルなライブが行われます。



高嶋「今回私たちTPDが出演するのは4公演でそれぞれ違う内容のライブになっていて、23日の昼はファンクラブイベント、あとの3公演はダンスサミットです。23日の夜は激しいダンスナンバー中心で、24日の昼はロマンティックでキュートな曲中心。そして最後24日の夜は妹分のTPD DASH!!も含めて全員で一緒に盛り上げて、今年を締めくくります」



−−最終公演では高嶋さんの生誕セレモニーもあるようですね。では、最後に2018年に向けて、やってみたいこと、意気込みなどを。



上西「東京パフォーマンスドールとして、今まで行ったことがない場所にも行ってライブをしてみたいです」



「東京パフォーマンスドールをさらに多くの方に知ってもらえるように。個人的には来年20歳になるので、もっと気持ちに余裕のある生活をしたいです」



浜崎「来年はミュージカルもあるし、自分の振り幅がちょっとでも広がればいいなと思います」



−−最後にリーダーに締めていただきましょう。



高嶋「私たち2018年6月で結成5周年を迎えます。それに向けて一つずつのライブを気持ちを込めて頑張って、みんなで5周年向けて進んでいきたいと思います。それぞれの仕事が決まっているメンバーもいたり、ありがたいことが続けばいいなと思います」



−−具体的にやってみたいことはありますか?



高嶋「ずっと言ってるのが、野外でのワンマンライブ!バンドやオーケストラの方と一緒に生演奏でのライブがしたいです。舞台の『魔都夜曲』の時に生演奏で感激したので、TPDでもやってみたいなと思いました。また対バンライブにも積極的に出演し、いろんなグループのファンの方にも『TPDはすごい』と、言ってもらえるように、一目置かれる存在になりたいです!」



 



東京パフォーマンスドール●1996年に活動を休止した東京パフォーマンスドールが17年の時を経て、2013年、全国8800人の中から選び抜かれた新メンバーで復活。2013年8月より、演劇と映像、歌とダンスが融合した新感覚エンターテイメント「PLAY×LIVE『1×0』」を約1年にわたり開催。2014年6月、シングル『BRAND NEW STORY』でCDデビュー。2017年3月に中野サンプラザ ワンマンライブを実現。



高嶋菜七(たかしま・なな)1996年12月31日生まれ、兵庫県出身。https://twitter.com/nana_t_tpd_



上西星来(じょうにし・せいら)1996年8月14日生まれ、愛知県出身。https://twitter.com/seira_j_tpd_



浜崎香帆(はまさき・かほ)1997年5月2日生まれ、福岡県出身。https://twitter.com/kaho_h_tpd



脇あかり(わき・あかり)1998年1月24日生まれ、大分県出身。https://twitter.com/akari_w_tpd_



■リリース



DIGITAL SINGLE『現状打破でLove you』12月6日配信



【購入、ストリーミング】https://erj.lnk.to/zXK4t



【ミュージックビデオ】https://youtu.be/vlxj4yDTcQo



【公式HP】http://tpd-web.com/



 



DIGITAL SINGLE『これが愛 ?!』(赤の流星)12月13日配信



■ライブ



「ダンスサミット ネイキッド2017 Winter」が12月23日(土)18:30開演、24日(日)13:00開演、17:30開演。23日 15:30開演でファンクラブイベントも開催。会場はいずれもCBGKシブゲキ!!



2018年には2月20日(火)にshibuya duo MUSIC EXCHANGE、3月15日(木)、4月19日(木)にShibuya WWW Xにてワンマンライブを予定。



 



 



 



 



■関連ニュース


東京パフォーマンスドール、メンバーのキュートさいっぱいの新曲MV公開 メンバーの橘二葉が初振付 (2017年12月01日)
東京パフォーマンスドール内ユニット“赤の流星”の新曲が鹿児島国際大のCMソングに 上西星来「オンエアをリアルタイムで見てみたい」 (2017年12月13日)
東京パフォーマンスドール 浜崎香帆、ミュージカルに初挑戦「一皮も二皮も剥けた私に成長出来るように」 (2017年11月06日)

[ ガールズニュース:2017年12月07日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。