本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 「彼女のサーブ&レシーブ」がクラウドファンディングで念願のアルバムを製作 リリースパーティーで支援者に成功を報告


芸能ニュース [「彼女のサーブ&レシーブ」がクラウドファンディングで念願のアルバムを製作 リリースパーティーで支援者に成功を報告]

彼女のサーブ&レシーブ

彼女のサーブ&レシーブ

  • 彼女のサーブ&レシーブ
  • 彼女のサーブ&レシーブ

東京と福岡を拠点にする混合ユニット「彼女のサーブ&レシーブ」が、クラウドファンディング“PigooFactory"の支援により1stアルバム『サービス・エース』 を完成させ、昨年12月30日に支援者らを招いたリリースパーティーを渋谷・LOUNGE NEOで開催した。



「彼女のサーブ&レシーブ」は、東京拠点の「彼女のサーブ」(あおぎ)、福岡拠点の「彼女のレシーブ」(えり)の2人によるユニット。昨年5月に彼女たちに楽曲を提供するNEW TOWN REVUEの松尾宗能さんの使用していたハードディスクがクラッシュし、3年間で制作した十数曲の制作データが全て水泡に帰すというアクシデントに見まわれていた。



今後の活動への影響が危ぶまれた「彼女のサーブ&レシーブ」だが、アイドルに特化したクラウドファンディングサービス“PigooFactory"を利用して、「ハードディスクをサルベージ(復活)し、蘇ったデータで1stアルバム”を作る」というプロジェクトを始動した。プロジェクトは多数の支援者により7月に無事目標金額を達成し、当初の予定より遅れたものの、どうにか年内に完成したアルバムを支援者の手元に届けられることとなった。



6月から活動に参加したえりさんは、「最初は“そのうちシングルが出せたらいいなぁ”ぐらいに思っていたら、クラウドファンディングとか、アルバムとか、よく分からないうちに話が進んでいて“あぁ、アルバムが出来るんだ!”って判って驚いた。人生初のアルバムなので嬉しい」と喜んだ。



収録曲の中では『Wondering Girl』がお気に入りという2人だが、あおぎさんは「一番好きなんですけど、歌うのはイヤ!めっちゃ音が高いんですよ(笑)」と、えりさんと顔を見合わせて苦笑いした。



アルバム『サービス・エース』 は支援者だけでなく、公演の物販や、一部の店舗を通じてファンの手元に届けられ、Twitterでも次第に反響が広まっている。



なお、PigooFactoryでは引き続き、アイドル・事務所からの案件を募集している。



NEW TOWN REVUE https://city.amebaownd.com/

彼女のサーブ https://twitter.com/herserves

彼女のレシーブ https://twitter.com/manholesenbei



[ ガールズニュース:2018年01月19日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。