本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【WHY@DOLLインタビュー 1】スウィングジャズで魅せる2018年第1弾シングル「衣装もMVも女性からも評判いいのが嬉しい」


芸能ニュース [【WHY@DOLLインタビュー 1】スウィングジャズで魅せる2018年第1弾シングル「衣装もMVも女性からも評判いいのが嬉しい」]

WHY@DOLL 左から、浦谷はるな、青木千春

WHY@DOLL 左から、浦谷はるな、青木千春

  • WHY@DOLL
  • WHY@DOLL「Show Me Your Smile」

札幌出身、“オーガニック・ガールズユニット”として人気上昇中の二人組・ WHY@DOLLが、1月23日にニューシングル『Show Me Your Smile』をリリース。これまでのシングルとはうって変わったスィングジャズナンバーとなっている。青木千春さん、浦谷はるなさんのメンバー二人が、この新曲について、そして2018年の意気込みを語った。



−−今回は2018年の幕開けを飾るのにふさわしい、楽しい曲ですね。



千春「とてもポップなスウィングジャズで、聴く人に笑顔になってもらえる一曲です。アイドルでもこういう曲を歌えるんだということをアピールできればと思います」



はるな「華やかな曲なので、歌っていて楽しいです。ただ振付はとても凝っていて難しく、すごく苦労しました」



千春「ミュージカルみたいな振付です」



はるな「歌いながら踊るのが難しい部分もあって、自分たちのものにするのに時間がかかりました」



−−衣装も今までとは随分違う雰囲気ですね(右下ジャケット写真参照)



千春「そうなんです!レトロな感じで」



はるな「3パターン案があったんですけど、私たちはこれがいいと即決でした。最初はスカートがミニ丈だったんですけど、長めにしていただいて。袖の形が二人微妙に違ったり、細かいところに工夫があって、初めて着た時からテンション上がりました」



−−一方、カップリングの『Promises,Promises』は弾けるようなポップナンバーです。



はるな「第一印象はすごくかわいい曲だなと思って。女の子が告白しようと決意してからのドキドキ感を歌った曲になっているので、聴いてドキドキしてもらえればと思います」



−−この曲は二人共作で作詞も手掛けているんですよね。



はるな「はい。裏テーマは“バレンタイン”だったのですが、でもバレンタインっぽいワードを入れちゃうと歌える時期が限られてくるので、直接的な言葉は入れないでバレンタインをテーマに書くということに苦労しました」



−−前回のアルバム収録曲でやはり二人で作詞した『恋はシュビドゥビドゥバ!』の時と同様、二人それぞれフルコーラス分の詞を書いて、いいところをつなぎ合わせるという形?



はるな「はい、その上で作曲の吉田哲人さんが詞をピックアップして、一つの世界観を作ってくださいました」



−−それで一曲ができあがるってすごいことです(笑)。



はるな「なかなかこんな作り方をしているグループはいないと思います(笑)。それで今回は、サビは私の分が採用されまして」



千春「“甘いひと粒”という表現で“チョコ”を表していたり、2番の“君だって朝からそわそわしてるんでしょ”というのは、これはバレンタインの朝だなということを匂わせたり。素敵な歌詞だなと思いました」



−−表現が上手です。



はるな「二人で歌詞を書いたのは3作目なんですけど、サビを採用されたのは初めてでした。キャッチーなサビがなかなか書けなくて、絶対採用されないと思って書いた歌詞だったので、私が書いたものを採用されてびっくりして」



−−肩の力を抜いて作った時のほうがいい場合もあります。あと、練りに練った時よりも、感覚的にひらめいたものを出したほうが良かったりだとか。



はるな「そう、考えすぎるとわからなくなっちゃうことってありますよね。ライブでも気合を入れすぎた時には空回りする場合もあります」



−−曲のかわいさに詞がよく合っていますね。



はるな「曲はちょっとオールドなテイストも入っているので、私たちのファンの世代の人にはドンピシャに思ってもらえるかも」



−−ファンの世代ってどれくらいの層が多い?



はるな「30代後半から50代前半くらいの男性が多いです。最近ちょっとずつ若い人も増えてきていますが」



−−2018年もスタートしましたが今年の目標は?



千春「ホールでのライブをやりたいです。『WHY@DOLLは座って観たい』と言われることも多いので。ただ、そこに行くにはまだもっとたくさんの人を呼ばないといけないですが」



−−そのためにはファン層の拡大も必要なのかも。



千春「女性ファンを増やしたいということはずっと言っていることなんですけど、ちょっとずつ、ちょっとずつなんですけど、増えていると思います」



はるな「今回の曲のMVが女性の方に評判がよくて、衣装もかっこいいって言っていただけるし、MVの世界観もキラキラしているし、ツイッターだと女性のファンのコメントが多いんです。今回の曲がいいきっかけになればいいなと思います」



−−いい傾向ですね。



はるな「いつか女性限定のライブを演りつつ、女性ならではのグッズも出してみたいなという希望もあります。私たち定期的にインストアライブをやっているので…」



千春「まずはそこから来ていただければ。そしてもっとじっくりと聴いてみたいと思ったらライブハウスに足を運んでもらえればと思います」



−−はるなさんがやってみたいと思うことは?



はるな「私は地元・北海道でレギュラーの仕事がもらえたらすごく嬉しいなと思っています。4年前に北海道を離れてから、なかなか仕事で帰れなくなってしまって。帰った時にはラジオ出演させてもらったりするんですけど、レギュラーで出演させてもらえる番組があれば、もうちょっと地元のファンの方にも寄り添えるのかなと思うし、やっぱり私たちの中でも地元は誇りというか、大事にしている部分なので、もっと北海道での仕事もしたいです。地元に帰っても、まだまだ私たちのことを知らない方がたくさんいらっしゃるので、知ってもらえるきっかけになったらいいなと思います」



WHY@DOLLの音楽面のこだわりを語ったインタビューPart2はコチラ



〈プロフィール〉



青木千春●1993年1月21日生まれ。浦谷はるな●1995年4月1日生まれ。ともに北海道出身。



シングル『Show Me Your Smile』(T-Palette Recordsより1月23日発売)



■関連ニュース


【WHY@DOLLインタビュー 2】2018年は音楽面でのさらなる進化を目指して「歌唱力を強化していきたい」 (2018年01月19日)
WHY@DOLL、1/23発売の新曲『Show Me Your Smile』のMVを公開 中塚武プロデュース楽曲 (2017年12月17日)

[ ガールズニュース:2018年01月17日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。